最近のトラックバック

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

moilyさんのお話会を開催しました

6月16日に「moilyさんのお話会」を開催しました。

カンボジアのアンコールワット近くのアンチャーン村で作られた
手編みのカゴを輸入販売するmoily(モイリー)さんのお話会です。

フェアトレードや地産地消の商品は、
とても愛おしく、大切にしたいものばかりですが、
実際にどのように作られているのか、
なかなか見ることはできません。

そこで、実際に生産現場に行って
商品を開発されている方のお話を聞くことで
商品やフェアトレード・地産地消の理解を深めよう
という思いがあり、開催しました。

現地でのかご生産の様子や、その活動に至るまでの経緯など
とても素敵なお話をたくさん聞くことができました。

「雇用をつくる」「支援ではなく、一緒に頑張っていく」
「学校に行きたいと強く願っている人が学校に行けるように頑張っている」
などの言葉がとても印象に残っています。

そしてお話を聞いていると、とっても元気になりました。

お話の後には、質疑応答を行いました。
「生産者のモチベーションを保つには」
「今後はどのように事業を展開していくの」
など様々な質問がありました。

会が終わっても、みなさんなかなか帰らず
moilyさんや参加者同士でたくさんのお話をしていました。

この日は、うららかさんのおむすびとお味噌汁もあり、
心もおなかも充たされる、素敵な時間となりました。

11401558_1592504777705390_835535140

文章:河合

揖斐川流域クリーン大作戦

こんにちは、インターン生の池田です。
ここ数日は暑い日が続いていますが
皆様いかがお過ごしでしょうか?
私は毎日、大垣市から垂井町へ自転車で通っているので
すっかり日焼けしてしまい痛い思いをしています。


Blog
集合写真


5月31日に揖斐川流域クリーン大作戦が実地されました。
揖斐川流域クリーン大作戦は
河川の美化向上や利用者の環境意識高揚などを目的とした
揖斐川流域における清掃活動の愛称です。
2000年より旧揖斐川町にて開始された本作戦は
スタート時には小規模であったものの
年々活動の輪を広げ、現在では垂井町や養老町など
12会場で行われるようになりました。


Blog_3
開会式


垂井町での清掃活動は2011年より始まり
今年で5回目を迎えました。
垂井町東小学校おやじの会・垂井町生活学校
より約40名の方が相川河川敷のごみの収集や分別など
を行いました。


Blog_2
ゴミ収集作業


収集されたごみは、家庭ごみから粗大ごみなど
様々なものがありました。
特に高水敷や中洲付近などの
植生が多いところほどゴミが多かったと思います。
そういったところにごみを捨ててしまえば
容易に発見されずあまり罪の意識を感じないかもしれません。
ですが、一度捨ててしまったゴミは自然には還らず
環境に悪影響を及ぼすことは周知の事実です。
一人一人の環境意識の向上が
未来の自然環境を保存していく上で大切になると感じました。


(文章:池田)

泉京・垂井定期総会を開催しました

2015年度泉京・垂井定期総会を
5月24日に泉京・垂井事務所で開催いたしました。

2014年度の活動報告、会計報告
2015年度の活動計画、予算案などの他に
定款の変更、役員変更について審議しました。

今年は、前年度JICAのアドバイザー派遣制度を利用し
会計、特にアカンタビリティ強化に関する支援を受けたため、
それを活かした、会計報告を行いました。

監事からは、会計監査報告の他、
事業に対するコメントをいただきました。

出席者の方からは、
団体の運営や新規事業に関するアドバイス、
広報の方法、ボランティアの巻き込み方、
昨年開設した「フェアトレード&地産地消みずのわ」
の運営についてなど多くの意見をいただき、
大変有意義な総会になりました。

議案はすべて承認されました。

2015年度はスタッフの体制が大きく変わります。

ご心配、ご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、
これからもみなさまのご支援・ご協力を
どうぞよろしくお願いいたします。

Img_1534

文章:河合

第5回フェアトレードデイ垂井を開催しました!

2015年5月17日に垂井町朝倉運動公園で
第5回フェアトレードデイ垂井が開催されました。

フェアトレードデイ垂井実行委員会が主催、
泉京・垂井が事務局を務めています。

詳細はフェアトレードデイ垂井実行委員会ブログをご覧ください!

ブログはこちら

春の水環境ウォーキング「春のうきうきウォッチングin表佐(おさ)」を開催しました

こんにちは田中です。

泉京・垂井では毎年春に垂井の豊富な水資源を見て回る
「春の水環境ウォーキング」を実施しています。

今年は2015年4月11日(土)に
「春のうきうきウォッチングin表佐」と
題して垂井町南部にある表佐(おさ)地区の
水資源をまわりました。そのご報告です。

Photo_2

心配していた雨も降ることなく、
総勢8名でのんびりと歩くことが出来ました。

集合場所である垂井町南口で、
これから歩く表佐地区は垂井の南に位置していること、
そして豊富な水資源を有する地域だが
その一方で水害が常襲する地域であることの
説明を行いました。

Photo_3
↑JR垂井駅南口には大きな地図があります。
垂井にお越しの際はご活用ください。

そのまま垂井駅前の相川沿いを南に下って行きました。
その途中に西濃用水のサイホンがありました。
西濃用水は揖斐川の水を取水しトンネル・サイホンによって
分水し垂井町などの水田に灌漑するためのものです。

Photo_4
↑相川の対岸に見える建物が西濃用水です。

Photo_5
↑ぽかぽか陽気で絶好のウォーキング日和となりました。

そのまま南部に下り、湯壺を見学しました。
表佐には「ガマ(河間)」と呼ばれる湧水がいくつもあります。
とくに湧水の量が豊富なところを湯壺と呼び、
地域の人たちの洗濯、野菜などの洗い場として使われています。
湯壺の上では野菜などを洗い、下では洗濯を行います。
偶然にも湯壺で種籾を洗っている地域住民の方がいらっしゃり、
直接飲めるほど水がきれいであること、
昔から利用しているなど、貴重な話を聞くことができました。

Photo_6
↑湯壺には天然記念物のハリヨが生息し保護されています。

Photo_7
↑地元住民の方が種籾を洗い、湯壺を利用されていました。

Photo_8
↑民家の一端にあるガマです。

次に天然記念物のハリヨの生息地として垂井町が指定している
ハリヨ池を見ました。ハリヨは水産庁レッドデータブック絶滅危惧種、
岐阜県指定希少野生生物でもあります。

ハリ(針)を持つウオ(魚)=ハリウオが転じて
ハリヨの名前になったと言われています。

Photo_9
↑見つけるのが難しいハリヨを見つけた瞬間です。

Photo_10
↑湯壺の泉は岐阜県公衆衛生検査センターの厳しい検査も通っており、飲むこともできます。

その後、表佐湊を訪れました。
豊臣秀吉が天下を掌握した時代には、
木曽材を京都まで運搬する中継地として使われていました。
木曽川から犬山を経由して、表佐湊で陸揚げされた
後琵琶湖の朝妻湊から再び舟運を
利用するのが一般的だったようです。

Photo_11
↑復元された常夜灯です。

Photo_12
↑ここが舟運で利用されていました。

最後には宮代地区にあるマンボを見ていきました。
マンボとは、特殊な地下水の秋水施設で、
農業用水の確保を目的に作られた横井戸です。
大人がかがんで通れるくらいの素掘りのトンネルで、
垂井町には100本余りが現存しています。

垂井の歴史と自然について話をしながら、
ゴールであるみずのわまで歩いていきました。

帰りの道中、ふと山裾に目をやると、
大きく長い雲がかかっていました。
その姿はまるで竜、もしくは大きな蛇のようでした。

垂井は多くの昔話がある地域でもあります。
大蛇が出てきて田畑を荒らしてしまう話、
赤鬼が出てきて突風を吹き表佐の稲だけ倒してしまう話…。
このように田畑や稲を荒らしてしまう話は、
伊吹山から来る突風、伊吹おろしを連想させ、
垂井の昔話によく出てくる大蛇は、
山裾に降りている雲が連なった姿を連想させます。

昔の人もこの雲を見て、大蛇と思ったのでしょうか。

お昼は地産地消弁当を作って下さる、
ぐりるふぁーむ二〇四さんにお願いしました。
垂井のお野菜をふんだんに使ったお弁当に舌鼓を打ち、
ウォーキングを終えました。

Photo_13
↑地産地消弁当です。参加者ともに大満足でした!

みなさんは地元の資源や、水文化についてどれだけ知っていますでしょうか?
地域に伝わる昔話からも、地元の特徴が見えてくると思います。
日常何気なく通っている道でも、少し注意して歩いたり、
気になるものがあれば調べてみると、面白い発見があるかもしれません。

また今回参加できなかった方々も、
次回ご都合合うようでしたら是非ご参加ください。

文章:田中

3月のにぎわい六斎市を開催しました!(最終回)

こんにちは、榎本です。
2015年3月15日に、3月のにぎわい六斎市を開催しました。
今回で、にぎわい六斎市は最終回になり、終了します。

最終回の出店者は、こんな方々でした!

Img_5899
↑よしこさんのお野菜。


Img_5912
↑ふーちゃんSHOPのはちみつ。


Img_5903
↑みずのわも六斎市では最後の出店です!


Img_5910
↑頭蓋仙骨調整クラニオサロンあおぞら。


Img_5921
↑不用品の100円均一も今回が最後ー!


Img_5936
↑あやべとうふ店。写真の隅っこですみません!


六斎市の終わりがけの時、たまたま「スイッチ!」のロケがあり、
高井さんが会場に立ち寄ってくださいました!

Img_5938
↑六斎市を始めた経緯や取扱い商品などについてお答えしました!


にぎわい六斎市は、「みんなが集まれる場所」をつくろうという思いで
中山道の一角で始めた事業でしたが、
それはただ「みんな」のためではなくて、我々「泉京・垂井」が
求めていた場所なんだということを強く実感しました。
それに気づかされたのは、出店者のみなさんや
「スイッチ!」の高井さんからの質問のお陰です。

にぎわい六斎市は、これでいったん終了しますが、
多くの方とめぐり合うことができた、貴重な事業になりました。
いつも会場に来てくださったみなさん、
一緒に出店していただいたみなさん、
そして陰ながら応援してくださったみなさん、
イベント実施や企画に関わって助けてくださったみなさん、
本当にありがとうございました!


Img_5955
 
 
文章:榎本

絵てがみ作りWSを開催しました!

こんにちは、榎本です。
2015年3月8日に、榎本彩霞さん書道展最終日と合わせて
絵てがみ作りワークショップを開催しました。
参加者は5名で、楽しい時間を過ごせました。

題材は、季節の花や果物など自由に選んでもらいました。

まずは鉛筆で下書きをしていきます。
題材の良さを活かして、アップにしたり特徴を押し出したり、
構図を工夫しながら書きます。

次に、筆ペンや毛筆を使って、輪郭をなぞっていきます。
影になるところ、黒い部分は合わせて描いてしまいます。

Dscf4080

そして、必要な場所に色を入れていきます。
題材の特徴がはっきり出るようにメリハリをつけて。
水に濡らした筆で色をにじませて広げたら完成。
あとは乾くまで待ちましょう。

Dscf4079

作品を作っている間、お茶菓子で一服。
昔の暮らしや歌、文化についての話題で盛り上がり、
楽しい一日となりました。
講師の榎本彩霞さん、長期間に渡っての書道展、
そしてワークショップの開催ありがとうございました!
 
 
文章:榎本

さなえさんとフェアトレードコーヒーを楽しむ会(2015年2月)

こんにちは、榎本です。
2015年2月24日、恒例のフェアトレードコーヒー飲み比べの会を
開催しました。6人の参加がありました。

今日のコーヒー3種は、東ティモールのカフェ・ティモール、
タイのルンアルンコーヒー、そしてインドネシアのマンデリン。

Dscf4024
↑まずは飲み比べをして、お気に入りの1杯を探します。


今日は、いつもと違ってロブスタ種の豆があったので、
豆の種類にはじまり、収穫から焙煎までの方法の違いを
さなえさんにお話ししてもらいながら、試飲をしました。

Dscf4030
↑初めての話が多くて、興味津々!


お気に入りが決まったら、コーヒーのお供になるお菓子を選びます。
今日は、フェアトレドチョコオンリーの贅沢タルト、
レーズンとキャラメルのケーキから選んでもらいました。
どっちも美味しそうで、決められない!


Img_5837
↑フェアトレードチョコだけを使ったリッチなタルト☆


Img_5839
↑レーズンとキャラメルのケーキもおいしそう!


3月以降の開催は未定ですが、また機会がありましたら、
ぜひぜひ美味しいコーヒーとお菓子を召し上がりに
イベントへお越しください♪
 
 
文章:榎本

 「次世代のNGOを育てる、コミュニティ・カレッジ2015(通称:Nたま)」 無料説明会のご案内

こんにちは。河合です。

名古屋NGOセンターから研修説明会のご案内が届きました。
泉京・垂井はインターン受け入れ団体として、協力しています!

以下案内文です。
ご興味のある方はぜひご参加ください。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

◆NGOスタッフになりたい方、就職・転職を希望している方、ぜひこの
研修にご参加下さい。

 修了生の多くがNGOスタッフとして活躍しています!

☆ 参加者募集チラシはコチラから ☆
      ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
  http://www.nangoc.org/information/ntama2015.pdf

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    NGOスタッフになりたい人のための研修
 「次世代のNGOを育てる、コミュニティ・カレッジ2015(通称:Nたま)」
      「無料説明会」の参加者募集中!
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 NGOスタッフになりたい方、
 NGOや国際協力分野に就職・転職を希望される方、
 NGOを設立したい方、
 NGOでボランティアしたい方、必見の情報です!

 この研修は、次のような方にオススメです!
 「NGOって何?基礎的なことをしっかり学びたい!」
 「NGOスタッフになりたい!でも、自分に合うかどうか見極めたい」
 「もう少し人や社会のためになる仕事に転職したい」
 「ボランティアとしてNGOに関わりたいけど、どうしたらよいかわからない」
 「ゆくゆくはNGOを創ってみたい」

 「Nたま」とは「NGOのたまご」の略。
 2002年よりスタートし、これまでに研修を受けた「Nたま」は179名。
 このうちのべ98名の卒業生が、NGO・NPOの担い手として活躍しています。
 修了生の活躍は参加者募集チラシに掲載していますので、ぜひご覧下さい。
 今年はNたま13期生の募集です。

 この研修は、およそ半年間という時間の中で、
 NGO活動のセンパイ達から多くのことを学び、
 社会が抱える問題に対して自分にできることは何か、
 研修に参加する仲間たちと一緒に考えていきます。

 研修生自らが主体となって参加し、
 学び合いながら創り上げていくことのできる、
 どこにもないオリジナルの研修です。

 詳しくは、「無料説明会」にぜひお越し下さい。
 この研修の魅力をより詳しくお伝えすることができます。

 迷っている方、とりえず話だけでも聞いておこうかな・・という方も、
 ぜひお気軽にご参加下さい~。
 皆様のご参加を、スタッフ一同お待ちしております。

 ◆説明会の日時:
  第1回 2015.6.18(木)18:30~20:45 (定員20名)
  第2回 2015.6.24(水)18:30~20:45 (定員20名)
  第3回 2015.6.27(土)13:30~16:30 (定員30名)
 ◆説明会の会場:
  第1回&第2回 名古屋YWCA 4F(404)
  第3回 ウィルあいち 2F(セミナールーム5)
   *名古屋YWCA:愛知県名古屋市中区新栄町2-3
    (地下鉄「栄」駅 東改札を出て5番出口より東へ2分)
   *ウィルあいち:愛知県名古屋市東区上竪杉町1番地
    (地下鉄「市役所」駅 2番出口より東へ徒歩10分)
 ◆説明会の内容:
  カレッジの詳細説明、修了生による体験談、個別相談等
 ◆主催:
  特定非営利活動法人名古屋NGOセンター(認定NPO法人)
 ◆お申込み方法:
  無料説明会への参加は、以下のサイト内の「申込みフォーム」より
お申込み下さい(各説明会の前日まで)。
  → http://www.nangoc.org/information/ngo2015.php

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆Nたま研修の開講期間は、2015年8月1日(土)入学式~2016年
  2月13日(土)修了式です。
 ☆受講料は、必須講座:11万円(税別)、オプション講座(インター
  ンシップ): 2万円(税別)です。
 ☆申込み〆切は、2015年7月7日(火)必着です。
  →→→ 詳しくは、参加者募集チラシをご覧ください。

   ☆ 参加者募集チラシはコチラから ☆
     ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
  http://www.nangoc.org/information/ntama2015.pdf
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Ntama1


« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ