最近のトラックバック

« 広域避難者支援ミーティング in 東海2に参加しました | トップページ | 4月のにぎわい六斎市を開催しました! »

春の水環境ウォーキング「ぶらりミヤシロ」を開催いたしました!

2014年4月6日(日)に泉京・垂井法人化8周年を記念して、
春の水環境ウォーキング「ぶらりミヤシロ」を開催いたしました。

当日は天気が心配されましたが、見事に「雨」…。
雨の中でしたが、22名の方が参加しました。

JR垂井駅北口から、古清水、南宮大社の参道、南宮大社、正行院、宮代古道を
約2時間半かけて回りました。途中雨が強くなり、コースを変更しましたが、
歴史ある垂井町宮代地区の昔を感じながらのウォーキングでした。

その様子を写真でお伝えします。

Dscf0859_2
集合は垂井駅北口。この時はまだ青空も見えましたが…


Dscf0865
北口すぐ近くにある、南宮大社を案内する道標について説明しました。


Dscf0869
垂井町役場近くの湧き水、「古清水」

Dscf0878
これは何に使うのでしょう?

Dscf0880
正解は洗い物をする時の膝置きです。

Dscf0881
今でも生活用水として使われている湧き水です。
地域の方々によってとてもきれいに管理されています。
きれいな水にみなさん驚きの様子です。


Dscf0886
まちあるきの注目ポイント「マンホール」。
マンホールにはその地域の特徴が現れます。
垂井を訪れた際に探してみてください!


Dscf0889
この道は南宮大社まで続きます。桜がとてもきれいでした。


Dscf0898
高さ21m、南宮大社の大鳥居。
新幹線からも見ることが出来ます。


Dscf0901
昔の人は、ここで旅装束から着替えて南宮大社に行きました。
衣装堂さんと呼ばれる「吉葛(よさつら)神社」。


Dscf0909
「政所橋」。道路が整備された後でも橋の欄干だけは残っています。
ここも昔を感じられる場所のひとつです。


Dscf0912
雨が降ってきたので、南宮さんで雨宿り。
美濃国一の宮、鉱山・金属業の総本山として崇められています。


Dscf0922
南宮大社をさらに南に行ったところにある
天台宗のお寺「正行院」。

Dscf0925
ご住職から正行院の歴史や山水の使い方などのお話をしていただきました。
あったかいお茶もいただき、ほっとした時間でした。

Dscf0946
山水を引き甕にためて使います。甕ごとに用途が違います。
奥の甕が一番きれいな水で飲み水などに使われたそうです。

Dscf0940
昔あったマンボ(横穴式井戸)の水の取り入れ口跡を見に行きました。

Dscf0941
取り入れ口跡です。
使っていたころは掃除が大変だったそうです。


Dscf0956
南宮大社に戻ってきました。
南宮大社前にある道標。昔の人はこれを目印に、
伊勢や長野の善光寺まで向かったそうです。
ここには「右たるい」と書いてあります。


Dscf0972
壬申の乱の際に大海人皇子の本隊が通った宮代古道。
その道沿いにある柏原本陣です。米原市柏原宿にあったものを
垂井に移築したもので、個人で管理されています。
このころ雨がまた強くなってきました…


Dscf0980
ウォーキングも終盤。
見慣れているはずの大鳥居も角度が違えば、また違った趣があります。


Dscf0994_2
垂井駅で解散。お疲れ様でした。
解散する時には、また青空が広がっていました…。

雨が降ってコース変更などもありましたが、
正行院ご住職の貴重なお話を聞いたり、
宮代の昔に思いを馳せたりすることができました。

普段は見過ごしてしまうような場所にも、
魅力がたくさんあるのだなと気づかせてくれました。
これから、その魅力をたくさん発信していきたいです。

みなさんも住んでいる地域の魅力を探しに
「まちあるき」をしてみませんか?
きっと素敵な場所や人に出会えると思います!

今回訪れた南宮大社のウェブサイト

文章:河合

« 広域避難者支援ミーティング in 東海2に参加しました | トップページ | 4月のにぎわい六斎市を開催しました! »

環境部会」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 広域避難者支援ミーティング in 東海2に参加しました | トップページ | 4月のにぎわい六斎市を開催しました! »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ