最近のトラックバック

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

☆出店者更新しました☆ 12月の六斎市は、8日(日)です!

こんにちは、藤田です。
12月の六斎市のご案内です!

先月の11月の六斎地で、アートの壁がさらににぎやかになりました!
お散歩がてら、ふらっと遊びに来てくださ~い☆


以下、イベント案内です。
----------------------------------
地元垂井はもちろん揖斐川流域や岐阜の特産品、地産地消品が集まるマーケットを開催します!
寒い季節になってきましたが、みんなで集まってあったか~い一日にしましょう♪
会場の小松屋旧店舗には、「アートの壁」が出現!神保哲太のWARUNECO、
nomに続くアーティストは現れるのか!?

◆にぎわい六斎市◆
日 時:2013年12月8日(日)
    10:00~15:00
会 場:小松屋旧店舗(垂井町石鳥居前)
    お休み処長浜屋
地 図:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E136.31.40.6N35.22.5.8&ZM=12 
参加費:無料
駐車場:駅前有料駐車場をご利用ください。
    JR垂井駅北口、南口ともに多数あります。1日最大500円以内。
    会場は、JR垂井駅から徒歩10分程度です。
主 催:NPO法人泉京・垂井
協 力:垂井宿にぎわい推進協議会


出店者一覧

◆こまつや会場
◎あやべとうふ店・・・長浜産大豆を使った豆腐、おあげなど(滋賀県長浜市)
◎白井製茶・・・お茶の販売(垂井町)
◎pynel wood work studio・・・木工作品の販売(神戸町)
◎MELCHI DESIGNS・・・洋服修理&リメイク(岐阜市)
◎榎本彩霞・・・書の作品(滋賀県草津市)
◎麻処さあさ・・・草木染めヘンプ和物(揖斐川町春日)
◎切り絵作家草太・・・切り絵の実演と販売(岐阜市)
◎巴キャンドル・・・手作りキャンドル(垂井町)
◎スープ屋さん・・・おいしいスープ(揖斐川町坂内)
◎MASHITACOFFEE・・・珈琲、ソフトドリンク(滋賀県長浜市)
◎ぎふ・西濃“新しい縁づくり”・・・おたから、掘り出し物市(垂井町)
◎こまつや・・・着物の古着市、陶器市(垂井町)
◎ふじ田や・・・フェアトレード商品など(垂井町)
◎本とリサイクルの店うず・・・新刊、古本など本がいっぱい(垂井町)


◆長浜屋会場(最大3ブース程度)
◎ひまわり整体・・・つぼ押し整体(垂井町)
◎モナージュ大垣・・・カイロプラクティック、美容カイロ(大垣市)


1212_01_2
↑冬の六斎市のチラシです♪
 画像をクリックすると別ウインドウにて拡大表示します。


☆にぎわい六斎市の今後の予定☆

2014年1月19日(日)
2014年2月16日(日)
いずれも、10:00~15:00です。
 
 
文章:榎本、藤田

【いよいよ今週末!】暮らしと世界のつながりを考える講座~エビ編

こんにちは、藤田です。
いよいよ、今週末に迫ってきました!
わたしたちの暮らしと世界とのつながりを考える
国際理解連続講座を開催します!
今年7月に名古屋でも開催したこの講座ですが、
「エビや紙の現状がよくわかった」、「ワークショップなど参加しながら、
学べたので、より身になった」などの声をいただいております。
名古屋会場に参加できなかった方、ぜひご参加ください。

わたしたちの暮らしでとても身近な「エビ」と「カミ」から、
世界とのつながりについて一緒に考えましょう(^◇^)ノ

============================
以前に告知した際と会場が変更になっています。ご注意ください!
 変更前→垂井町中央公民館
 変更後→垂井町文化会館
============================

以下、講座の詳細です。


         □■□名古屋で大盛況□■□
*************************
      『世界とつながるエビとカミ!?』
 わたしたちの暮らしと世界のつながりを考える2日間
*************************

「今夜のエビフライは、
だれかを不幸にしているかもしれない…」
「メモで使った紙は、
だれかを助けているかもしれない…」

ほんの少しの行動が、
だれかを傷つけたり、しあわせにしたり。
どうやら、私たちの暮らしは
世界とつながっているようです。

暮らしの中にある身近なものを切り口に、
「私たちの暮らし」と「世界」との
つながりについて考える講座を開催いたします。

今回は、日本の食卓によくでてくる「エビ」と、
毎日使う「カミ」に焦点を当てて考えます。

エビの生産者の一日を疑似体験できる
ワークショップを行ったり、
みなさんと紙の選び方を話し合ったり。
最後には「地域の資源管理」や「紙の生産現場の移り変わり」
についての話まで。

世界とのつながりを、楽しみながら感じる一日です。


【メイン講師】
神田浩史(NPO法人 泉京・垂井 副代表理事)
大学を卒業後、開発コンサルタント企業に勤務し、タンザニア、
ナイジェリア、バングラデシュなどでODAの農業開発事業に従事。
企業を退職後、主に東南アジア各地の地域づくりの現場を
調査研究し、日本政府の国際協力・ODA政策策定に関わる。
現在は、全国各地で地域づくり、環境、NPO・NGOなどに関する講演を
行うかたわら、複数のNPOの役員として垂井町をはじめ揖斐川流域の
地域づくり、エコライフの促進、多文化共生社会の実現などにかかわる。

【日時・場所】
●岐阜・垂井会場
垂井町文化会館(岐阜県不破郡垂井町宮代2957-2)
地図:http://goo.gl/maps/VnXsE
JR「垂井駅」より徒歩約5分
※会場が変更になりました。

テーマ『エビ』 2013年12月1日(日)10:00~16:00
テーマ『カミ』 2013年12月15日(日)10:00~16:00


【当日のタイムテーブル】
●○●テーマ『エビ』●○●
10:00 アイスブレイク
   世界とつながるおはなし
   エビを育ててみよう!」ワークショップ
   ~エビ生産者の一日を疑似体験できるワークショップ~
   「エビの履歴書」ってみたことある?
12:00 昼食
13:00 エビを育てる環境を守るには
   ふりかえり など
16:00 終了

●○●テーマ『カミ』●○●
10:00 アイスブレイク
   世界とつながるおはなし
   みんなはどうやってカミを選んでいるの
12:00 昼食
13:00 紙の歴史
   グローバル化する紙の生産と消費
16:00 終了
※都合により変更する場合があります。

【参加費】
各回 一般2,000円 学生1,500円
※昼食付き。別途料金がかかります。
値段については、申し込み時にご確認ください。

【申し込み方法】
「名前(よみかた)」「所属」「ご住所」「電話番号」
「メールアドレス」「参加希望講座日」を
電話、メール、FAX(チラシについている専用申込用紙)
いずれかでお申し込みください。

【主催・お問い合わせ・申し込み先】
NPO法人泉京・垂井(せんと・たるい)
電話 : 0584-23-3010 
FAX : 0584-84-8767
メール: info@sento-tarui.org

※恐れ入りますが、参加の方はメール・電話・FAXで直接お申し込みください。

※本事業は、岐阜県から「都市農村交流人材力向上事業」の
 委託を受け実施しています。


文章:河合、藤田

JICAの地域リーダー養成のための研修を受け入れました!

2013年9月5、6日に、独立行政法人国際協力機構
関西国際センター(JICA関西)が開催する
「2013年度 JICA-NGO連携による実践的参加型
コミュニティ開発コース」という研修の受け入れを行いました。

住民主体で進める地域づくりというテーマで、
8月19日から10月5日まである研修のうちの2日間を
泉京・垂井が受け入れることになりました。

4か国13名の研修生が、垂井町や揖斐川流域での
地域づくりの取組みなどについて学びました。
地域での水資源管理を中心に講義、フィールドワークを行い、
垂井町内のマンボ、湧水や古民家などを見学しました。
現在でも地域の方が水との深いかかわりを持っている様子に、
研修生はしきりに感動していました。


今回は、泉京・垂井理事の神田のfacebookの投稿から、
研修について報告をしたいと思います。
=============================

朝からJICAの研修で来られている方々と垂井の町中を歩いた。
昨日の講演となるべくつなげることを意識して、町の真ん中を流れる相川から。
続いて中町の曳山、中山道垂井宿の南宮大社鳥居を回って、
旅籠跡を地元の人たちで改修して開放されている長濱屋へ。

Img_1905
↑相川からフィールドワークは始まりました!

Img_1912
↑中町の曳山の蔵

Img_1931
↑南宮大社石鳥居


ここでまず、お話を聞く。
地元の人たちが主体となって三和土や土壁を改修されてきたこと。
こういった伝統的な建築技術が湿気や乾燥には強く、夏は快適、冬は寒い、こと。
冬の暖は今はないけど囲炉裏で、2階に薪を収納していたこと。
トイレは行政資金で改修。
奥には現役のかまどや井戸がある。

Img_1949
↑垂井宿にぎわい推進協議会の沢島さんにお話を伺いました。

Img_1959
↑長浜屋のかまどや井戸も見学しました。


次いで、斜め向かいの小林家へ。
油屋・両替商から旅籠を営まれていたこのお宅は、国の登録有形文化財に答申されている。
土蔵造りに格子、さらには格子の上には火災除けの濡れむしろを吊るすための鉤が用意されており、
外観だけは何度も見ていた。
中まで入れていただくのは初めて。
ご当主のお話を聞きながら、多くの質問が出されていく。
このような価値の高い住宅を、誰が、どのように維持し続けていくのか、に強い関心。

Img_1973
↑建物について説明を聞かせていただきました。

Img_1987
↑中に上がらせていただき、貴重な資料をたくさん見せていただきました。


小林家の裏庭の高札池を後にして、裏清水へ。
ちょうど地元の方が裏清水から流れていく水で洗濯されている情景に、研修生の皆さまの目が輝く。
アフガニスタンからの研修生が「私の出身の村と同じ。懐かしい。」
ひとしきり洗濯されている方とのやり取りを終えて、垂井の泉へ。
ここでは、泉そのものよりも、後景の専精寺、玉泉寺と合わさった景観の美しさに魅かれてか、
皆さま盛んにポーズを決めながら撮影にご執心。
清水の最後は古清水。
何人かが清水の水を口に含み「おいしい。」
維持管理の当番札の説明を受けながら、やはり関心はコミュニティでの清水の維持管理。

Img_2026
↑泉京のスタッフもはじめて実物の高札池を見ました!

Img_2046
↑裏清水では、洗い物をする地元のお母さんと出会いました。

Img_2073
↑垂井の泉は、写真撮影スポットに!

Img_2080
↑古清水では、地元の方が当番で維持管理をしている様子を知ることができました。


東海道線を渡って、今度は民家の庭にあるマンボを見学。
2日前の豪雨の影響が今も残り、水は少し濁り気味。
マンボへの降り口に少し泥が流れ込んでいる。
ここでも、質問はマンボの構造ではなく、施設の維持管理。
マンボも含めて、垂井に残る数々の伝統的な知恵や設備が、
誰によって、どのように、維持管理され、引き継がれていくのか、について、
強い関心を持たれているのがよくわかる。

Img_2105
↑突然伺ったにもかかわらず、マンボの見学をさせていただきました。


最後はJAの直売所へ。
2010年の世界農林業センサスでは、垂井町の総農家数1010戸のうち、主業農家はわずか19戸。
準主業農家102戸をあわせても、総農家数の約1割。
これは65歳未満の農業従事者がほとんどいないということ。
そういったことを前日の講演で話していたので、直売所まで足を運んでもらった。
直売所に入ると、皆さま、積極的に買い物へ。
真桑瓜、タイガーメロン、幸水梨、ブルーベリーが人気。
ここで、帰路に就かれる皆さまを見送った。

Img_2114
↑JAの直売所が人でいっぱいになりました!


改めて垂井の町中の貴重な価値の数々を再見することができた密度の濃い3時間だった。
それとともに、伝統・慣習やコミュニティ、あるいは個人の努力などによって引き継がれてきた
これらの事物を、誰が、どのようにして引き継いでいくのか、について、考えさせられ続けた3時間だった。
「社会の永続性、環境の永続性を日本社会は疎かにしてきたのではないか。」
前日の講演に即して、アフガニスタンの方から出された鋭い指摘を、肝に銘じて。
またまた、学びの多い2日間だった。
 
 
文章:神田、藤田(前文、写真、写真の説明)

年末年始の事務所お休みのお知らせ

こんにちは、藤田です。
いつもお知らせが直近なので、今回は早めにお知らせします。
年末年始の事務所お休みについてお知らせをさせていただきます。

年内は12月28日(土)、29日(日)、30日(月)、31日(火)、
年始は1月1日(水)、2日(木)、3日(金)、4日(土)、5日(日)
に事務所をお休みさせていただきます。

来所をご予定されていた方、大変申し訳ありません。
皆さまには、ご不便、ご迷惑をおかけいたしますが
よろしくお願いします。

 
文章:藤田

にぎわい六斎市が大垣ケーブルテレビで取り上げられました!

こんにちは、榎本です。
前回の記事と前後しますが、8月のにぎわい六斎市開催前の1週間、
大垣ケーブルテレビにて「にぎわい六斎市」のイベント紹介を
放映していただけることになり、榎本がスタジオ収録に伺いました。

130820_104401a
↑大垣ケーブルテレビのスタジオにて収録しました!


イベントについて、開催の経緯や目的、これまでの歩み、
そしてこれからの展望などについて取り上げていただきましたが、
我々の活動を整理し、今後の活動を考えていくうえで
とてもいい機会になりました!

放送は終わってしまいましたが、もしご覧になった方がありましたら、
ご感想やご意見、ご助言、そしてご協力をいただけると嬉しいです。
これからのにぎわい六斎市の取り組みにご注目ください♪

Img_1651
↑パーソナリティの平松さんと一緒に。
 
 
文章:榎本

8月のにぎわい六斎市を開催しました!

こんにちは、榎本です。
遅くなりましたが、8月25日に開催したにぎわい六斎市の様子を
お知らせします。
今回は、20店舗の参加でした!100人ほどの方が来場されました。

Img_1828_2
↑この日までに、みんなで看板づくりもしました♪


今回は、8月の暑い時期ということがあり、夕方からの開催でした。
日が沈み、少しずつ暗くなる夏の宵を楽しめるようにと、
会場でキャンドルによるライトアップを行いました。

出店されたお店はこんな感じ!

Img_1787
↑すっかり常連のあやべとうふ店は、長浜産大豆を使った豆腐など大人気!

Img_1742
↑ティアレは、夏らしく米粉クレープ、タピオカドリンク、かき氷!


Img_1721
↑白井製茶さんは、様々な種類のお茶の販売。
 お隣では、児玉養蜂の蜂蜜も!


Img_1719
↑切り絵作家草太さんの、切り絵の実演と販売。

Img_1743
↑ナチュラルファームCocoroは、谷汲の元気な有機野菜♪

Img_1730_2
↑AMG(Art Manufacturing Guild)は、手作りアート作品が勢揃い!


Img_1786

Img_1792
↑MELCHI DESIGNSは、服やかばんの他、特製タペストリーも!


Img_1771
↑asian craft market Hanjiでは、輸入雑貨、フェアトレード衣料、民芸品など。


Img_1772
↑pynel wood work studioの木工作品。今回は、食器類など多め。


Img_1709
↑関ヶ原ファーマーズの皆さんは、関ヶ原町産のブルーベリー、お野菜など。


Img_1695
↑小寺春樹さんは、春日のお茶やお野菜、木工作品など。


Img_1748
↑仕出しのやまむらは、ちらし寿司、から揚げ。


Img_1739
↑HEARTYは、手作りの布小物


Img_1678
↑こまつやでは、着物の古着市や骨董市、古本市など。


Img_1740
↑本とリサイクルの店うずの前では、大垣ケーブルテレビの放送も流しました。


Img_1816
↑Color&Fragranceartは、香るうちわ作り・ルームスプレー作りやTCカラーセラピー。
 奥の部屋では、整体院なるとのゆるりつぼ押し整体。


Img_1764
↑和みカフェうららかでは、フェアトレードコーヒーとビビンバの提供


Img_1738
↑森のヤマチャカフェは、ベトナムのお菓子チェーや紅茶、ほうじ茶


そして、今回の六斎市は特別企画のライブペインティング!
みんなで真っ白に塗ったこまつやの壁を一面使って、
岐阜市のアーティスト神保哲太さんが絵を描いてくれました。
さて、壁はどんな風に生まれ変わるんでしょうか!?

Img_1754
↑ライブペイントが始まりました!


夕方のライトアップに向けて、会場で準備を進めていきます。


Img_1724
↑こまつやの照明器具づくりを近所の子たちも手伝ってくれました!


Img_1790
↑ライブペインティングもいよいよ佳境に入ってきました♪


夕方のライトアップがだんだん近付いてきました。
長浜屋では、垂井のキャンドル作家・巴キャンドルの作品を
使ったライトアップを行いました。

Img_1797
↑ろうそくの灯りと古民家の雰囲気がぴったりです!


Img_1809
↑こまつや会場は、まるで縁日のような雰囲気!


Img_1801
↑こまつやさんの中も、夜までにぎやかでした♪


Img_1819
↑完成した「アートの壁」の前では、さっそく即興ライブが始まった!


会場の雰囲気もぐっと良くなって、次回以降の開催も楽しみです。
来月以降のご来場、お待ちしてま~す!!
 
 
文章:榎本

11月のにぎわい六斎市は、10日(日)です!

こんにちは、藤田です。
お知らせが開催間近になってしまいましたが、
11月の六斎市のご案内です!

今月は、新しく出店される方がみえますよ!
ぜひ、当日をお楽しみに(*^_^*)


以下、イベント案内です。
----------------------------------
地元垂井はもちろん揖斐川流域や岐阜の特産品、地産地消品が集まるマーケットを開催します!
昔ながらの街並みが残る垂井宿でのんびりとお買い物を楽しんでみませんか?

◆にぎわい六斎市◆
日 時:2013年11月10日(日)
    10:00~15:00
会 場:小松屋旧店舗(垂井町石鳥居前)
    お休み処長浜屋
地 図:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E136.31.40.6N35.22.5.8&ZM=12 
参加費:無料
駐車場:駅前有料駐車場をご利用ください。
    JR垂井駅北口、南口ともに多数あります。1日最大500円以内。
    会場は、JR垂井駅から徒歩10分程度です。
主 催:NPO法人泉京・垂井
協 力:垂井宿にぎわい推進協議会


出店者一覧

◆こまつや会場

◎あやべとうふ店・・・長浜産大豆を使った豆腐、おあげなど(滋賀県長浜市)
◎スープ屋さん・・・おいしいスープ(揖斐川町)
◎ナチュラルファームCocoro・・・谷汲の有機野菜(揖斐川町)
◎ぐりるふぁーむ・・・コロッケパンなど(予定)(垂井町)
◎児玉養蜂・・・はちみつ(垂井町)
◎巴キャンドル・・・手作りキャンドル(垂井町)
◎榎本彩霞・・・書の作品(滋賀県草津市)
◎まんじゅどーむ・・・スイートポテト(垂井町)
◎こまつや・・・着物の古着市、陶器市(垂井町)
◎ふじ田や・・・フェアトレード商品など(垂井町)
◎本とリサイクルの店うず・・・新刊、古本など本がいっぱい(垂井町)

◆長浜屋会場

◎穂の歌・・・和菓子、飲み物など(日進市)
◎ひまわり整体・・・つぼ押し整体(垂井町)
◎カイロプラクティックルーム フォロー・・・カイロプラクティック施術(大垣市)

☆今回は、「中山道ぎふ17宿歩き旅」のイベント会場として、
長浜屋にて五平餅づくり体験が開催されます。
こちらはすでに受け付け終了しておりますので、ご了承ください。
http://www.gifu-travel.jp/walk2013/

Photo
↑画像をクリックすると別ウインドウにて拡大表示します。


☆にぎわい六斎市の今後の予定☆

2013年12月8日(日)
2014年1月19日(日)
2014年2月16日(日)
いずれも、10:00~15:00です。
 
 
文章:榎本、藤田

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ