最近のトラックバック

« ふくしまこども募金の活動を支援しています! | トップページ | ソムニードの研修受け入れをしました! »

六斎市の会場が大変身!

こんにちは!
泉京・垂井のQたろうです。
2013年8月3日、5日に、にぎわい六斎市の会場である
こまつやさんのペンキ塗りを行いました。

8月3日は、ペンキを塗るための内装はがしを行いました。
実はこの会場、以前はお祭りのお化け屋敷会場としても
使われていたこともあり、壁には紙が貼られていたり、
くぎが打ちっぱなしの状態であったのです。
それらを剥がし、ペンキを塗るための片づけを行いました。

1
↑この白い壁紙が、お化け屋敷の名残ですね。


そして5日はこまつやさんのペンキ塗りを行いました!
近所の多くの方々に参加してもらうことで、
会場が大賑わいの作業場となりました。
子どもたちは普段あまり使う機会がないペンキに大興奮で、
我先にと壁に白いペンキを塗っていました。

2
↑お母さんと一緒にペンキ塗り!

3
↑さすがお兄ちゃん、一人でペンキ塗り!

4
↑こっちはみんなでペンキ塗り!


その他には、パテを使って穴が開いている壁を埋める作業や、
刺さったままの画びょうやくぎを抜く作業、
壁に貼られているガムテープや壁紙はがしの作業を
それぞれが分担して行いました。

5
↑道具を使う仕事は、子どもにも人気でした!

6
↑そして地味なガムテープ剥がし作業は、大人の仕事…。


順調に、楽しんで作業をしていたのですが、
なんとここで問題が発覚したのです!

全ての壁の穴を補修し、パテが乾いた壁の
ペンキ塗りだけとなったのですが、
このパテを塗った部分だけ、上手く塗ることができません…。
このパテ、なんとペンキをはじくのです。

7
↑壁の右側の灰色の箇所が、パテを塗った部分です。


子どもたちもなんとか頑張ってその部分を塗ろうとするのですが、
一向に塗れません。
大人も負けじと白いペンキで塗りつぶそうとするのですが、
それを嘲笑うかのようにはじくパテ…。
どうしたものかと考えていると、ふむふむ、何やら良いアイデアが…。
壁がどうなるのかは、次回の六斎市ブログ記事を楽しみにしてください。

8
↑「あそこをこうして…」「ほう、ふむふむ…」

時を同じくして長浜屋会場では、8月25日の「宵(よい)の六斎市」に向け、
キャンドルの予行も行われました。
電気の明かりではないゆらゆらとした灯が、
長浜屋会場の雰囲気と合い、とても幻想的な空間となりました。

9
↑長浜屋とキャンドルのコラボレーション、雰囲気出てます。


当日は大垣ケーブルテレビの取材もあり、
ペンキ塗りや長浜屋会場の様子が撮影されました。
既に放送を見られた方もいらっしゃるかもしれませんね。

10
↑大垣ケーブルテレビに撮影されている子どもたちの様子です。


大人から子どもまで、多くの近隣住民の方々に
協力していただいたおかげでとても綺麗に、
そして早く終わることができました。
みなさまご協力どうもありがとうございました。


どのように変わったかというと、このように変わりました!

11
↑before.1

12
↑before.2


じゃーん!

13
↑after.1

14
↑after.2


(なんということでしょう…)

そしてペンキをはじくパテの壁は、どうなるのか?
こまつやさんはこれからどのように生まれ変わるのか?!
次号の六斎市の報告をどうぞお楽しみに…♪

※今後の六斎市カレンダーです♪
11月10日(日)、12月8日(日)


文章:田中

« ふくしまこども募金の活動を支援しています! | トップページ | ソムニードの研修受け入れをしました! »

まちづくり」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六斎市の会場が大変身!:

« ふくしまこども募金の活動を支援しています! | トップページ | ソムニードの研修受け入れをしました! »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ