最近のトラックバック

« 【11月2日・3日】事務所閉所のお知らせ | トップページ | TPP学習会を一宮市で開催します! »

「地域コミュニティがつくる、水の未来」@名古屋会場を開催しました!

2013年8月18日に認定NPO法人ソムニード主催の
シンポジウム「地域コミュニティがつくる、水の未来」が
名古屋市にあるJICA中部で開催されました。
前日の大阪に引き続き、国際水協力年とソムニードの
設立20周年を記念して行われたもので、
名古屋での開催にあたり、
我々泉京・垂井も協力させていただきました。

この日は、泉京・垂井理事の神田が基調講演をさせていただきました。
前日の大阪会場と同様に会場の席はほぼ埋まり大盛況でした。

1
↑当日の会場の様子です


最初に神田の基調講演、次にソムニードインディアのスタッフによる
現地での取り組みの紹介があり、最後に質疑応答が行われました。

神田からは、世界の水事情についてお話させていただきました。
輸入している食料を自分の国で生産するとしたら、どの程度の水が
必要かを推定したものであるバーチャルウォーターのことや、
水道の民営化や日本の水利権の話しなどをさせていただきました。
また、垂井町や揖斐川流域で取り組んでいる流域単位での
コミュニティづくりについてのお話もしました。

2
↑基調講演の様子


ソムニードインディアのスタッフからは、
大阪会場と同様に現地の取組みついて紹介がありました。
「地域住民主体による小規模流域管理」に関するお話です。

3
↑現地スタッフのMudunuru Ramarajuさんと前川さん


最後に参加者の皆さんから質問を受け付け、
パネルディスカッションが行われました。

名古屋会場では、海水を淡水に変える技術や、
現地スタッフの養成、また住民の参加について、
地域の伝統的な資源管理に関することなど
様々な話題でディスカッションが行われました。

4
↑パネルディスカッションの様子


インドでは、1つのプロジェクトが4~5年かけて行われるそうです。
そのプロジェクトには、地域住民の方々が主体的に参加し、
活動が進んでいくのだそうです。
地域住民が、地域にとって本当に必要な活動に自らが気づき、
作り上げていく過程を大切にしているという内容がとても印象的でした。
スタッフの方の努力や工夫があってこそだと思います。
場所、状況などは違いますが、私たちの活動でも参考に
させていただきたいことがたくさんありました。


この前日に行われた大阪会場の様子はこちら
◆「地域コミュニティがつくる、水の未来」@関西会場に参加しました!◆

NPO法人ソムニードについては、以下のホームページをご覧ください。
◆特定非営利活動法人ソムニード◆

会場のJICA中部なごや地球ひろばはこんなところ!
◆なごや地球ひろば◆


文章:河合

« 【11月2日・3日】事務所閉所のお知らせ | トップページ | TPP学習会を一宮市で開催します! »

まちづくり」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 【11月2日・3日】事務所閉所のお知らせ | トップページ | TPP学習会を一宮市で開催します! »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ