最近のトラックバック

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

地域国際化ステップアップセミナーに参加しました!

こんにちは、藤田です。
少しずつ、少しずつ暖かくなってきましたね。
桜のつぼみもほころび始め、ツバメも飛んできました。
気持ちのいい日が続いてますね(^◇^)
4月7日の水環境ウォーキングにご参加いただくと、
とても気持ちの良い春を感じていただけると思います。
こいのぼりや桜、菜の花の中でのお花見も楽しいと思います!
ぜひご参加くださいね~♪

さて、2012年11月26日に(財)自治体国際化協会、
(特活)多文化共生リソースセンター東海、
(公財)岐阜県国際交流センター、が共催で開催された
「~平成24年度地域国際化ステップアップセミナー
~これからの多文化共生における“連携・協働”」に
参加してきましたのでご報告させていただきます。

「これからの多文化共生における“連携・協働”」をテーマに
活動報告、基調講演、パネルディスカッション、ブース出展などがあり、
大変盛りだくさんの内容でした。

Img_9269_2


活動報告では、「東日本大震災対応後の外国人支援と
自治体国際化協会(クレア)の取組み」と題して、
(財)自治体国際化協会が実施してこられた東日本大震災後の
外国人支援についてお話がありました。

基調講演では、静岡文化芸術大学文化政策学部教授の池上重弘氏から
日本における外国人住民の現状と日本社会の変化、静岡県磐田市での
多文化共生に対する取り組みの事例、連携・協働に向けた留意点について
お話を聞くことができました。

Img_9280
↑分かりやすくお話しいただきました!


池上氏が実際に取り組まれた連携・協働の事例を聞くことによって、
連携・協働のイメージが湧き、垂井町ではどのように連携・協働を
進めていけるかなどを考えさせられる内容でした。
お話の中で、「外国人当事者の参画、社会参加の足場として」という
内容がありました。
“外国人住民のために”ではなく、“外国人住民とともに”という視点で
多文化共生に取り組むこと、これは、泉京でも意識してきたことでもありました。
支援をするのではなく、お互いに連携し助け合える社会をつくるという視点は
忘れてはいけないと改めて感じました。
また、「ユニバーサル・デザインとしての多文化共生という視点」という内容で、
“多文化共生”はみんなが暮らしやすい社会をつくるための一つの切り口である
というお話が印象に残りました。
多文化共生ばかりに目が行ってはいけないし、多文化共生を忘れてはいけない。
私たちが垂井町でできることはなんだろう、と多くを考えさせられる内容でした。

パネルディスカッションは、「課題を超えた連携に向けて」というテーマで
4つの団体が登壇し、分野ごとに活動の紹介をされました。
子育て・教育分野では、NPO法人可児市国際交流協会、
就労の分野では、一般社団法人グローバル人財サポート浜松、
日本語学習の分野では、豊田市国際課、
生活相談の分野では、NPO法人愛伝舎から発表を伺いました。
多文化共生推進事業を始めて日が浅い私には、初めて知る団体もあり、
活動内容も非常に参考になりました。
垂井に何が持ち帰れるか、そんな思いで聞いていました。

Img_9287


交流タイムでは、ブース出展されている団体の方や、
パネルディスカッションで登壇されていた団体の方とお話をすることができました。
◆多文化共生育児サークルEarth Babies
◆NPO法人Mixed Roots×ユース×ネット★こんぺいとう
◆株式会社MOBILE MAKER
◆VIVAおかざき!!
◆NPO法人日本ボリビア人協会
◆NPO法人多文化共生リソースセンター東海
の6つの団体が展示をされており、東海地域で多文化共生推進に
取り組まれている団体の活動を知ることができました。
私たちと同じように日本語教室を開催している団体から
教室の現状や課題等について伺うことができ、非常に勉強になりました。

Img_9272
↑多くの団体の皆さんの活動を知ることができました!


今回、このセミナーに参加して、今までにご縁のなかった団体と
知り合うことができたことが良かったです。
また、垂井町での活動で抱えている現状や課題を思い浮かべながら、
実際に取り組まれている連携・協働の事例を多く聞くことができ、
垂井町でどのように活動を進めていこうかと考えることができました。
さらに勉強し、少しでもより良い活動にしていけるようにしたいと思いました。


セミナーの詳細は、下記のサイトをご覧ください。

◆平成24年度 地域国際化ステップアップセミナー(東海地域)
「これからの多文化共生における“連携・協働”」 開催報告(市民国際プラザ)◆

◆【ご報告】地域国際化ステップアップセミナー(NPO法人多文化共生リソースセンター東海)◆

◆世界はひとつNo125((公財)岐阜県国際交流センター情報誌)◆(1~3ページに掲載されています。)


セミナーの主催団体については、下記のサイトをご覧ください。

◆CLAIR 財団法人自治体国際化協会◆

◆NPO法人多文化共生リソースセンター東海◆

◆公益財団法人 岐阜県国際交流センター◆


基調講演、パネルディスカッション、ブース出展をされた団体については、
下記のサイトをご覧ください。

◆静岡文化芸術大学文化政策学部 池上重弘研究室◆

◆NPO法人可児市国際交流協会◆

◆一般社団法人グローバル人財サポート浜松◆

◆豊田市国際課◆

◆NPO法人愛伝舎◆

◆多文化共生育児サークル Earth Babies◆

◆NPO法人Mixed Roots×ユース×ネット★こんぺいとう◆

◆株式会社MOBILE MAKER◆

◆VIVAおかざき!!◆

◆NPO法人日本ボリビア人協会◆

文章:藤田

事務局お二人より退職のごあいさつ

こんにちは、藤田です。
本日をもって、泉京・垂井事務局の宇都宮さん、大江さんが退職されます。
お二人からごあいさつをいただきましたので、ご紹介させていただきます。


まず、宇都宮さんからのごあいさつです(^○^)/

--------------------------------------
Photo_3

こんにちは、宇都宮です。
2013年3月末をもって、2年弱働かせていただいた泉京・垂井を退職します。
皆さまには大変お世話になりました。

1年目に担当した都市農村交流事業では、
垂井や西濃の隠れた魅力をたくさん見つけることができました。
また時を同じくして発生した東日本大震災に伴って、
西濃に避難して来られた方を支援する縁づくり事業の担当としても働いてきました。
本当に微力ですが、人と人との「縁」をつなぐお手伝いができたのかな、と思います。

これからは、フェアトレードと地産地消というテーマで、お店を開こうと考えています。
これは、泉京が団体としても取り組んできた「地域と世界とのつながり」にも
深くかかわるものです。ですので、今後も皆さんにはお世話になります。
まだしばらくは垂井に住みながら活動する予定です。

泉京がつくってきた「人と人とのつながり」を、私自身の活動を通じて
さらに広げていきたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いします!

(文章:宇都宮)
--------------------------------------

次に、大江さんからのごあいさつです(^○^)/

--------------------------------------
Photo_4

皆様、こんにちは。事務局スタッフの大江です。

春の陽気に誘われて、段々と景色が春色に変わってきましたね。
垂井町の相川にも恒例のこいのぼりが風に吹かれて気持ちよさげに泳いでおります。
さて、そんな季節ですが、私、大江信彦は3月末日を持ちまして
泉京・垂井事務局スタッフを退職することになりましたので、その報告を致します。

私は約3年前に垂井町に引っ越してきて、
垂井町並びに西濃地域の中で本当に多くの方と出会うことができ、
その出会いがかけがえのない財産になりました。
この地域に暮らす中で感じたこと、思ったこと、聞いたこと、見たこと等を、自分の糧にして、
ご恩をいただいた皆様や、垂井町等に少しずつ還元できるよう歩いていきます。

今後の予定と致しましては、垂井町を拠点として、
手作りの食べ物にちなんだ小さなお店をはじめようと考えておりますので、
その準備をしていきます。また、土日を中心に中山道沿いで休憩所として利用されている
長浜屋という旅籠にて、地元の方や、観光される方が立ち寄られる際に軽食や飲み物等を
提供することも取り組んでいきます。

泉京・垂井にはスタッフとしての関わりは離れますが、
会員として、参加者として、住民としてこれからも関わっていきますので、
講座やイベントなどで姿を見かけた際にはお気軽に声をかけていただければ幸いです。

長くなってしまいましたが、皆様にはいろいろお世話になりまして、
本当にありがとうございました。ここで出会うことのできたご縁に感謝致します。
今後も引き続きよろしくお願いいたします。

(文章:大江)
--------------------------------------

Hanataba_2

お二人は泉京・垂井を退職され、事務所からはいなくなりますが、
垂井町に暮らし、それぞれの道を歩んで行かれます。
すぐ近くで活動されるお二人を事務所から応援していきたいと思います。
永遠のお別れではありません。
お二人とのご縁を大切にしながら、泉京・垂井での活動もゆっくりと歩んでいきたいと思います。


文章:藤田

岐阜県国際交流センター情報誌「世界はひとつ」に掲載していただきました!

こんにちは、藤田です。

(公財)岐阜県国際交流センターの国際交流情報誌「世界はひとつ」に
掲載していただきましたので、お知らせします。
掲載していただいたのは、2012年11月19日に開催した
『岐阜県における多文化共生推進に向けて in 垂井』意見交流会の
事業報告とNPO法人泉京・垂井の団体紹介です。

写真と合わせて大きく掲載していただきました。
情報誌を見て、すてきな活動をしているね!と声をかけて
くださった方もおられ、とてもうれしかったです(^◇^)

情報誌「世界はひとつ」は(公財)岐阜県国際交流センターのHPからも
見ることができます。以下よりご覧ください。
情報誌の4ページに意見交流会の事業報告、7ページに団体紹介が
掲載されています。
◆公益財団法人 岐阜県国際交流センター◆
◆世界はひとつNo125◆
 
 
文章:藤田

フェアトレードデイ垂井のプレイベントが開催されます!

こんにちは、榎本です。
去年、大好評だったフェアトレードデイ垂井のプレ上映会が
今年も開催されます!
今回は、パレスチナのガザ地区を取り上げたドキュメンタリ―映画です。
2013年4月29日(月・祝)に、岐阜市勤労会館にて開催します。
午前、午後の2部制にて上映いたします。
詳細は、以下のフェアトレードデイ垂井ブログをご覧ください!

皆さんのご来場をお待ちしております!

◆フェアトレードデイ垂井-プレ上映会「ぼくたちは見た」を開催します!◆

625666_344095969042739_1212410014_2
 
 
文章:榎本

春の水環境ウォーキングのお誘い

こんにちは、榎本です。
恒例の水環境ウォーキングの季節が今年もやってきました♪
今回は、久し振りに中山道垂井宿を中心に巡るコースです。
皆さんお誘い合わせのうえ、ぜひご参加ください!

Dscf6368


******************************
   たるいのいいとこ町歩き
  春のうきうきウォッチング
******************************

毎年恒例の水環境ウォーキング、
今年は、垂井町の中山道から西へ向かい、
一里塚まで歩きます。
垂井は初めてという方には、
垂井町がどんな町なのかよくわかる、
垂井をよく知っているという方には、
垂井の良さを再発見できる、
そんなイベントです♪

と   き: 2013年4月7日(日)
       9:30~12:00
集合場所: 南宮大社の石鳥居前(中山道沿い)
地  図: 35.371472, 136.525111(google map)
参 加 費: 500円(資料代)
コ ー ス: 古清水、西清水、長屋氏屋敷跡、八尺地蔵、松島稲荷神社、
      保健センターの脇にあるマンボ、一里塚、不帰の茶畑、西の見附、
      八重垣神社、曳山倉庫、長浜屋の順に歩きます。
      (行程:約4km)

備考  :●小雨決行です。
     ●動きやすい服装、靴でお越しください。
     ●お飲み物おやつなど必要な方は各自でご用意ください。
        
申し込み締め切り: 2013年4月5日(金)

◆お申込み・お問い合わせ◆
電話・FAX・E-mailにて以下の項目をご記入の上お申込みください。
①代表者のお名前
②参加者数
③当日連絡がつく電話番号

※お申し込みの際にいただいた個人情報は、
当イベントの申し込み、当日までのご連絡のみに使用し、
その他の目的に利用したり第三者への提供はいたしません。

◆主催・お申込み先◆
NPO法人泉京・垂井(せんと・たるい) 担当:田中
〒503-2121 岐阜県不破郡垂井町1791番地の1
開所日:月~土 9:30~17:30(イベント等で不在の場合があります。)
電話:0584‐23‐3010 
FAX :0584‐84‐8767
E-mail:info@sento-tarui.org
ブログ:http://sento-tarui-blog.cocolog-nifty.com/blog/
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 
 
文章:榎本

垂井町第5次総合計画見直しワークショップに参加しました

こんにちは、榎本です。
2012年11月23日と12月2日の2日間、
「垂井町第5次総合計画基本計画見直しに伴うワークショップ」に
参加してきましたので、ご報告します。
会場は、垂井町役場でした。

ワークショップは、テーマごとに6つのグループに分かれました。
テーマは、
「安全・安心、地域環境」、「教育・生涯学習・文化」、
「子育て・健康・福祉」、「産業・交流」、「都市基盤」、
「協働、行財政運営」
の8つがグループに割り振られました。
我々泉京・垂井は、「協働、行財政運営」のグループに参加しました。


ワークショップは、自己紹介から始まり所属団体の説明、
行政との関わり方などの話をお互いにしたのち、
時間を区切ってそれぞれのテーマについて行政担当者からの説明、
それに対して参加者が意見を出し合う形で進められました。
まちづくりセンターの運営方法とこれからの活用の見通し、
行政、事業者、住民団体のそれぞれの役割分担、
それぞれが得意分野で力を出し協力し合うこと、
また長期的に見たまちの将来像を作っていくことや
事業評価をシビアに見て改善を図っていくことなどを
意見として出しました。

このあと、パブリックコメントの募集も行われましたが、
ワークショップで出た意見を取りまとめた資料が添付されておらず、
効果的なパブリックコメントの募集になったのかは疑問が残ります。
とは言え、少しずつでも住民参加の場が作られ、
意見を集めたり互いに交流する機会が図られることは、
住民活動を進める上での大きな下支えになります。
このような機会をもっともっと作り、活用していくことを
皆さんと一緒になって進めていきたいと思います。


ワークショップに関する情報は、以下の垂井町ホームページを
ご覧ください。

◆垂井町 町政-垂井町第5次総合計画◆
 
 
文章:榎本

第19回地域と世界がつながるフォーラムが新聞記事になりました!

こんにちは、榎本です。
2012年11月23~25日に渡って開催しました
第19回地域と世界がつながるフォーラムの様子が
新聞記事になりましたので、ご紹介します。

11月24日の中日新聞西濃版に掲載されました。

121123ml
↑弊法人理事の神田が話題提供している様子です。
(クリックすると、別ウインドウで拡大表示します)


紙面の都合か、共同開催したAMネットなど他団体の
名前が記事に掲載されなかったのは残念ですが、
多くの団体、個人の皆さまの協力があってこその
盛大なイベントであったと感じております。

次回開催に向けて、着々と準備を進めていきたいと思います。
ぜひ、第20回目のフォーラムにも皆さんご参加ください!
 
 
文章:榎本

第2回フェアトレードデイ垂井の様子をお届けします~

こんにちは、藤田です。
もう年度末ですが、まだ報告しきれていないイベントがたくさんあります。
毎回、だいぶ遅れての報告になってしまい申し訳ありません。

そろそろ、第3回フェアトレードデイ垂井の開催を控えていることもあり、
今回は、第2回フェアトレードデイ垂井の様子をお伝えしようと思います。
第3回フェアトレードデイ垂井は、2013年5月26日(日)に開催します!
会場は、垂井町宮代にある朝倉運動公園です。
詳細が決まり次第、またブログにてお知らせさせていただきます(^◇^)

それでは、第2回フェアトレードデイ垂井の様子を見ていただきましょう。
第3回行きたい!となること間違いなしです^m^

Img_0799
↑第2回の会場は、願證寺(平尾御坊)さんでした。


◎フェアトレード上映会の様子はこちら↓
◆第2回フェアトレードデイ垂井の様子~その1◆

◎大人気だった飲食ブースの様子についてはこちら↓
◆第2回フェアトレードデイ垂井の様子~その2◆

◎フェアトレードデイ全体の様子についてはこちら↓
◆第2回フェアトレードデイ垂井の様子~その3◆

それでは、第3回フェアトレードデイをお楽しみに♪


文章:藤田

垂井町東地区でお宝発見!

こんにちは、藤田です。
報告が遅くなりましたが、2012年11月25日に実施した
お宝発見ウォーキングin東地区の様子をお届けします。
今回のお宝発見ウォーキングは、ブログでもご報告した
11月23~25日に開催した第19回地域と世界がつながるフォーラムの
エクスカーションのひとつとして実施しました。
また、例年通り、多文化共生推進事業の一環として
外国籍住民の方にも参加していただけるように声をかけ、
当日通訳スタッフも同行して実施しています。

それではたくさんの写真とともに振り返ります(^O^)/
今回のウォーキングは道をテーマにしました。
垂井町を通る昔の主要道であった中山道、そして美濃路。
昔の住民たちが歩き、名付けたたくさんの小さな道。
そういった道を意識しながら地域資源を巡りました。

ガイドには、垂井町街角案内の会の不破さん、
そして歴史、特に山城に詳しい藤塚さんにお願いしました。
また、中山道のガイドマップとして、垂井宿にぎわい推進協議会の
「ガイドマップ いにしえの町並みと湧水を巡る 中山道垂井宿」という
マップを配布させていただきました。

Dscf4952
↑田中より、ウォーキング出発前のあいさつをしました。

Dscf4972
↑中山道に唯一残る用心井戸です。昔に火災に備えた名残です。

Dscf4987
↑中山道の東の見附、昔の相川を渡る手段であった人足渡しの跡を見ました。

Dscf5033
↑大江より、相川水辺公園で地域資源に関するクイズを出題!

Dscf5046
↑クイズの答えをみんなで考えました(^◇^)

Dscf5056
↑相川橋から伊吹山が見えました~(写真には写っていません<(_ _)>)

Dscf5057
↑当日は、本当にいいお天気ですばらしいウォーキング日和でした♪

Dscf5059
↑中山道と美濃路の追分には道標が立っています。

Dscf5067
↑馬頭観音さまの額には馬がついているのです。知っていましたか~?

Dscf5085
↑お稲荷さんの燈篭で記念撮影(*^^)v

Dscf5090
↑木のぬくもり溢れるすてきなお店、春日養蜂場さんへ立ち寄らせていただきました。

Dscf5110
↑昔の写真と見比べて、今はどんな風に変わっているかな?

Dscf5114
↑無人販売所に興味津々。。。ブラジルにはないようです。

Dscf5131
↑藤塚さんより、綾戸古墳と熊坂長範物見の松について説明。

Dscf5147
↑ここで再び、宇都宮よりクイズの出題~♪

Dscf5157
↑子どもたちもクイズに大盛り上がりでした。いい笑顔~(*^_^*)

Dscf5186
↑いいお天気の中、お店の窓に猫が気持ちよさそうにしていました。

Dscf5190
↑美濃路の松並木を歩きました。松並木を残すために、松の植樹活動なども行われています。

Dscf5197
↑垂井日之出印刷所さんへ立ち寄り、歴史グッズを見せていただきました。

Dscf5221
↑この日は、イチョウの紅葉もきれいでした!


美濃路を歩き、最後はタルイピアセンターでウォーキングは終了しました。
最後に、ウォーキングの参加賞として銘菓処みどりやさんの
垂井ブランド認証品にもなっている垂井曳山最中をプレゼントしました。
希望者は、タルイピアセンターで開催中の美濃路の企画展を見学しました。

少し距離が長くて、後半は疲れておられる参加者もおられましたが、
終始皆さん楽しそうに歩いておられて、スタッフ一同うれしかったです。
まだまだ改善しなければいけない点が多いですが、
これからも垂井の様々な地区を歩き、お宝を再発見したいと思います。
2013年はどこの地区になるのでしょうか。。。
皆さん、お楽しみに~(^O^)/
 
記事の中でご紹介したお店、団体については、下記のサイトをご覧ください。
◆垂井町街角案内の会◆
◆垂井宿にぎわい推進協議会◆
◆みつばち村・春日養蜂場◆
◆垂井日之出印刷所◆


文章:藤田

第19回地域と世界がつながるフォーラムのご報告~その3

こんにちは、榎本です。
いよいよ、3回に渡ってご紹介してきた地域と世界がつながるフォーラムも
今回で最後の報告になります。
25日のエクスカーションのうち「春日地区」の様子をお伝えします。


もう片方のエクスカーション「お宝発見ウォーキング」の一行と別れ、
揖斐川町春日地区(旧春日村)へと向かいます。
垂井とは町の境を接する、文化的にも馴染みの深い地域です。

Img_9227
↑ものすごい傾斜地に棚田や茶畑がびっしりと並んでいます!


まずは、NPO法人山菜の里いびの事務所へと伺い、
今日の案内役をしてくださる理事長の小寺さんから
春日地区での地域づくりについてお話を伺いました。

Img_9229
↑24日にもエクスカーションのお話をしていただきました。


春日地区は、古くから山仕事や炭焼き、薬草の生息地など
豊かな自然環境に育まれた文化が息づいているところです。
そんな春日地区の山も、今は過疎化と高齢化のために荒れており、
エクスカーションではその現場を見せていただくことになりました。


Img_9236
↑豪雨のために川底のコンクリートなどまでもが流されてきました!


Img_9242
↑土地を有効に使うため、標高600mの土地にも畑がたくさんあります。


いよいよ山の中に入っていきます。
定期的な管理をするための取り組みが始まり、
林道が整備され始めたそうです。

Img_9251
↑枝打ちや間伐がされないままの薄暗い山です。


Img_9253
↑表土が剥き出しで植物も生えていません。木の根も短いです。


上流部の森林が管理不全に陥っている状況を目の当たりにして、
都市部や下流部に住む自分たちに何ができるだろうか、
また同じ中山間地域に住むもの同士取り組めることはないかなど、
参加者同士、また案内役の小寺さんと話し合いながら、
有意義なエクスカーションを実施することができました。


さざれ石公園なども見学し、垂井へと戻ってきました。
ここでお宝発見ウォーキングの皆さんと合流し、
昼食後、希望される方を垂井の散策へとご案内しました。


Img_9266
↑中山道垂井宿の界隈をご案内しました♪


Img_9268
↑最後は、垂井のうららかにて一休み。皆さん3日間お疲れさまでした!


Img_9263


3日間、本当に盛りだくさんであっという間に過ぎていきましたが、
参加された皆さん、そして話題提供者、発表者としてお越しいただいた
多くの皆さんとこれからの地域づくりについてじっくりとお話しをし、
新しいつながりや視点を得ることができたのは大きな成果でした。
来年度、第20回地域と世界がつながるフォーラムは、
大阪にて開催されることになりました。
また、これまでの仲間、そして新しいつながりを作っていきながら、
多くの地域課題に取り組むことができればと思います。
本当に皆さんありがとうございました!


今回ご案内いただいたNPO法人山菜の里いびについては、
以下のホームページをご覧ください。

◆NPO法人 山菜の里いび◆


24日の宿泊をお願いしたいのしし亭については、
以下のホームページをご覧ください。

◆いのしし亭(桐山荘)◆ 
 
 
文章:榎本

第19回地域と世界がつながるフォーラムのご報告~その2

こんにちは、榎本です。
その1に続き、2012年11月23~25日に開催しました
地域と世界がつながるフォーラムの様子をお知らせします。

今回は、24日の内容についてご紹介します。

Img_9163
↑2日目のプログラムが始まりました~!


この日は、岐阜や西濃地域で活動する我々の仲間はもちろん、
全国から来られた皆さんからのお話しもたくさん聞くことができました。

Dscf4365
↑福岡の今村さんからは「おんがの森」の活動について。


Dscf4391
↑地元揖斐川の岩間さんからは「ぎふ・エコライフ推進プロジェクト」について。


Img_9171
↑立教大学の池住さんからは「原発問題と公害問題の類似点」について。


Img_9173
↑AMネットの松平さんからは「農業から見たTPP」について。


Img_9177
↑TPPに反対する人々の運動の近藤さんからは「TPPを取り巻く情勢」について。


Img_9180
↑郡上市の興膳さんからは「メタセコイアの森の仲間たち」の活動について。


Img_9182
↑高山市の舍川さん、嶋道さんからは「上宝地区の地域づくり活動」について。


Dscf4508
↑林さんからは、「フェアトレードデイ垂井」の活動について。


Img_9184
↑水俣市の永本さんからは、「水俣病患者としてのご自身の体験」について。


Dscf4595
↑榎本からは、「泉京・垂井の活動」についてお話しさせていただきました。


Img_9185
↑小吹さんからは、「大阪でのフェアトレードの取り組み」について。


Img_9186
↑地元大野町の飯沼さんからは、「水資源を活かしたエネルギー自給」について。


Img_9187
↑地元春日の小寺さんから、翌日25日の現地見学会の説明をしていただきました。

盛りだくさんの活動報告が終わったあとは、現地見学会です。
樹庵のある揖斐川町谷汲を出発し、徳山ダムを目指します。

Dscf4747
↑徳山ダムのダムサイトを見学しました!


更に移動し、徳山会館に向かいました。


Dscf4766
↑ダムに沈んだ徳山村の文化や歴史の解説をしていただきました。

Dscf4799
↑増山さんをはじめ、徳山村に関する資料がたくさん展示されています。

Img_9199
↑広場のデザインは、かつての村の様子を元に作られています。


徳山をあとにして、次は坂内地区へと向かいます。
こちらでは、茅葺き民家の前にある水路を活用して、
マイクロ水力発電を行っています。

Dscf4826
↑写真中央の小さな機械が、マイクロ水力発電機です。


Img_9210
↑研究をしておられる名古屋大学の岡村さんに解説いただきました!


Dscf4902
↑元坂内村村長の田中さんから、坂内の地域づくりについてお話しいただきました。


午前中の活動報告から始まり、夕方までの現地見学会まで
非常に充実した内容になりました。
過疎地域での地域づくりの課題や元気に活動する方の姿、
そしてマイクロ水力発電などの新たな取り組みについて
参加者も我々も多くのことを学ぶ機会になりました。

いよいよ次回は最終日のご報告です。その3をお楽しみに!


今回、現地見学会で訪れた各施設については、
以下のホームページをご覧ください。
 
◆独立行政法人 水資源機構 徳山ダム管理所◆

◆徳山会館◆

◆社会福祉法人 校舎のない学校-竹姿庵の四季・ご利用案内◆
 
 
文章:榎本

第19回地域と世界がつながるフォーラムのご報告~その1

こんにちは、榎本です。
2012年11月23~25日の3日間にわたって開催しました
「第19回地域と世界がつながるフォーラム」の様子について
お知らせします。

今回は、その1として23日の様子をお届けします!


Dscf4141
↑ラーニングアーバー横蔵・樹庵にてイベントの準備中です。


このイベントは、これまでNPO法人AMネットの活動の一環として
グローバル化していく社会問題の解決方法や具体的な活動について
全国から集まった参加者と共に考える企画として行われてきました。
今回は、名前を「WTO/FTA-NGOフォーラム」から一新して、
「地域と世界がつながるフォーラム」へと変更しました。
より多くの方に関心を持っていただきたいということと、
グローバル化についてWTOやFTA以外にも諸々の問題が
取り上げられるべきだろうということがきっかけになっています。


Dscf4160
↑いよいよ始まります!全国から60名もの方が集まってくださいました!


Dsc_0038
↑司会は、AMネットの嶋道さんです♪


Dscf4150
↑ラーニングアーバー横蔵・樹庵の小林さんから挨拶をいただきました。


最初の話題提供者は、泉京・垂井理事の神田浩史から、
「フォーラムのこれまでとこれから」と題してお話ししました。

Img_9037
↑これまでの経緯を振り返り、今後の展開について整理してもらいました。


続いて、名古屋大学大学院環境学研究科の高野雅夫さんから、
「西濃から始める千年続く地域づくり」と題して、
持続可能な地域づくりの考え方や実践例をお話しいただきました。

Img_9053
↑田舎に移住した若者の話がたくさん聞けました!


次は、アジア太平洋資料センター共同代表の佐久間智子さん。
「世界の貧しさとつながる私たちの暮らし」と題して、
地域内の食料自給の大切さや海外とのつながりをお話しいただきました。

Dscf4297
↑肥大化する人間活動、そしてその問題点について熱く語られました!


Img_9060
↑途中の休憩時間には、フェアトレードコーヒーを提供しました♪


そして、佐久総合病院で医師をしておられる色平哲郎さんには、
「地域医療とグローバリゼーション」と題したお話しをいただきました。

Dscf4321
↑地域医療の実態について、詳しくお話しいただきました!


最後は、さかえの杜ほっとはうす施設長の加藤タケ子さんより、
「今、水俣から伝えたいこと~終わらない水俣病事件と
特措法後の胎児性患者の挑戦~」と題したお話しをいただきました。

Img_9131
↑普段聞くことの少ない水俣病の実態について学ぶ機会になりました。


合計5名の話題提供者からのお話しが終わったあとは、
話題提供者、参加者、スタッフが一緒になって
分科会兼交流会を開催しました。


Dsc_0116
↑3つの分科会に分かれてさらに議論を深めました。


Img_9137
↑昼間には聞けなかったことも、どんどん質問します!


Img_9138
↑地元の方のご協力で、美味しい地産地消のご飯をいただきました☆


1日からとても内容の濃いフォーラムとなりましたが、
翌日24日は参加団体からの活動報告と現地見学会です。
その様子は、「その2」にてお知らせさせていただきます。

イベントを開催したラーニングアーバー横蔵・樹庵については、
以下のホームページをご覧ください。

◆ラーニングアーバー横蔵・樹庵◆
 

 
文章:榎本

「にぎわい六斎市」を開催します!

こんにちは、榎本です。
来週末に迫ってきましたが、イベントの案内です!

地元垂井はもちろん揖斐川流域や岐阜の特産品や地産地消品が集まる
マーケット「にぎわい六斎市」を開催します!
昔ながらの街並みが残る垂井宿でのんびりとお買い物を楽しんでみませんか?
会場のななめ向かいにある長浜屋では、そば打ち体験を同時開催!
(要予約:0584‐47‐8088:垂井宿にぎわい推進協議会)


◆にぎわい六斎市◆

日 時:2013年3月17日(日)
    10:00~15:00
会 場:小松屋旧店舗(垂井町石鳥居前)
地 図:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E136.31.40.6N35.22.5.8&ZM=12 
参加費:無料
駐車場:駅前有料駐車場をご利用ください。
    会場は、JR垂井駅から徒歩10分程度です。

B5_01
↑イベントのチラシです。(クリックすると別ウインドウで拡大表示します)


☆出店者一覧☆
◎AMG(Art Manufacturing Guild)・・・手作りアート作品の展示、販売
◎ナチュラルファームCocoro・・・有機野菜の販売
◎切り絵草太・・・切り絵作品の販売
◎垂井宿にぎわい推進協議会・・・手作り味噌の販売
◎和みカフェ・うららか(委託販売)・・・スイーツの販売
◎里山倶楽部・・・西濃の地域情報誌
◎ぐりるふぁーむ・・・カツサンド、クッキー、コーヒーの販売
◎ピネル工房・・・木工作品の販売
◎白井製茶・・・お茶の販売
◎巴キャンドル・・・手作りキャンドルの販売
◎暮らしの店コモレビ・・・雑貨、フェアトレード商品の販売
◎こまつや・・・着物の古着市(15~17日開催)
◎3*blossom・・・フレンチかわいい寄せ植え鉢の販売
◎deux d'eux・・・ハンドメイド布小物の販売
◎森豊和・・・イラスト作品の展示
◎いのしし亭・・・鹿カレーの販売
◎児玉養蜂・・・はちみつの販売
◎ふじ田や・・・地産地消ぜんざいの販売
◎MOLINA PASTEIS・・・ブラジルおやつパステルの販売

●TPP学習会同時開催!(10:30~12:00)・・・話題提供者:神田浩史


Dscf3841

※このイベントは、岐阜県商工労働部観光課の委託事業として開催される事業の一部です。
http://www.pref.gifu.lg.jp/kensei-unei/kocho-koho/event-calendar/bosyu/kanko/nakasenndou.html

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ