最近のトラックバック

« 第13回環境市民フェスティバルへ出展します! | トップページ | 2012年11月をもってリサイクル体験広場は終了しました! »

「エネルギー」からつながる、日本と世界の関係って?

皆様こんにちは、田中です。

今回は2012年11月10日に開催しました
「国際理解連続講座 日本の農村×世界=さまざまなつながり」の
導入講座第2回についての報告です。

今回のテーマは「エネルギーと林」です。
まず、前回講座の振り返りを行いました。
人間活動による社会環境の変化について触れ、
それに伴う生態系の破壊といった自然環境の変化、
そして農地の大規模な区画化と作業の機械化や効率化からくる
農業の構造変化と水田農地環境の変化についてなど
新しい話題も交えながら学びました。

そこから荒廃していく森林の問題と薪炭や水、
太陽などを利用したエネルギーについて、
近代ではエネルギーの使用量が
急増していく様子などを知ってもらいました。
また、身近にある電気で動くものについて
グループで意見を出し合ってもらい、
それは別のモノで代替できるのかという事も
考えてもらいました。

アイスブレイクでは、お互いに質問しながら
背中の動物を当てる動物交差点を行いました。

Dscf3855
↑動物交差点の様子。YES・NOクエスチョンで「かば」がわかるかな?


今回も垂井の地産地消ランチとフェアトレードコーヒー、
紅茶を楽しんでもらいました♪

Dscf3899 Dscf3900

Dscf3901 Dscf3903
↑おいし~い地産地消の献立が並びました!


第1回講座では紹介し忘れましたが、
2回の講座とも垂井のお菓子屋さんのクッキーを
おやつとして召し上がっていただきました♪

Dscf3442
↑おいしいおやつがあるとたくさんお勉強できます(*^_^*)!


午後は、2011年にタイで発生した大洪水を例に挙げて、
その大洪水が起こった原因、例えば森林の減少とダム操作の問題、
下流域の排水問題とわたしたちのつながりについて考えました。
そこから、森林の多い日本とも照らし合わせて考え、
この問題を我がこととしてどのように捉えるかということを考えました。
森林大国であるにも関わらず木材自給率が低いこと、
そしてその輸入木材は一体どこの国からきているのか、など
地球規模の問題を揖斐川流域に置き換えて考えると、
世界の水問題を自分たちの足元の水環境とつなげて
改めて再確認できる場となりました。

Dscf3981
↑海外とのつながりについて説明する神田。


話題提供の後、グループごとに気付いたことや
質問したいことについて意見交換しました。

Dscf3982
↑質問とグループで話し合った内容を発表しました。


地球規模で起こっている問題と、私たちの地域が抱える問題とが
根っこの部分でつながり、お互いに影響を与え合っているのだということを
実感する講座となりました。
日々のエネルギーの使い方や山や森との付き合い方などを
それぞれに考え取り組んでいきたいですね。

今回も終了後に懇親会を行い、スタッフと参加者の交流を図りました。
いよいよ次は本講座です!
お楽しみに。。


文章:田中

« 第13回環境市民フェスティバルへ出展します! | トップページ | 2012年11月をもってリサイクル体験広場は終了しました! »

環境部会」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「エネルギー」からつながる、日本と世界の関係って?:

« 第13回環境市民フェスティバルへ出展します! | トップページ | 2012年11月をもってリサイクル体験広場は終了しました! »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ