最近のトラックバック

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

にぎわいマーケットが新聞記事になりました!

こんにちは、榎本です。
遅くなりましたが、8月19日に開催したたるいにぎわいマーケットが
新聞に掲載されましたのでお知らせします。
2012年9月11日の中日新聞西濃版にて紹介されました。


120911
↑イベントについてご紹介いただきました!


紙面の都合で写真や全体の様子は書ききれませんでしたが、
イベントについて少しでも多くの方に知っていただくきっかけに
なったと思います。ありがとうございました!


今後も、泉京・垂井では地産地消や農村の暮らしなどを
テーマにしたイベントを開催していきますので、
ぜひ皆さんにご参加いただけますようお願いします♪
 
 
文章:榎本

まだまだ垂井駅前「原発さようなら会」実施中です!

こんにちは、榎本です。

2012年7月13日に始まったJR垂井駅前での
官邸前デモに連動した抗議行動「原発さようなら会」も
もうすぐ2ヶ月が経とうとしています。

8月17日、24日、31日、9月7日と毎週金曜日に
18時~19時の間、JR垂井駅北口前にて、
大飯原発や全国にある原発の再稼働反対を
意見表明する場を設けています。

キャンドルを灯したり、歌を歌ったり、みんなで話したり、
思い思いのプラカードや看板を作って持参したりと
皆さんそれぞれの方法で意思表示をしておられます。
我々は、滋賀県の団体がこれまで取り組んでこられた
「夏の電力ピークカット大作戦」の賛同者募集や
原発国民投票の実施に向けた啓発チラシの配布、
新しく取りまとめた原発に関する小冊子の配布、
各種署名活動などを行いました。

Kc460014
↑8月17日の様子。


Img_7856
↑8月24日の様子。キャンドルを灯しました。

Img_7928
↑9月7日の様子。8月31日も実施しました。


参加者は20~30名程度で毎週続いていますが、
入れ替わり立ち代わり、新しく加わってくださる方もあり、
和やかな雰囲気で毎回楽しく行っております。
皆さまが取り組んでおられる活動のチラシや宣伝、
またアイデアなどがありましたらお持ち寄りください。

岐阜市金公園では、毎週金曜日の11時~12時の間、
また、JR岐阜駅前では毎週金曜日の18時~19時の間、
JR岐阜駅周辺にて隔週でのパレード開催、
JR大垣駅前、JR関ヶ原駅前での抗議行動なども毎週金曜日に
実施しておられるとのことです。
お近くの方がおられましたら、そちらにもぜひご参加ください。
詳細は以下にてご確認ください。


◆さよなら原発・ぎふ - <お知らせ>岐阜県内の毎週金曜アクション!! 首相官邸前デモに連動!◆

◆おーい!止めたいママアクション フェイスブックページ◆
 
 
文章:榎本

たるいにぎわいマーケットを開催しました!

9月に入り、日中はまだまだ暑い日が続きますが
皆様いかがお過ごしでしょうか?

真夏の最中、8月19日に垂井町文化会館にて開催した
「たるいにぎわいマーケット」の様子を
スタッフの榎本、大江からお届けします。

今回のイベントは、揖斐川流域と伊吹の山並みに育まれた
地産地消の産品や体にやさしい料理、有機野菜の販売など
手づくり品にこだわりをもったブースの出店と、
一昨年、昨年と開催してきた「NEXT ORDER」のライブを
合わせて開催したものです。
垂井在住ブラジル人の方のブースも並び、
多文化共生の思いも盛り込みました。

Dscf3057
↑飲食ブースでは、色とりどりのご飯に目移りしっぱなし!


当日は雨の心配もあり、準備中には小雨が降り出しましたが、
イベント開始時には一転して快晴の空模様になりました。
気温も上がって、会場内は絶好のマーケット日和でした。


Dscf3028
↑地元垂井町からの出店を中心に22店舗に出店いただきました!


お昼になるとマーケット会場は、暑いくらいの陽気になり、
冷たいドリンクやかき氷などがよく売れていました。
また、在住ブラジル人のブース出店があったため、
多くのブラジル人が家族連れで訪れ、交流を深めていました。

さらに、今回は岐阜県で「東北へ元気を!」を合言葉に、
東日本大震災の被災地へのボランティアバスの派遣や
福島県の子どもの保養キャンプの受け入れなどを行っている
NPO法人KIプロジェクトさんにも出店いただきました。
我々が実施する“ぎふ・西濃新しい縁づくり”も合同にて
ブース内で活動紹介をさせていただきました。
お菓子を食べることで被災地を支援する「チョコボ」の販売や
支援活動の取り組みの説明などを行われました。

そうこうしている内に、文化会館の小ホールでは、
ライブが始まりました。
1組目は、オーストラリアの先住民の楽器である
ディジュリドゥを演奏する岐阜在住の3人グループ
「バランダ」の演奏でした。

558502_260932904025713_1476914540_n
↑飛び入りでマロンさんの参加もあり、活気づきました♪


2組目は、ジャズ、フュージョンを中心にして
名古屋で活動しておられる「大野&朝道 duo」のお二人。

558654_260933104025693_109838310_n
↑熱いサックスと流れるギターの対比が魅力的でした♪


マーケットでは、多くの出店者に恵まれました。
垂井町や西濃地域の蜂蜜を丁寧に作っておられる春日養蜂場さん。
落ち着いた中に華やかさのある演出が魅力の花のしごとさん。
地場産野菜を丁寧に料理しておられる和みカフェ・うららかさん。
個性的でやみつきになるスープが魅力のスープ屋さん。
かわいいイラストやレザー、フェルト雑貨を作られるちゃききさん。
選びきれないくらいの種類と天然酵母のパンが魅力のグルマンさん。
石の手作りアクセサリーを作っておられるブラジルエコアクセサリーさん。
ブラジルのおやつやおかずを手作りされるTAPIOKAさん。
ブラジルの代表的なおやつの一つパステルを作るMOLINA PASTEISさん。
六斎市の共同ブースには、地元産のお茶を扱う白井製茶さんや
プリンやシフォンケーキなどスイーツいっぱいのソレイユ・ブランさん、
蜂蜜の児玉養蜂さん、きのこ類を売られる石川さん、
そして垂井宿にぎわい推進協議会の皆さんに出店いただきました。
素敵な手作りキャンドルで出店予定の巴キャンドルさんは、
急きょ出店見合わせとなり残念でした~!

垂井町外からも、たくさんのお店に出店いただきました。
谷汲で有機野菜を育てておられるナチュラルファームCocoroさんと
その有機野菜を使った天然酵母パンを作られたぺこりさん。
美味しいパニーニやフォカッチャをふるまわれたD’s Kitchenさん。
岐阜県産の野菜を使った本格派インドカレーのラサマンダさん。
麻などぬくもりのある生活雑貨を扱われる麻処・さあささん。
岐阜ならではの地ビールや揖斐川健豚ソーセージの西濃ブルワリーさん。
滋賀県からは長浜産大豆を使った豆腐を作るあやべ豆腐店さん、
和歌山から梅の加工品を持参して完熟屋さんにもご参加いただきました。
残念ながら、春日村のちゃぼぼ園さんは急きょ出店中止になりました!

そして、ステージはいよいよクライマックスになり、
NEXT ORDERの演奏が2ステージ続けて行われました!
これまでにファンになってくださった方もあり、
今年初めて聞きに来てくださった方もあり、
非常に熱気のこもった素晴らしいステージになりました。

Dscf3167
↑今年も和やかなムードの中で行われました。

404055_260933430692327_1413219834_n
↑素敵な新曲をたくさん演奏してくれました!


イベントには300名ほどの来客があり、
小さいながらあたたかくにぎわいのあるマーケットと
ライブになったことを嬉しく思います。
今回のイベントに出演、出店いただいた皆さま、
素敵なチラシを作ってくださったちゃききさん、
そしてイベント運営にご協力いただいた皆さまに
改めてお礼を申し上げます。

また、来年の開催をお楽しみに!!
 
 
文章:大江、榎本

第19回地域と世界がつながるフォーラム のお知らせ

こんにちは、榎本です。
今日は、これまで18回に渡って全国各地で開催されてきた
地域づくりのフォーラムについてご案内させていただきます。

第19回目の今回から、過去に使われていた名称である
「WTO-FTA/NGOフォーラム」を一新して、
「地域と世界がつながるフォーラム」へと生まれ変わりました!

日頃から皆さんが取り組んでおられる地域の問題、課題を
世界とのつながりと関連づけてお話ししたいと思います。
多くの方のご参加をお待ちしております!


―☆――☆――☆――☆――☆――☆――☆――☆――☆――☆――☆――☆―

 世界中で、地球規模での環境問題や経済危機が叫ばれています。日本でも
都市部、農村部に関わらず、これからの地域社会のあり方について世界的な
視野に立って考えることがこれまで以上に大切になってきました。
 このフォーラムは、大きくなり続ける人間活動が抱える問題について考え、
取り組む有志が集まり、議論する場を継続的に作っていきたいと考えています。


【日  時】:2012年11月23(金・祝)~25日(日)

【会  場】:ラーニングアーバー横蔵・樹庵【メイン会場】
      (岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲木曽屋180)

【参加費】:3,500円(資料代等)
       ※宿泊費、食事代等が別途かかります。

【宿  泊】:23日1泊2食つき8,000円
       24日1泊2食つき4,500円
【食  事】:24日昼食800円
       25日別途実費(エクスカーション3参加者のみ)

【主  催】:第19回地域と世界がつながるフォーラム実行委員会

【連絡先】:NPO法人 泉京・垂井
       TEL/FAX:0584-23-3010
       E-mail:info@sento-tarui.org(@を半角にしてください)
       ※お申込み用の書式はメール末尾にあります。

◆タイムテーブル◆(一部未定の部分があります)

●11月23日●

 13:00~      開場、開会あいさつ
 13:10~13:40 「フォーラムのこれまでとこれから」
              神田 浩史
             (NPO法人 泉京・垂井 理事)
 13:40~14:40 「西濃から始める千年続く地域づくり」
              高野 雅夫
             (名古屋大学大学院環境学研究科 准教授)
 14:40~15:10 「世界の貧しさとつながる私たちの暮らし」
              佐久間 智子
             (アジア太平洋資料センター 共同代表)

 15:10~15:30 休憩

 15:30~16:00 「地域医療とグローバリゼーション」
              色平哲郎
             (佐久総合病院 医師)
 16:00~16:30 「今、水俣から伝えたいこと
              ~終わらない水俣病事件と特措法後の胎児性患者の挑戦~」
              加藤タケ子
             (社会福祉法人さかえの杜ほっとはうす 施設長)

 16:30~17:00 質疑応答ほか

 17:00~      交流会(講師テーマごと分科会形式)


●11月24日●
  9:00~11:30 現地、各地からの活動報告
             今村 和彦(おんがの森の活動について)
             池住 義憲(立教大学キリスト教学研究科 特任教授)
             松平 尚也(NPO法人AMネット 代表)
                    (西濃環境NPOネットワーク)
                    (フェアトレードデイ垂井実行委員会)
             興膳 健太(NPO法人メタセコイアの森の仲間たち 代表理事)
             榎本 淳(NPO法人 泉京・垂井 事務局長)
             ほか

 11:30~12:30 徳山ダムへ移動、昼食配布

 12:30~14:30 昼食、徳山ダム、徳山会館の見学等

 14:30~15:00 移動

 15:00~16:30 マイクロ水力発電、中山間地集落の見学
             (揖斐郡揖斐川町坂内諸家、予定)

 16:30~17:00 移動、樹庵到着

 17:00~18:30 垂井へ移動

 18:30~      交流会(いのしし亭)


●11月25日●
  9:30~12:00 エクスカーション1 【垂井東地区のウォーキング】
             案内人:NPO法人泉京・垂井 お宝ひろめ隊
             ※別途参加費500円がかかります

  8:30~12:00 エクスカーション2 【揖斐川町春日地区の見学】
             案内人:NPO法人山菜の里いび

 12:00~      エクスカーション3 【中山道垂井宿周辺の見学】
             案内人:榎本淳(NPO法人泉京・垂井)
             ※別途参加費500円、昼食代実費がかかります

――――――――――――――――――――――――――――――――――
【お申し込み用フォーム】
お名前:
ご連絡先:
性別:
交通手段:
参加される日程、宿泊の有無をお知らせください:
(ご面倒でも1名ずつ別々にご記入ください)

送付先:info@sento-tarui.org(@を半角にしてください)
――――――――――――――――――――――――――――――――――

日本と世界のつながりを考えよう!~国際理解連続講座のお知らせ~

皆様こんにちは。
事務局スタッフの田中です。
泉京・垂井主催の連続講座についてお知らせします。

この連続講座では、我々が日常的に活動している
西濃地域や揖斐川流域に焦点を当てて、
世界とのつながりについて考えていきます。

一見幅広いジャンルに見える
農業・林業・エネルギー・繊維産業・漁業も
全てがつながっています!

あなたの家の近くの河川も、世界とつながっている?!

揖斐川流域をフィールドにしている泉京・垂井だからこその連続講座、
この機会に是非ご参加ください!!
全5回の連続講座全ての講座に出席されますと、
揖斐川上流部から河口部までの全体像を学ぶことができます!

日本の農村について実際にフィールドに行って学んでみたい人!
海外、途上国などで問題視されている国際問題に興味のある人!!
日本の農村部から、世界を見つめてみませんか?

皆様の参加、お待ちしております!


以下、転送大歓迎!!

==================
国際理解連続講座
日本の農村×世界=さまざまな「つながり」
==================
岐阜の揖斐川流域から学ぶ、国際理解連続講座

流域の『つながり』
食と農の『つながり』
エネルギーと林の『つながり』
それら全てと水との『つながり』
そして南の社会と私たちの社会の『つながり』

日本の農村部抱える問題、世界の国々が抱える国際問題も、
実はつながっています。
普段何気なく過ごしているあなたも、一度立ち止まって
揖斐川の上流から下流の暮らしを見て・感じて・考えて・知った時、
たくさんの『つながり』が見えてくるはず!


◆導入講座第1回:「食と農」◆
【日時】 :2012年10月13日(土) 11:00~15:15
【場所】 :垂井町中央公民館(岐阜県不破郡垂井町1543-3)
【参加費】:一般1,500円/学生1,000円(※地産地消の昼食付)
【対象】 :日本の農村の暮らし・海外、途上国との関係に興味のある方
【定員】 :30名
【講師】 :神田浩史(NPO法人泉京・垂井理事)
      榎本淳(NPO法人泉京・垂井事務局長)

食べ物をつくる・食べることから見えてくる日本と世界との関係とは!?
いまや日本の食卓にはありとあらゆる国から食べ物が集められています。
どのような国々と、どのような「つながり」があるのか、一緒に考えてみませんか?


◆導入講座第2回:「エネルギーと林」◆
【日時】 :2012年11月10日(土) 11:00~15:15
【場所】 :垂井町中央公民館(岐阜県不破郡垂井町1543-3)
【参加費】:一般1,500円/学生1,000円(地産地消の昼食付)
【対象】 :日本の農村の暮らし・海外、途上国との関係に興味のある方
【定員】 :30名
【講師】 :神田浩史(NPO法人泉京・垂井理事)
      榎本淳(NPO法人泉京・垂井事務局長)

地球上には様々なエネルギーが存在します。
自分たちの身の周りでは、どんなエネルギーが作り出せるだろう?
森林から、農村ならではのエネルギーの未来が見えてくる?


※導入講座2回の後には、一泊二日の日本と世界の課題についての講座を行います。
 詳細はまた連絡致します。

◆本講座第1回:「地域と世界がつながるフォーラム」
【日時】 :2012年11月23日(金)~24日(土)※一泊二日
【場所】 :岐阜県揖斐郡揖斐川町
【参加費】:3,500円(宿泊費、食費別途)
【備考】 :本講座終了後に、オプションのツアーがあります。

◆本講座第2回:「衣服から紐解く世界とのつながり」
【日時】 :2012年12月8日(土)~9日(日)※一泊二日
【場所】 :岐阜県岐阜市・大垣市・不破郡垂井町
【参加費】:3,500円(宿泊費、食費別途)

◆本講座第3回:「地域での循環と世界とのつながり」
【日時】 :2012年1月26日(土)~27日(日)※一泊二日
【場所】 :岐阜県安八郡輪之内町・海津市・三重県桑名市
【参加費】:3,500円(宿泊費、食費別途)

※本事業は、岐阜県から「都市農村交流人材力向上事業」の
 委託を受けて実施しています。
※本事業は、(特活)名古屋NGOセンターからの後援を受けています。


【お申込み・お問い合わせ先】
特定非営利活動法人 泉京・垂井 担当:田中
〒503-2121 岐阜県不破郡垂井町1791番地1
開所時間 月曜日~土曜日 9:30~17:30
TEL/FAX:0584-23-3010
E-mail :info@sento-tarui.org
HP:http://sento-tarui-blog.cocolog-nifty.com/blog/
 
 
文章:田中

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ