最近のトラックバック

« 家庭ごみ減量化推進県民大会を開催しました! | トップページ | 西濃環境NPOネットワーク研修会 in 揖斐川町谷汲 »

2012年も家庭ごみ減量化PRを行いました!

みなさんこんにちは、大江です。
それでは、大変遅くなりましたが、昨年の11月と
2月から3月にかけて行いました環境イベントでの
家庭ごみ減量化PRブース出展の後半の様子を
報告していきたいと思います。


●垂井での講演会「ごみ減量と生ごみについて」

2011年11月19日に垂井町文化会館小ホールにて、
NPOバイオマス利活用推進会議理事長の井狩専ニ郎氏を
講師に招いて「ごみ減量と生ごみについて」講演会が開催されました。
皆さまに家庭ごみ減量化をPRするため、パネル展示を行いました。


Img_4787_2
↑パネル展示も熱心に見ていただきました。


講演会では、生ごみ処理に関する滋賀県甲賀市の
取り組みについてお話してくださいました。
生ごみにはたくさんの水分が含まれているため、
焼却するときには多くの燃料を消費します。
甲賀市では、生ごみを燃えるごみから分別して
生ごみを焼却せずに堆肥化することによって
焼却炉の延命化を図っています。
また、生ごみ堆肥を農業・家庭での園芸に利用し、
ごみ処理コストの削減につなげています。
この生ごみ堆肥化循環システムに取り組むことによって
ごみの減量化を推進し、さらに地域の資源循環や
地域づくりに大きく貢献しているそうです。


Cimg1240_2
↑井狩さんが丁寧にわかりやすく事例を紹介してくださいました。


参加者からも生ごみ堆肥化に関する技術的な内容や
地域ぐるみでの生ごみ堆肥化の動きを作り出した過程、
組織化についてなどの質問も多くありました。
参加された方も頷きながら井狩さんのお話を聞いていました。


●環境フェア多治見

2012年2月11日、12日に多治見市のまなびパークたじみで
環境フェアたじみが開催され、ブース出展をしてきました。

11日には出展団体が集まる交流会が開かれました。
今まで各自治体の環境フェアなどに出展していて、
イベント当日だけでは他の団体の活動についてなどを
詳しく知り、交流することが難しかったので、
このような機会はとても良いなと思いました。
各団体がどのような活動をしているのかなど
それぞれ熱のこもった説明を聞くことができました。


Cimg1413
↑他にブース出展している団体の方とも交流ができました。


12日の環境フェア当日は、子どもたちも楽しめるような
エコカルタやスタンプラリーなどの取り組みや
子どもたちが作った環境作品の展示、
小学生による環境活動発表会、環境講演会など
子どもから大人までが楽しめる環境に関する企画があり、
また、ボランティアの中学生たちも多く参加しており、
会場は非常ににぎやかな雰囲気でした。

前日に交流会に参加していたこともあり、
他の団体の方とも気軽に交流ができ、ごみ減量ブースにも
足を運んでくれる方もいらっしゃいました。


Cimg1429

↑多治見市のキャラクター「うながっぱ」もフェアに参加。


Cimg1440
↑環境カルタに子どもたちは夢中でした!


●可児市環境フェスタ

2012年2月26日は2つの環境イベントが同時に開催されました。
一つは可児市の広見公民館ゆとりピアで開催された
「可児市環境フェスタ」です。
会場内はたくさんの来場者で賑わっていました。
特に工業高校の学生さんが簡単に芳香剤を作る体験や
マイ箸作り体験などたくさんのブースを出展しており、
とても賑わっていました。
また、ごみになる廃ガラスを材料としてガラス玉を作る
ブースが人気を集めていました。


Dscf0331
↑家族で来場される方も多く会場全体が賑っていました。


●御嵩町環境フェア

二つ目は御嵩町中公民館で開催された「御嵩町環境フェア」です。
このイベントでは、実業高校の生徒によるユニークな発想の
エコファッションショーや環境功労者表彰式、環境基本計画に関する
報告会や講演会、小学校の作品発表や体験ブースなど
様々な催しがあり、多くの来場者で賑っていました。


Img_6120
↑パンフレットを熱心に見る来場者の様子。IMG_6120.jpg


同じ日に開催されている可児市のイベント会場との間に
シャトルバスを往復させる取り組みなどを実施し、
車を使わないで公共交通機関で来場することを呼びかけるなど
二酸化炭素の排出を抑えるカーボンオフセットイベントとして
工夫されていました。


●大垣市環境市民フェスティバル

2012年3月3日、4日に大垣城ホールにて
「大垣市環境市民フェスティバル」が開催されました。
大垣市を中心に活動している市民環境団体、行政、
事業者等がブース出展し、展示や体験を通して
それぞれの環境問題への取り組みを紹介していました。
来場者がブースを回り環境クイズに答えるクイズラリーでは
3Rに関するクイズを出題しており、多くの方が参加していました。
学校で勉強したと言って簡単に答える小学生もいれば、
まったく知らないと答える人もいて、
説明すると理解してくださる人が多くいらっしゃいました。


Img_6190_2
↑3Rの説明に熱心に聞き入る来場者の様子。


ごみの分別、3R、環境への意識についての意見や質問など
多くの方がブースに立ち止ってくださり、お話することができました。
また、大垣市を中心に活動している市民団体等の方々と
交流を深めることもできました。
神戸大学の学生が中心に活動をしているNPO法人ごみじゃぱんも
参加しており、商品の容器包装を減らすことを活動の柱に
容器包装ごみ減量についての活動紹介や展示を紹介し、
注目を集めていました。
両日とも会場は子どもからお年寄りまで幅広い年齢層の方々が
訪れており、大いに賑わっていました。


Img_6201
↑ごみじゃぱんのユニークな展示に来場者の注目が集まりました。

NPO法人ごみじゃぱんのホームページはこちら↓
◆NPO法人 ごみじゃぱん◆

大垣市環境市民フェスティバルへのブース出展で
2011年度の家庭ごみ減量化のPRは終了しました。
夏から始めたPR事業ですが、多くのイベントに出展し、
多くの方々とごみ減量についてお話をすることができました。
2月には家庭ごみ減量化推進県民大会を開催し、
少しでも多くの方に、家庭ごみ減量化に対する意識を
もっていただくような機会をつくることができたと感じています。

これからも、泉京・垂井の事業としてもごみ減量に
取り組んで活動をしていきたいと思います。
 
 
文章:大江

« 家庭ごみ減量化推進県民大会を開催しました! | トップページ | 西濃環境NPOネットワーク研修会 in 揖斐川町谷汲 »

エコライフ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年も家庭ごみ減量化PRを行いました!:

« 家庭ごみ減量化推進県民大会を開催しました! | トップページ | 西濃環境NPOネットワーク研修会 in 揖斐川町谷汲 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ