最近のトラックバック

« 「家庭ごみ減量化推進県民大会」開催のお知らせ | トップページ | 大垣JCの11月例会にて発表しました! »

新しい公共支援事業モデル事業を実施しています!

こんにちは、榎本です。
今日は、「NPO等と企業、行政の交流事業」の内容について
お知らせしたいと思います。
開催日は2011年10月31日、場所は垂井町文化会館にて
開催しました。

上記事業は、全国で実施される新しい公共支援事業をうけ、
モデル事業の一つとして行われるものです。
NPO法人地域再生機構が委託を受けましたが、
岐阜県内の5県域にコーディネーターをそれぞれ配置し、
西濃圏域は我々泉京・垂井と西濃環境NPOネットワークが
その役割を担うことになっています。
NPO等の市民団体と企業、行政がそれぞれの立場を活かし、
協働事業を推進するための支援を行うのが事業の目的です。

Img_4354
↑残りの4圏域でもそれぞれイベントを開催しました。


この日は、事業の概要と目的、新しい公共支援事業について
説明をしたのち、協働事業を推進するための体制づくりや
企画づくり、新しい公共とは何かということについて
新川達郎先生に基調講演をお願いしました。
新川先生は、行政学や公共政策を専門分野としておられ、
地域づくりの事例にも大変詳しい方です。

Img_4362
↑非常に具体的で分かりやすいお話でした!


基調講演後、西濃圏域で地域づくりを行っておられる団体のうち、
社団法人大垣青年会議所理事長(2011年度)の田中禎一さん、
NPO法人山菜の里いび代表理事の小寺春樹さん、
垂井宿にぎわい推進協議会会長の沢島武徳さんにお越しいただき、
それぞれの団体で行っておられる活動の紹介や課題、
新川先生のお話をうけて、それぞれの団体が今後何を目指すのか、
協働事業のあり方についてのお話をしていただきました。

Img_4385
↑皆さんから、大変熱のこもったお話をしていただきました!


質疑応答を終え、最後には本事業において我々と事業を進めてくださる
団体の皆さんを募集するご案内をさせていただきました。
(既に申し込み終了、支援団体は決定しております。)
年度末まで、西濃圏域の協働事業を促進するために尽力いたします。

今後、本事業は支援対象団体の皆さんとのワーキングを行い、
2012年3月10日には各圏域の成果報告の場を設けます。


今回のイベントにて、講演、事例発表をいただいた皆さんについては、
以下のサイトをご覧ください。


◆同志社大学大学院 総合政策科学研究科 教員紹介◆

◆NPO法人地域再生機構◆

◆(社)大垣青年会議所◆

◆NPO法人山菜の里いび◆

◆垂井宿にぎわい推進協議会◆
 
 
文章:榎本

« 「家庭ごみ減量化推進県民大会」開催のお知らせ | トップページ | 大垣JCの11月例会にて発表しました! »

まちづくり」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい公共支援事業モデル事業を実施しています!:

« 「家庭ごみ減量化推進県民大会」開催のお知らせ | トップページ | 大垣JCの11月例会にて発表しました! »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ