最近のトラックバック

« 東日本大震災チャリティライブ in 垂井を開催しました! | トップページ | ごみ減量化の事業を実施しています! »

【基金訓練第二期】NPO法人ピープルズコミュニティでの実習です

こんにちは、榎本です。
今回は、基金訓練第二期の職場実習のうち
NPO法人ピープルズコミュニティでのものを
ご紹介させていただきます。
実習は、2011年6月22、25、26日に
実施しました。
9月3、4日にも実施を予定していましたが、
台風による警報発令のため基金訓練自体を
中止、休講する措置を取りました。


NPO法人ピープルズコミュニティでの実習は、
昨年度の第一期に続き、二年目になります。
今年も、輪之内町におけるごみ減量の活動に
関わりながら実習を行いました。

6月22日は、ピープルズコミュニティが管理する
農園での野菜収穫体験と調理の手伝いでした。
輪之内町民センター内に事務所を構ておわれる
輪之内町障害福祉サービス事業所たんぽぽの里の
職員さんや利用者さんが体験活動に参加されました。
この日は、じゃがいもの収穫を行い、
生ごみ堆肥で育った野菜の元気の良さやおいしさ、
そして資源循環の仕組みについて学びました。

Dscf0466
↑事務局長の浅野さんより活動紹介をしていただきました!

Img_1792
↑じゃがいも掘りにみんな大興奮でした♪


6月25、26日はピープルズコミュニティが管理する
エコドームでの粗大ごみの受け入れの日でした。
朝からとてもたくさんの粗大ごみが搬入されるだけでなく、
訪問回収も同時に行っているため各家庭を訪れ、
軽トラックにて粗大ごみを回収する業務を手伝いました。
2台の軽トラックが何度も輪之内町内を走り回り、
残った受講生はエコドーム内での利用者の対応や、
集まった資源ごみの計量や運搬、混入物の撤去など
多くの作業に関わることができました。
生ごみ回収バケツの掃除や処理機への生ごみ投入なども
経験することで、22日に見た畑で使われる堆肥が
どのように出来ているのかも知ることができました。

Img_1825
↑各家庭から出た粗大ごみの回収をしました。


Img_1834
↑生ごみがどのように堆肥になるのか興味深々です。

9月3、4日も同じく粗大ごみの対応をする予定でしたが、
あいにくの悪天候、そして警報の発令によって、
実習を行うことができずとても残念でした。

ピープルズコミュニティだけでなく、西濃や県内の各地、
そして全国的にもごみ減量の動きがたくさんあります。
皆さんのお近くに資源ごみを回収するステーションや
ストックヤード、そして小売店などの入り口の回収箱など、
ごみ減量に向けて全国的に取り組んでいきたいものです。

泉京・垂井では、今年度ごみ減量化の取り組みを
推進するための事業を県からの委託で行っています。
そちらの事業についても、今後お知らせしていきますので、
記事の掲載をお待ちください。


今回お世話になったピープルズコミュニティさんや、
関連する団体については以下のサイトをご覧ください。

◆NPO法人ピープルズコミュニティ◆

◆輪之内町障害福祉サービス事業所 ひまわりの里◆
 
 
文章:榎本

« 東日本大震災チャリティライブ in 垂井を開催しました! | トップページ | ごみ減量化の事業を実施しています! »

まちづくり」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【基金訓練第二期】NPO法人ピープルズコミュニティでの実習です:

« 東日本大震災チャリティライブ in 垂井を開催しました! | トップページ | ごみ減量化の事業を実施しています! »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ