最近のトラックバック

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

アースデイ・いびがわ2011開催します!

こんにちは、藤田です。

直前のお知らせになりましたが、イベントのご案内です。

昨年にお茶漬け選手権や地産地消の飲食ブース等で
盛り上がった「アースデイ・いびがわ」を今年も開催します!

揖斐川町での地産地消を通して、
地域の環境やライフスタイルについて考えてみませんか?
皆さまのご来場をお待ちしております!

昨年の様子はこちらをご覧ください。
◆アースデイ・いびがわを開催しました!~その1~◆
◆アースデイ・いびがわを開催しました!~その2~◆
◆アースデイ・いびがわ、新聞に掲載されました!◆


以下、イベントの詳細です。
---------------------------------------------------
【転送・転載歓迎します!】

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
           ぎふ・エコライフ推進プロジェクト
              アースデイ・いびがわ
        ~エコライフを推進し環境行動を広げよう~

          2011年10月9日(日) 12:00~19:00
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

==========================
○アースデイ・いびがわってこんなイベント

 平成19年から継続している、ぎふ・エコライフ推進プロジェクトを
広くPRし、ごみの減量化と地球温暖化防止をめざして、
日頃の生活の中で実践してもらうことを目的として開催します。
そこで、第2回《アースデイ・いびがわ》はカーボン・オフセットイベント
として、ゴミの削減・自家用車利用の自粛に取り組み、
二酸化炭素排出量の削減をめざします。

==========================

【内容】

揖斐川流域の地産地消をテーマに多彩な催しを準備しています。
楽しみながら環境について考えてみませんか。

地産地消・ぎふ・お茶漬け選手権 (15:00~16:30)
 工夫を凝らした10種類の多彩なお茶漬けが出揃います。
 300円で3杯食べて、おいしいお茶漬け一番を選ぼう!

地産地消・ぎふ・青空市場 (12:00~18:00)
 岐阜県内、西濃地域を中心においし~い食べ物や素敵なものが
 いっぱいです。岐阜の魅力をぜひ満喫してください!

エコ体験講座 (12:00~16:00)
 ・牛乳パックでコースターづくり 
 ・ペットボトルで固形せっけんづくり
 ・マイ箸づくり
 ・クラフト体験教室

  環境に優しく楽しい講座が体験できます。
  ぜひ、体験してみてください!

エコライフ推進花火 (18:30~19:00)
 大迫力の花火500発が夜空を彩ります。

ステージイベント
 ・いびがわMAX・おおの∑による踊り
 ・篠笛、津軽三味線の演奏(RINKA)
 ・チェーンソーアート   など

★苗木のプレゼントがあります!
 先着50人の方に苗木をプレゼントします。
 ご希望の方はお早めに!

そのほか、環境活動展示ブースや植樹、環境クイズラリーなど
お楽しみがいっぱいです!

【日時】 2011年10月9日(日) 12:00~19:00

【場所】 ラーニングアーバー横蔵 樹庵
     (岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲木曽屋180)  ※旧横蔵小学校
     Mapfan地図

【問い合わせ先】
アースデイ・いびがわ実行委員会事務局
(NPO法人いびがわミズみずエコステーション)
〒501-0619 岐阜県揖斐郡揖斐川町三輪677-2-2
TEL 0585-22-1732 FAX 0585-22-2471
E-mail npo@ibigawamizueco.jp

-----------------------------------------------------

 
 
文章:藤田

第2期 日本語会話交流会を開催します!

みなさん、こんにちは。坪井です。

このたび、第2期日本語会話交流会を開催します!
地域に住んでいる外国の人、日本の人がいっしょに集まって、
興味あること、生活のこと、子どものこと、
地域のことなどを日本語で話しましょう。
知っているようで知らないことを発見したり、
新しい出会いやつながりをつくったりできる場所です。
気軽にお越しください。
同じ地域に暮らすみんなで、楽しく交流しましょう。

以下、交流会の詳細です。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

場 所 : 垂井町中央公民館2階会議室
日 程 : 毎月第2、第4日曜日 13:00~15:00
受講料 :1期につき600円

◆内容◆
10月 9日(日)病院
10月23日(日)買い物
11月13日(日)乗り物2
11月27日(日)旅行
12月11日(日)新幹線に乗って京都に行こう
12月25日(日)今までどんな仕事や勉強をしたか

毎回、前半の1時間は講師による授業を行い、
後半はボランティアを交えておしゃべりをします。

第3期は1月~3月に開催する予定です(計6回)。

◆お問い合わせ◆
多文化共生のまちづくり協議会
 (事務局NPO法人 泉京・垂井)
 岐阜県不破郡垂井町1791-1
 電話/FAX 0584-23-3010

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

また、交流会の受講者と同時に、
交流会で活躍するボランティアさん、一緒に活動する会員さんを
募集しています!
皆さまのご参加をお待ちしています。

★日本語会話交流会 ボランティア募集★
外国の人と日本語を使って、生活や習慣や文化など、
さまざまな情報を伝え合う地域交流型の日本語会話学習をめざしています。
事前準備をしたり、交流会をするボランティアを募集します。
垂井町・多文化共生のまちづくり協議会に入会する必要があります。

★垂井町・多文化共生のまちづくり協議会 会員募集★
垂井町在住、在勤の外国籍住民との多文化共生を推進し、人権を尊重し、
多様性に富んだ幸福度の高いまち・垂井町を実現するために、
垂井町まちづくり基本条例に則し、協議会が設立されました。
岐阜県、岐阜県国際交流センター、垂井町、事業者・企業、
住民活動団体と協働し、日本語会話交流会、交流会、イベントなどを実施します。
会費は個人1,000円、法人10,000円(年間)です。寄付も受け付けます。

※この事業は(財)岐阜県国際交流センターの「国際交流・多文化共生推進事業」
により実施しています。
 
 
文章:坪井

ブルーベリー摘み体験をしました

こんにちは、杉本です。

7月10日に垂井町でブルーベリー栽培をされている
『ブルーベリーハウス』でブルーベリー摘みを体験しました。
垂井町に住んでいる人でもあまり知らない隠れた名所です。
 
昨年は獣害があり、あまり収穫ができなかったのですが、
今年は 獣害がなく、たくさんの実をつけていました。

Img_2525
↑おいしそうなブルーベリーがたくさん!

今回は地元の方、名古屋の方、ブラジル籍の方たちの、
13名の参加がありました。
昨年に引き続き参加された方、初めて参加された方、
昨年の獣害でブルーベリー摘みができずに
今年の訪問を待望されていた方。

1本1本違う種類でそれぞれに違う味の実、違う味。
口に入れて 確認しながら好みの実を摘んで楽しみました。

Img_2520
↑収穫するのに一生懸命になるほどおいしいです!

また、『ブルーベリーハウス』では
ブルーベリー栽培の腐葉土や肥料などの資材、苗も販売しています。
育て方、ジャムの作り方なども教えていただきました。

ブルーベリー摘み終了後は
垂井町内で鶏を平飼いしている慈鶏園へ行きました。
慈鶏園は新鮮な卵や地元の野菜を販売している場所です。

今回の体験を通して、参加していただいた皆さまに
垂井のお宝をお伝えすることができました。

ブルーベリーの旬の時期には何度か訪問する予定です。
その際はまたお知らせさせていただきます。
 
 
文章:杉本

バーチャル融資審査委員会に協力しました!

こんにちは、榎本です。

今回は、2011年7月9日に垂井町にて開催された
「バーチャル融資審査委員会」についての報告です。
この事業は、コミュニティ・ユース・バンクmomoに
泉京・垂井が現地事務局を勤める形で開催しました。

バーチャル融資審査委員会とは、通常momoで行う
事業者や起業者への融資審査を擬似的に行い、
当事者の事業実施への思いや継続・発展の可能性、
融資が可能かどうかなどを議論する企画です。
今回は、泉京・垂井の基金訓練第1期生である
機巧設計工房クロックワークの松本さんに
審査対象者として関わっていただきました。

Img_2243
↑momoの事業や審査基準についての説明。


今回は、名古屋の大学生や一般の方、スタッフなど
20名ほどの方に参加していただきました。

Img_2253
↑松本さんの事業についての説明です!


松本さんの事業内容や事業に対する思いなどを
お聞きし、実際の審査に移っていきました。

今回は、事業内容を聞いて、事業の強み(ポジ)と
事業の弱み(ネガ)を書き込んでいく審査方法でした。
グループに分かれて、話し合いを進めていきます。
それぞれのグループでは、当事者と同じように
またはそれ以上に真剣な議論が取り交わされ、
強みと弱みがどんどん書き出されていきました。

Img_2263_2
↑意見の中で似たものはグルーピングします。


その後、融資可能かどうかもグループで話し合い、
結論が出たところでそれぞれ発表をしました。
結果はいずれも厳しく「融資不可」でしたが、
「再提出そして再審査の可能性を期待して」
という条件が付いたものばかりでした。
松本さんの事業への思いや今後の発展性には、
参加者全員が期待していることが分かります。

企画を通して、建設的な意見がたくさん積み上がったり、
松本さんの事業へのフィードバックはもちろん、
参加者の皆さんそれぞれも自身の活動を見直す
きっかけにしていただけたようで嬉しく思います。

今回、バーチャル融資審査委員会の企画について
お声がけをいただいたmomoの皆さん、
そして審査対象としてご協力いただいた松本さん、
本当にありがとうございました。


今回お世話になった団体については、
以下のホームページをご覧ください。

◆コミュニティ・ユース・バンクmomo◆

◆機巧設計工房クロックワーク◆
 
 
文章:榎本

チャリティ市を開きました!

こんにちは、事務局の宇都宮です。

前回のウォーキングブログに続き、同じ日(7/2)の午後に
泉京の事務所で行われたチャリティ市のご報告です。

このチャリティ市は、みんなで余っているものを持ち寄って販売し、
売上金は新しい縁づくり事業(東日本大震災被災者支援事業)に
寄付するというものです。

新しい縁づくりについてはこちらをご覧ください。
◆ぎふ・西濃“新しい縁づくり”◆

本・CD・服・タオル・などなど、たくさんのものが所狭しと並びました。
中には、イタリアンレストランで使っていた洋食器も!

Img_2062
↑会員さん同士での交流にもなりました

Img_2071
↑いっぱい買っていってね~

Img_2083
↑駐車場では青空市も!

中でも一番人気は、泉京の会員さんの農園の新鮮野菜。
写真を撮る前に、あっという間に売切れてしまいました!

当日は何と、17220円の売り上げがありました~!!
ご協力いただいた会員様、ご来店いただいたお客様、
本当にありがとうございました。

チャリティ市は、不定期ですが今後も開催します。
次回は9月24日の土曜日、14時からの予定です。
ぜひお越しください!
 
 
文章:宇都宮

今年も開催しました!水環境ウォーキング!

こんにちは、宇都宮です。

7月2日(土)に開催したウォーキングイベントの
様子を報告します。

泉京・垂井で毎年春に行っている水環境ウォーキング、
今年は5月28日の予定でしたが、台風によって7月の2日に延期となりました。
5月なので当初は「新緑のウォーキング」というキャッチにしましたが、
7月開催になったので「初夏の」に急きょ変更!
当日はというと、初夏ではなく「盛夏」というくらいの暑さでした。

Img_1887
↑暑いけど風があってさわやか!

今回のコースは、垂井町北部の平尾ため池、西濃用水の
揚水機場、願証寺(平尾御坊)などを回りました。

Img_1941
↑平尾ため池の役割を解説しました

Img_2001
↑西濃用水の水はどこから来る?

Img_2014
↑平尾御坊で一休み!

普段あまり気にも留めないけれど、
実は私たちの生活に結びついているもの。結構たくさんあるんですね。
参加者から「あることは知ってたけれど一度も来たことがなかった。
こういう機会があってよかった。」という声もありました。

これからも、意外と知られていない身近な自然や文化財を
知っていただくために、ウォーキングを開催します。
11月には、垂井町府中地区の隠れたお宝を見ながら歩きます。
こちらもぜひご参加ください。
 
 
文章:宇都宮

朝日新聞にて紹介されました!

こんにちは、榎本です。
2011年5月28日の朝日新聞岐阜県版にて、
記事として取り上げていただきましたので
お知らせします。

気が付けば、泉京・垂井で働き始めて3年目。
今後も、垂井のまちづくりを盛り上げるための
取り組みを行っていきたいと思います。

ぜひ皆さんも、いくつかある泉京の活動の中で
興味のあるものがありましたら、ご参加ください!
皆さんのご参加をお待ちしております。


記事については、以下をご覧ください。

110528
(クリックすると拡大します)
 
 
文章:榎本

「じゃん!」に掲載されました

こんにちは、宇都宮です。

またまた少し前の話で恐縮ですが、
JAにしみのの広報誌「じゃん!」5月号で、
私、宇都宮のことを記事に取り上げていただきました。
「地域に広がるボランティアの心」というテーマで、
私が市民活動にかかわるきっかけなどが
紹介されています。


Photo
↑掲載された記事です(クリックすると拡大します)。


この記事を見て当団体を訪ねてくださった方もいます。
縁とは不思議なものです。
これからもいろいろな方とつながり、
幅広く活動していきます。
どうぞよろしくお願いします!
 
 
文章:宇都宮

いびがわ体験ツアーを開催します!!

こんにちは、藤田です。

都市農村交流事業として、
揖斐川流域の伝統文化や生活を体感し、
これからの地域づくりや地域社会のあり方について
考えるツアーを企画しました。
2泊3日のイベントでは、昨年2,000人以上が来場した
“アースデイいびがわ”への参加や
農山村の生活の体験をすることができます。

以下、イベントの詳細です。
皆さまのご参加をお待ちしております!!

転送・転載大歓迎です!
-------------------------------

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
農山村は知恵の宝庫!
今こそ!! いびがわ体験ツアー

2011年10月8日(土)~10月10日(月・祝)〔2泊3日〕
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

===========================

Dscf6705

●私たちの暮らしを取り巻く環境を一緒に見てみませんか?

ちょっと足をのばせば田畑があり、森があり、川があります。
わたしたちはたくさんの恵みをもらいながら暮らしています。
一方で、地球規模での環境問題が起こり、さらに東日本大震災と
それに伴う原発事故など、私たちの暮らす環境を脅かすような
問題が起きています。

ここで一度立ち止まり、あたりを見回してみましょう。
わたしたちの身近にはこんなにたくさんの資源があります。
わたしたちの子や孫やその先を生きる人たちのために、
これからの地域社会のあり方について考えてみましょう。

●揖斐川ってこんなところ

揖斐川は岐阜県を源流域として、三重県の伊勢湾へ注ぐ
河川です。揖斐川流域のうち、岐阜県内の2市9町を西濃地域と
呼んでいます。西濃地域には、海抜0m地帯の濃尾平野から
1,000m以上の山岳地帯まで多様な地形が存在し、気候や
風土に大きく影響を与えています。

===========================

【内容】
山間地での伝統食づくり・古民家宿泊・地域資源を生かした
エネルギーの見学・竹炭焼き体験・薬草風呂・地産地消が
テーマの「アースデイいびがわ」に参加・西濃のNPOとの交流・
徳山民俗資料館見学・お土産タイム など

*内容は、天候・農作物の作柄などの諸事情により変更する
ことがあります。ご了承ください。

【日程】 2011年10月8日(土)~10月10日(月・祝) 〔2泊3日〕

【対象者】農山村の暮らしに関心のある方・自分の生活を見直して
みたい方・揖斐川流域に興味のある方

【参加費】 15,000円(朝・晩の食材費、施設利用料、体験料、
保険料を含む)
中学生以下は10,000円
※現地までの交通費、期間中の昼食費は各自ご負担ください。

【募集人数】 15名

【募集締め切り】 9月30日(金)

【集合場所】 自家用車の方は10月8日の11:00に、久瀬振興事務所に
お越しください。
[久瀬振興事務所] 岐阜県揖斐郡揖斐川町東津汲875-1
電車で来られる方は、養老鉄道揖斐駅に10:15にお越しください。
[養老鉄道ダイヤ]9:49大垣駅発~10:13揖斐駅着

【持ち物】 宿泊に必要なもの(タオル・寝間着・歯ブラシなど)
運動靴など動きやすい服装

【申し込み方法】 下記の申し込み先まで、メール、FAX、電話
にてお申し込みください。その際、次の項目にいてお知らせください。
○名前・人数(中学生以下の方の人数も)
○年齢(保険手続に必要なため)
○性別
○住所
○交通手段(自家用車or公共交通)
○電話番号、携帯電話、FAX、メールアドレス

【申し込み・問い合わせ先】
NPO法人泉京・垂井
〒503-2121 岐阜県不破郡垂井町1791番地1
TEL/FAX 0584-23-3010
e-mail info@sento-tarui.org
HP http://sento-tarui-blog.cocolog-nifty.com/blog/

-----------------------------

イベントチラシは下記からダウンロードできます(PDFファイルです)↓
「いびがわ体験ツアーチラシ表」をダウンロード
「いびがわ体験ツアーチラシ裏」をダウンロード

文章:藤田

2011年度もリサイクル体験広場に参加しています!

こんにちは、坪井です。

今回は、垂井町が主催で実施している
リサイクル体験広場について報告します。
リサイクル体験広場は2011年1月から始まり、
毎月一回実施されています。

1月から3月までの様子は、以下の記事をご覧ください。
◆リサイクル体験広場に参加しています◆

泉京・垂井は今年度も継続して、垂井町に協力して
ごみの資源化や減量化の事業を進めていきます。
7月末までに、4月17日、5月22日(雨天のため途中で中止)、
6月26日、7月24日の4回が開催されました。


Img_1260s
↑プラスチックの分別が一番複雑で知識が必要です。

1107248s
↑トラックに山積みの資源物。


回数を重ねるたびに、町民のみなさんの来場が増えてきて、
リサイクル体験広場の認知度が高まったことを実感します。
実際に広場で資源物の搬入や分別を体験すると、
どのようなものが資源になるのかがわかるようになります。
まだ体験していない方は、ぜひとも広場へお越しください!

今後のリサイクル体験広場は
9月11日で、いずれも午前9:00~11:00です。

詳細はこちらをご覧ください。
◆垂井町広報7月号(PDFファイル)◆


文章:坪井

被災者の方々を鵜飼へご招待しました

こんにちは、宇都宮です。

報告がおそくなりましたが、6月25日に
岐阜市の主催で県内に避難しているご家族を
鵜飼いにご招待するというイベントがありました。
その鵜飼いに、同行させていただきました。
私たちの支援を知ってもらい、困ったことがあれば
連絡していただくようにお伝えすることが目的です。

乗船場から屋形船に乗り込み、ゆっくりと川を上っていきます。
水面から伝わってくる風がとても涼しく、心地よい夏の夕暮れ時でした。


Ukai3_3
↑鵜飼船いよいよ出発です。

Ukai1_2
↑風が涼しい夕暮れです。


乗船中にお話ししながら、
「何か力になれると思いますので、ぜひ声をかけてください!」と、
それぞれのご家族にお伝えしてきました。
これがきっかけで新しい縁(えにし)につながることを期待しています。

さて食事が終わり、あたりも暗くなった頃、ようやく鵜飼いが始まります。
実は私も鵜飼いを見るのは初めてで、興味津々でした。
次々と魚をとって吐き出す鵜にびっくり!
篝火の雰囲気とても幻想的で素敵でした。
きっと皆さんに楽しんでいただけたかと思います。


Ukai2_3
↑暗い中に浮かび上がる篝火が幻想的です。


私たち受け入れ側としては、イベントのたびに避難されたご家族を招待し、
楽しんで、安らげるひと時を過ごしていただきたいと思います。


また、同日に関市で開かれた樹恩ネットワーク総会で、
新しい縁づくりについて報告させていただきました。
123名の参加者方々は、熱心に耳を傾けてくださり、
会場には募金箱を置かせていただきました。

総会の様子は以下で見ることができます。
◆JUON NETWORK イベント報告◆
http://blog.goo.ne.jp/eventjuon/1

樹恩ネットワークについてはこちらをご覧ください。
◆樹恩ネットワーク◆
http://juon.univcoop.or.jp/


文章:宇都宮、神田

多文化共生のまちづくり協議会設立会が新聞に掲載されました!

こんにちは、坪井です。
報告が遅くなりましたが、4月23日に開催した
垂井町・多文化共生のまちづくり協議会設立会が
岐阜新聞と中日新聞に掲載されましたので紹介します。
どちらも、4月24日の新聞に掲載していただきました。

110424_17
↑岐阜新聞に掲載された記事です(クリックすると拡大します)。

110424_2
↑中日新聞に掲載された記事です(クリックすると拡大します)。


協議会では、今後も日本語会話交流会や
生活相談会を行っていきます。
10月から日本語会話交流会を再開しますので、
みなさま、ぜひともご参加ください!


文章:坪井
 

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ