最近のトラックバック

« たるい・まちづくり・フェスタ2011のお知らせ | トップページ | 垂井で基金訓練の実習です! »

日本語学習支援事業を実施しました!

はじめまして。
2月から泉京・垂井でお世話になっている坪井です。
よろしくお願いします。

初めての報告は、「日本語学習支援ボランティア入門研修」です。
外国人に対する日本語学習支援を行うことができる
日本人のボランティアスタッフを養成するための研修です。

2010年10月2日を皮切りに合計3回開催され、
主催は(財)岐阜県国際交流センター、共催は垂井町、
我々泉京・垂井は企画運営に協力しました。
会場は垂井町中央公民館で、参加者は各回とも約20名でした。
講師はNPO法人多文化共生リソースセンター東海の
代表理事である土井佳彦さんにお願いしました。

各回の様子をそれぞれお伝えします。


◆第1回 10月2日(土)

研修参加者がお互いに自己紹介をし、国内での在日外国人や
日本語教育の状況を学びました。
参考書やお勧めのホームページも教えていただきました。
国際的な人の移動により、日本に暮らす外国人も増えていること、
その一方で、日本国内では少子高齢化が進んでいること、
多文化共生とは、国籍や民族などの異なる人々が互いの
文化的なちがいを認め合い、対等な関係を築こうとしながら
地域社会の構成員として共に生きていくことなどを学びました。


◆第2回 10月16日(土)

まずは「会話をしないで行うコミュニケーション」を体験しました。
ジェスチャーや筆談で意思疎通をするのです。
その後、実際にブラジルや中国からの在日外国人20名と
一緒に訪れたお子さんたち10名が加わって交流をしました。
先ほど体験した会話をしないコミュニケーションを早速実践です!
数人のグループで自己紹介をし、話すことに慣れていきました。
自分のことを伝え、相手のことを理解するのに、
みんなが一生懸命でした。
慣れてきたら、日本語教室を開催することの必要性について
外国人の皆さんに聞いてみました。 
日本の文化体験や自国の文化紹介、きれいな日本語を学びたい、
子供が学校で学ぶことを知りたいなどの意見が出てきました。
垂井では、どんな日本語教室ができるのでしょうか?

Img_0348_4
↑とてもたくさんの方にご参加いただきました!


Img_0350_3
↑手作りのブラジルや中国の郷土料理をご持参頂きました。


◆第3回 10月23日(土)

学習支援を行う日本人と教室に通う外国人の実情を考慮して、
「日本語教室」を実施した場合の内容について考えてみました。
教室の目的や対象者をどうするのか、
その場合、教室の開催日時、頻度、期間はどうなるのかなど
話し合いながら仮決定していきました。
そして、試験的に何度か教室を開催してみようということになり、
後日改めて打ち合わせをすることに決まりました。
こうして、その後3回に渡って開催される「日本語会話交流会」の
内容が決まったのでした。

このように、垂井町は多文化共生の町へ向けて、
一歩ずつ前進しています!

後日、「日本語会話交流会」の様子をお伝えします。


今回お世話になったNPO法人多文化共生リソースセンター東海の
詳細については、以下のサイトをごらんください。

◆NPO法人多文化共生リソースセンター東海◆
 
広報たるい11月号7ページに、イベントの様子が
掲載されています!

◆広報たるい11月号(バックナンバー)◆

 
文章:坪井

« たるい・まちづくり・フェスタ2011のお知らせ | トップページ | 垂井で基金訓練の実習です! »

生涯学習部会」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本語学習支援事業を実施しました!:

« たるい・まちづくり・フェスタ2011のお知らせ | トップページ | 垂井で基金訓練の実習です! »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ