最近のトラックバック

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

西濃環境NPOネットで環境大臣表彰

こんにちは、榎本です。
今年最後の記事は、西濃環境NPOネットワークの
環境大臣表彰のお知らせになります。

これまで、レジ袋の削減やマイ箸の普及、
そして今年度はフェアトレード商品の購入や
マイパック、ドギーバッグの利用推進などに
取り組んできたエコライフ推進プロジェクトが
12月15日に環境大臣表彰を受けました。

揖斐川町での報告を12月19日に終え、
我々もネットワーク構成団体の仲間として
垂井町にて町長への報告を行いました。

その様子が垂井町のホームページに
掲載されておりますので、ご覧ください。

この日は、日本元気大賞の受賞についても
合わせて報告させていただきました。
これで安心することなく、来年も引き続き
環境問題の解決に向けて取り組み、
流域単位の結びつきを強めていきたいと
考えております。

本年の記事はこれで最後になります。
ずいぶんとお知らせしていない記事が多く、
新年にご報告を遅らせることになりますが、
新しい年もよろしくお願いいたします。
みなさま、よい年をお迎えください。

新年は、5日からの事務所開所となります。

◆垂井町 西濃環境NPOネットワークへ”環境大臣賞”◆

◆岐阜新聞web 西濃環境NPOネット、エコライフ推進で大臣表彰◆


文章:榎本

基金訓練の実習が新聞記事になりました!

こんにちは、榎本です。

8月から実施している基金訓練ですが、
輪之内町で行った職場実習の様子が
新聞記事として掲載されました。

輪之内町エコドームでの実習風景を
記事として取り上げて頂きました。
9月29日の岐阜新聞に掲載されました。

この記事は、9月22日の実習の様子で、
この日にはエコドームでの通常作業のほか、
町内にあるいきいき農園の管理作業なども
合わせて行いました。

100929
↑実際に掲載された記事です(クリックすると拡大します)


基金訓練で社会的事業者等の育成を行うという
新規性に注目していただいたということだけでなく、
受講生の満足度が高いことも記事を通して
分かっていただけるのではないでしょうか。
今後も、来年2月まで基金訓練は続きます。
事務所近くへお越しの際は、ぜひ訓練の様子を
ご覧ください。お待ちしております!


文章:榎本

宮代お宝マップが新聞記事になりました!

こんにちは、榎本です。

またまた遅くなってしまいましたが、
昨年度の「生涯学習モデル事業」にて
作成した「宮代お宝発見マップ」が
新聞記事として取り上げられました。

昨年度のモデル事業の実践を通して
作成・完成したお宝マップですが、
その過程、または完成後にも
泉京で開催するイベントの配布資料や
日常生活で利用して頂ける地図として
活用を図ってきました。
主に町内在住のブラジル籍住民を対象に
日本での生活に欠かせない情報を
いくつも記載しています。

100718_2
↑掲載された記事です。(クリックすると拡大します)


泉京・垂井では、今年度も継続して
日本人と外国人相互の交流を促し、
生活情報の提供や文化交流などを
進める事業を行っています。
事業にかかるボランティアの募集も
随時行っておりますので、お気軽に
事務所までお問い合わせください。


文章:榎本

基金訓練初の職業人講話!

こんにちは、榎本です。

またまた遅くなりましたが、基金訓練で
最初の職業人講話を実施しました。
泉京・垂井の基金訓練では、合計4人の
職業人講話を計画しております。
第1回目は、垂井町で飲食店を営む
「和みカフェ・うららか」の上野さんに
出店まで、そして現在のお仕事について
9月29日にお話を伺いました。

和みカフェうららかは、垂井町内にある
体に優しい食事ができるこだわりのお店です。
これまでに、泉京・垂井と協力して
イベントを実施したことがあります。
その様子は、以下の記事をご覧ください。

◆ぶんぶん通信上映会、終わりました!◆


職業人講話では、なぜうららかを出店したのか、
どのような問題意識で食事を提供しているのか、
また地域の中で仕事をする意義や楽しみは
どこにあるのかなどなど、
社会的事業を目指す講座ならではの質問や
会話が飛び交いました。


Dscf6555
↑講話はお店をお借りして実施しました。


会場をお店にしたことで、お話だけでは分からない
実際の店舗の様子や提供される食事などの
詳しいイメージが伝わったことが良い点でした。
講話や質疑応答も和やかにしかし活発に進み、
とても有意義な時間になりました。

受講生の中には、講話のあとにお店に伺い、
食事をしている方もおられます。
これがまた一つのつながり作りになると
垂井にも受講生にもお互いに価値あることです。


うららかの詳しい様子は、以下のサイトをご覧下さい。

◆和みカフェうららか◆


文章:榎本

輪之内で基金訓練の実習です!

こんにちは、榎本です。

基金訓練2ヶ月目の様子をお知らせします。
その中でも特徴的な職場実習の様子を
ご紹介したいと思います。

1ヶ月目は、揖斐川町春日(旧春日村)の
NPO法人 山菜の里いびでの実習でしたが、
2ヶ月目は、輪之内町で活動しておられる
NPO法人ピープルズコミュニティの皆さんに
職場実習の受け入れをお願いしました。

Dscf5781
↑今ではすっかり有名になったエコドームです。


まずは、代表の安田さんより団体についての
紹介をしていただいたのち、エコドーム内で
作業の説明などについてお話しいただきました。

Dscf6448
↑いつも元気な代表理事の安田さんです!


輪之内町エコドームでは、資源物の分別を行い、
環境問題に積極的に取り組むとともに、
回収した資源物の再利用や生ごみ堆肥づくり、
堆肥を使った農園の運営なども行っておられます。

実習では、エコドームでの通常作業の体験、
農園の管理作業、生ごみ回収容器の設置や
堆肥づくりの体験などを行いました。
また、10月2、3日に開催されたイベントでは、
ブース出展のスタッフとしても活動しました。


Dscf6500
↑22日には、新聞社、輪之内町役場の取材もありました!


Dscf6488
↑生ごみ堆肥を施した農園の野菜は元気いっぱい!


Dscf6586
↑ブースでは、布ぞうり作りのスタッフも担いました。


Dscf6453
↑自然環境に配慮した生活を送りたいですね!


ピープルズコミュニティでの実習では、
地元で元気に活動される皆さんの
エネルギーをたっぷりいただいて、
毎日楽しく職場実習ができました。

その後も定期的にイベントのお誘いなどを
いただき、受講生がエコドームへ伺うことも
ある今日この頃です。

Dscf6608
↑名残惜しいほど楽しい実習でした。


お世話になったピープルズコミュニティの
詳しい活動については、以下のサイトを
ご覧ください。

◆NPO法人ピープルズコミュニティ◆

◆輪之内町エコドーム◆

文章:榎本

基金訓練の初実習です!

こんにちは、榎本です!

どんどん報告が遅くなっており恐縮ですが、
基金訓練の様子を定期的に報告いたします。
9月初旬から初の職場実習(現地)が始まりました。
実習地は、揖斐川町春日地区(旧春日村)です。

初回の9月3日の実習を無事に終え、
今日9月6日はお茶畑の管理作業でした。
この日は、先日垂井にて研修を行った
大阪女学院の学生さんも合流しました。

Dscf6233
↑作業を行う場所は、大変な傾斜地です。


まず、午前中は実習受け入れ先である
NPO法人山菜の里いび代表の小寺さんより、
団体の活動紹介をしていただきました。
合わせて揖斐川町役場で農山村地域への
若者定住化を進める部署の職員さんからも
町の施策についてお話いただきました。

Dscf6206
↑受講生も大学生も熱心に聞き入りました。


説明が終わったあとは、集落の散策です。
神社や集落内の空き家、農地などを
いくつか回りながら説明を伺いました。

Dscf6212
↑集落のすぐそばを綺麗な川が流れます。


お昼ごはんを挟んで、午後からは現地作業です。
雑草が生えたお茶畑の除草作業を行いました。
作業をしながら、これは○○という薬草だよ、
これは抜かないでおいておいてね、というように
お茶畑の持ち主のおじいさんから説明を受けつつ
足元に注意しながら作業を行いました。
受講生も大学生も、初めて見るものが多く、
始終感動、感心しながら作業を進めていました。

Dscf6221
↑ただの雑草に見えても薬草がたくさん生えてます!


とても体力を使う大変な実習ではありましたが、
自然の中で体を動かすこと、身近にあっても
知らないものがたくさんあることなど
多くのことを学んだことで、とても清々しく
実習を終えることができたと思います。
受講生はまた明日、来週も春日で実習ですが、
大阪女学院の学生さんは今日一日で
春日とはお別れとなり、とても残念そうでした。


Dscf6142
↑素敵な春日にまたいらっしゃい!


◆NPO法人山菜の里いび◆

文章:榎本

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ