最近のトラックバック

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

合原小学校にてインターネット安全教室

こんにちは、榎本です。

今年度も町内の小学校にてインターネット安全教室を
実施させていただいております。
今回は、6月30日(水)に合原小学校にて実施しました
安全教室の様子についてお知らせします。


合原小学校では、5、6年生とその保護者の皆さんに
ご参加いただいて実施することになりました。
生徒についてはケータイの機能をよく知っていて、
実際に使ったことがあるということでした。
安全教室の間は熱心に話に耳を傾け、
問いかけなどにも積極的に対応してくれました。

Photo
↑問いかけのほか、意見を聞いて交流する時間も作りました。


しかし、安全な使い方については、保護者でも知らないことがあり、
またウィルスのことをはじめて知ったという生徒もあったため、
この安全教室を受講してとてもよかったという意見などが出ました。


次回は、東小学校の安全教室の様子をお伝えします。


文章:榎本

多文化共生相談会を開催しました!

こんにちは。
ご報告が遅くなりましたが、6月27日に開催しました
「ブラジル籍住民との相談会」の様子をお知らせします。


垂井町で外国籍住民のための相談会が開かれました。
主催は垂井町、我々NPOは共催として関わりました。
垂井町では初めての試み。今回はブラジル人が対象です。
内容は、「弁護士による法律相談」
「行政担当者による子育て相談」
「情報交流会」の三本立て。

ブラジルでは経験しない台風などの風水害、地震などの
災害について不安の声がでました。

自分がどこに住んでいるのか、大きな災害が起こった時に
どこにどうやって避難するのか。
垂井町発行の災害マップにしるしをつけながら、説明を聞く人。
日本語の地図では自分の居場所がわからない。
(そうそう、日本人だって外国に行ったとき、英語表記があると
なんとかわかるけれど・・・。そうでなければ、わからない)

Dscf6604
↑防災地図やお宝地図を使い、日常の疑問について話し合いました。


昼食時には、手料理を持って集まった20人近い住民(ブラジル・
日本両方)で楽しく「味の交流会」。
ブラジルの人から、日本の料理を覚えたいという意見。
2010年2月28日の「料理交流会」での『ちらしずし』につづき
今度は・・・。
「お好み焼き」「なべ料理」などとアイデアが出てきました。
「ふれあい垂井ピア」にブラジルの人で出店したいという話も・・・。

Pict0034
↑お昼には、持ち寄りで賑やかに食事会を行いました。


Dscf6614
↑かるたや剣玉なども使って、交流の時間をたくさん作りました。


どうすればいいかわからない時、どこに聞けばいいのかわからない時に
言葉の壁があり、うやむやになって、仕方ないで終わらせていましたが
「トリオフォン」というサービスを使うことで、一歩が踏み出せることを
知ってもらいました。

はじめての試みでしたが、
課題もいくつか出てきました。
「言葉の壁」「心の壁」を少しでも低くするためのスタートを切りました。

Dscf6605
↑トリオフォンを初めて使いました。緊張しつつも満足そうな参加者。


その他にも、他人にはなかなか相談できない深刻な悩みも寄せられ、
法律相談も有効に活用されました。

あれをしたい。これもしたい。といろいろ構想は広がっていますが、
まず、できることから少しずつ。
7月11日はブルーベリーハウス訪問にも外国籍の人を誘っています。
外国籍の人と知り合うきっかけづくりの場をこれからも提供していきます。

Dscf6604_2
↑アンケートにもご回答いただきました。


Dscf6625
↑最後には、みんなで今日の振り返り。新しい課題も見付かりました。


みなさんどんどんご参加くださいね。


文章:杉本、榎本

所秀雄さん生誕92周年記念学習会

こんにちは、榎本です。

すっかり報告が遅くなってしまい恐縮ですが、
6月26日(土)に垂井町文化会館にて開催しました
「所秀雄さん生誕92周年記念学習会」の様子を
お知らせしたいと思います。
当日は、町内外から100名近くの方にお越し頂き、
大変盛況な会となりました。


垂井町では、昨年度3月の議会にて
「垂井町まちづくり基本条例」が承認され、
住民主体、自主自立したまちづくりの推進が
進められることとなりました。
実際にこの条例が施行されるのは
来年度の4月からとなるわけですが、
それまでに行政、住民それぞれの立場で
一体どのようにこの条例を使っていくのかを
真剣に考え、議論し、認識を深めていく作業が
必要になってくると思います。
そのためにも、生前に同じくまちづくりの条例を
検討し起草された所秀雄さんの思いを引き継ぎ、
生誕記念の会を条例について考える場としました。

中川町長に垂井町のまちづくりの方針を、
そして桐山さまに所さんが生前活動しておられた
「垂井を愛する会」の活動についてお話いただき、
これまでのまちづくりのあり方や将来像について
参加者の皆さまとの情報共有を行いました。

Dscf6504
↑中川町長にまちづくりの基本方針についてお話頂きました。


Dscf6506
↑桐山さまには、これまでの活動を振り返って頂きました。


次は、垂井町まちづくり基本条例の策定に関わった
委員の有志によるまちづくりの寸劇が行われました。
まちづくり基本条例って一体どんなもの?
住民主体のまちづくりってどういうこと?
垂井町内にも色んな活動をしている人がいるの?
などを分かりやすく寸劇にして紹介して頂きました。

Dscf6519
↑有志「たるい・まちづくり笑劇団」の寸劇です。


最後には、中川町長、若山副町長にもご出演頂き、
垂井町のまちづくりをみんなで楽しく頑張るぞ!
と、締めくくりました。

Dscf6553
↑参加者も一緒に、みんなで垂井のまちづくり!


休憩を挟み、後半は座談会でした。
若山副町長、まちづくり基本条例の担当課である
企画調整課の職員さんにもご参加頂き、
これからのまちづくり基本条例の進め方や、
それぞれの個人、団体が行ってきた活動について、
現在抱えている課題や問題点について、
垂井町と住民が協働して行っていきたい事業など
色々なテーマについて話し合いました。
内容も、環境、福祉、多文化共生、ごみ問題など
多種多様なものになりました。

Dscf6568
↑普段感じておられる事を色々と話して頂きました。


限られた時間の中でのイベントだったため、
参加された方全てにご発言頂けませんでしたが、
今回のような機会をこれからも頻繁に作り、
垂井町のまちづくりを推進していくための
足がかりにしていけたらと考えております。

Dscf6579
↑来年以降も、学習会は継続していきます。


今回で3回目となる所秀雄さん生誕記念学習会ですが、
これからも毎年継続していきたいと考えております。
町内の方に限らず多くの方にご参加いただき、
共にそれぞれの地域のまちづくりを考える機会を
作っていくことができれば我々も嬉しく思います。

当日は、大垣ケーブルテレビ、中日新聞に取材いただき、
大変感謝しております。ありがとうございました。


文章:榎本

表佐小学校でインターネット安全教室!

こんにちは。

昨年度の垂井小、そして今年度の宮代小に引き続き、
今回は6月22日に表佐小学校にて
インターネット安全教室を開催しました。
対象は、小学校5年生と6年生でした。

今回は高学年が中心ということもあり、
兄弟や自身が携帯電話を持っていたり、
使ったりする経験がある生徒が多かったです。
そのため、携帯電話の多種多様な機能について
紹介したり説明したりできる生徒についても
とても多くいましたし、興味や関心が非常に強く、
熱心に話に聞き入って耳を傾けていました。

Osa1
↑セキュリーナと一緒にインターネットの使い方を学ぼう!


ただ、携帯やメールに関して実際に起こった
様々なトラブルなどについては知らない生徒が多く、
話を聞いてびっくりしたり考えさせられたりと
色々な意見が生徒から発表されました。

Osa2
↑感じたことについて色々と話し合いました。


今後、携帯とどのように関わっていくかを考える上では、
とても重要なことだと改めてスタッフも考えさせられました。


次回は、合原小学校での様子をお伝えします。


文章:廣瀬、榎本

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ