最近のトラックバック

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

垂井のお宝マップ、ひとまず完成!

榎本です。

記事が前後しますが、2009年度に実施してきた
「岐阜県地域づくり型生涯学習」モデル事業において、
参画者の皆さんと一緒に作り上げた地図の完成版が
印刷されましたので、お知らせします。

1年間の活動を通して何度も修正を行い、
ようやく宮代地区のお宝マップの完成版を
印刷できるところまで漕ぎ着けました。
まだまだ、改良するところはたくさんあり、
今後も修正を続けていくことにはなりますが、
ひとまず地元の方や観光に来られる方に見ていただき、
垂井のお宝を知っていただければと思います。

Dscf6262
↑町内の公共施設やお店に設置して頂く予定です。


既に、いくつかのお店には設置をお願いし、
お持ち帰りいただけるようになっておりますので、
この地図を見かけられた際にはぜひ手に取って
垂井の良さを改めて確認していただきたいものです。


文章:榎本

アースデイ岐阜、出展のお知らせ

こんにちは、榎本です!

4月号の岐阜咲楽にも掲載されたようですが、
4月25日(日)にJR岐阜駅北口において
岐阜で初めてのアースデイが開催されます!

我々が普段から懇意にさせて頂いているお店などが
当日はブース出展、協賛しておられることもあって、
我々NPO法人泉京・垂井が団体会員として関わる
「西濃環境NPOネットワーク」名義で
環境ブースに出展することとなりました!

アースディ岐阜の詳細については、
以下のウェブサイトをご覧ください。

◆地球のことを考えて行動する日 アースデイ岐阜 2010◆
Logo


またアースデイ募金も協力店において募集中です!
当日は、皆さんのお越しをお待ちしております♪


文章:榎本

春の水環境ウォーキング、終わりました!

榎本です。

毎年恒例の春の水環境ウォーキングを
4月4日に開催しました。
その様子について、お知らせします。


当日は、町内外から28名の参加者が集まり、
中には垂井町在住のブラジル籍の方たちも。
スタッフも含めて33名でウォーキングに出掛けました。

Dscf5705
↑今年は桜の開花が早く、花の見頃でした。


まずは、垂井駅から文化会館、そして堤防を通り、
表佐(おさ)地区に入っていきました。
工場が立ち並ぶ一帯を抜けると、
昔ながらの雰囲気がある集落に入ります。

集落の入り口に当たるお地蔵さんのお堂にて、
地元の方に表佐の紹介をしていただきました。

Dscf6300
↑向かいに神社、脇に道標がある集落の入り口です。


集落を通り抜ける途中にも、井戸や洗い場などの
水にまつわる設備やその面影が残っています。
地下水が噴き出す「ガマ」が至るところに見られる
垂井町内でも水の豊富な地域です。

Dscf6304
↑敷地内に井戸と洗い場のあるお宅です。


垂井町内には、多くの古墳が残っていますが、
この鬼塚古墳もそんな古墳の一つです。
悪さをした鬼を大きな石で下敷きにしたという昔話が
残っている場所です。

Dscf5710
↑形もしっかり確認できる古墳です。


次は、地元の人に今でも利用されている湯壷です。
お湯がぐらぐら沸くように水が噴き出す様子を例えて、
湯壷と呼ばれているそうです。
表佐地区には、他にも湯壷がいくつかあるようです。
この日は、洗い物をする地元の方はおられませんでしたが、
これから暖かくなると姿を見かけることも多くなるでしょう。

Dscf6319
↑この時期だと、水温15度は少し暖かくて気持ち良いですね♪


そして、また集落内にある洗い場やガマを見ながら、
きれいな水のある場所を住みかにしている
「ハリヨ」という魚がいる池へと向かいます。

Dscf6339
↑いました!初めて見たという方もたくさんおられました。


Dscf6342
↑美味しい湧き水は口当たりもよく、喉の渇きを癒してくれます。


さらに歩みを進め、中川のほとりを歩いていきます。
途中、ひっそりと蜂蜜を売る売店や、お麩屋さんなど、
なかなか気付かない隠れた名店にも立ち寄りました。

表佐地区は、水の豊かな場所である一方で、
氾濫すると非常に危険な場所でもありました。
地区内に分散した墓地がいくつもあると、
生活用水に汚い水が混ざる危険性があること、
また、墓地の管理を地区全体で行うという考え方に基づき、
地区内には立派な共同墓地があります。
ここでは地区の一大行事として、毎年お祭りが行われます。

Dscf6352
↑共同墓地の由来については、不明な部分も多いそうです。


中川は、泥川、そして揖斐川へと流れ込む河川で、
昔は水運に使われていた地元では重要な川だったそうです。
昔の湊跡も西と東の二つが残っているのですが、
証明する確実な資料が見付からないそうで、それが残念です。
この日は、西の表佐湊跡に立ち寄りました。

Dscf6356
↑昔は材木や瓦の水運に利用されていたようです。


そして、神社の敷地内に古墳がある勝神社、一色八幡宮を
順々に周りながら、朝の集合場所まで戻ってきました。

Dscf6359
↑垂井町内は古墳がいっぱいですね!


3時間にも渡る長丁場のウォーキングではありましたが、
参加者の皆さまには大変楽しみ、喜んでいただき、
我々としても非常に嬉しく思っております。
ウォーキングの終了後には、希望者はスープ屋さん、
そしてその後は相川の堤防沿いで花見を行いました。
天気が少し心配な一日でしたが、風もなくよく晴れ、
絶好の花見日和となりました。


Dscf6368
↑名物の鯉のぼりも気持ち良さそうに泳いでいました。


来年の春の水環境ウォーキングへのご参加も
会員一同お待ちしております!!


文章:榎本

ぶんぶん通信上映会、終わりました!

こんにちは、榎本です。

3月21日に開催した「ぶんぶん通信 no.1」の
上映会+講演会の様子をお知らせします。
これは、今年6月から全国で自主上映会が始まる
「ミツバチの羽音と地球の回転」という映画の
制作ドキュメンタリー作品です。

会場は、垂井町内にある「和みカフェ うららか」。
落ち着いた雰囲気でゆったり見て欲しい作品ですので、
うららかさんにご協力いただき、会場をお借りしました。

Dscf5704
↑宣伝もしっかり行い、35名が参加されました。


現在、27年にも渡って反対運動が続いている
山口県上関町に建設予定の「上関原発」。
映画「ミツバチの羽音と地球の回転」では、
この一連の出来事にまつわる地元での取り組みと、
既に持続可能なエネルギーを活用した地域づくりを
進めているスウェーデンの取り組みを対比させ、
これからのエネルギー問題のあり方について
どのように考えていくのかを訴えかけています。

Dscf5691
↑作品の中では、初めて聞く話もたくさんありました。


約70分のドキュメンタリー作品を見ていただき、
そのあとは実際に映画の製作にも関わられた
冨田貴史さんからお話をしていただきました。

Dscf5701
↑参加者の皆さんから、多くの質問をいただきました。


講演会では、映画の制作過程に関わるお話や
地元の方々がどのように毎日を過ごしておられるか、
そして原子力発電に反対、賛成という前に
一体原子力発電とはどのようなものなのかを
もっと詳しく知り、じっくり考える必要があるのではないか
という話が中心になりました。
そして、賛成、反対の対立を越えた合意形成の方法を
地域住民、そして日本国民、果ては世界の人々が
考えていかなければならないのではないか、
といったところまで広がっていきました。

映像70分、講演+フリートーク2時間もの
非常に長く密度のあるイベントでしたが、
参加された皆さんからは「とても良かった」、
「またno.2、no.3も上映会を開催して欲しい」
などのご意見、ご感想をいただきました。
上関原発の話も、日本での原発問題についても、
現在何一つ解決されていない状況です。
まずは今何が起こっているのかを私たちが知り、
行動につなげていくことが重要なのではないでしょうか。

Dscf5702
↑皆さんとても熱心に冨田さんのお話に耳を傾けていました。


今回のイベントは、岐阜県環境管理技術センターの
「環境教育実施NPO等市民団体活動助成金」により
開催させていただきました。


今回の上映会+講演会に関する情報については、
以下のサイトをご覧ください。
イベントでは、下記に関連する書籍や映像作品の
委託販売も同時に行いました。

◆『ミツバチの羽音と地球の回転』オフィシャルサイト◆

◆祝島ホームページ◆

◆ストップ!上関原発!◆

◆『六ヶ所村ラプソディー』オフィシャルサイト◆

◆山口県上関町◆


いずれ、垂井町にて「ぶんぶん通信 no.2」の上映会を
開催させていただきたいと思いますので、
今回参加された皆さん、そして残念ながら参加できなかった方、
ぜひ次の機会に上映会の会場まで足をお運びください。


文章:榎本

ハイチ報告会が新聞記事になりました!

こんにちは、榎本です。

遅くなりましたが、2月27日に開催しました
「ハイチ現地報告会」の岐阜会場の様子が
毎日新聞に掲載されましたので、お知らせします。

Photo_2
↑熊谷さんの講演内容を詳しく紹介して頂きました。


記事の中に我々の団体名が出ていないのが
とても気になるのですが、
垂井町、そして岐阜市の皆さんに
ハイチの現状を知って頂く機会を作ることができ、
スタッフ一同とても満足しております。
熊谷さんは、3月末にハイチの現地へ向かい、
支援活動を行っておられるとのことです。

泉京・垂井の事務所では、引き続き募金を集め、
ハイチ復興支援のお手伝いをしたいと考えております。


文章:榎本

インターネット安全教室、開催しました!

3月18日(木)に垂井小学校にて
「これだけは知っておきたい!
 小中学生のためのインターネット安全教室」
を開催しました。

参加者は6年生と5年生の児童です。

小学校卒業を控えた6年生はとても静か、
対する5年生は活発で、
ケータイで何が出来るかもよく知っていました。

Cimg5308
↑みんな熱心に説明を聞いていました。


迷惑メール、脅しメール、なりすましメール、
個人情報などについて具体例をあげた講師の解説に続き、
ビデオの上映も合わせて行いましたが、
どちらの学年も真剣に聞き入っていました。

Cimg5316
↑簡単なクイズも行いました。正解はどれかな?


ケータイのさまざまな機能など、『光の部分』は、
たくさん情報があふれているので
よく知っている子もいましたが、
ケータイによるトラブル・被害・加害など『影の部分』については、
「自分の身には起こらないだろう」という気持ちから、
あまり知らないようです。

十分な知識をもったおとなが子どもたちのまわりにいるでしょうか。

子どもたちと一緒におとなの方もケータイの光と影について
知ってほしいと思っています。

車に乗る前には”自動車教習所”へ、
インターネット・ケータイをやる前には”
インターネット安全教室”で
ルールやマナーについて考えて欲しいものです。

文章:藤墳、榎本

新年以降もマルシェ開催しています!

こんにちは、榎本です!
新しい年度に切り替わり、気持ちも一新です♪


2月、3月もまちまちマルシェを実施しました。
2月4日と3月15日にそれぞれ開催しました。
冬場ということで野菜も少なくなっており、
リユース市が中心のマルシェになりました。

Dscf5630
↑会員さんの畑から、採れたての野菜が届くことも!


今年はようやく暖かくなり始めましたが、
桜の季節も早く、お花見にぴったりの週末です。

明日4日は、垂井町の水環境を巡るウォーキング、
そして明後日の5日は4月のまちまちマルシェを
開催しますので、ぜひ事務所へお立ち寄りください。


文章:榎本

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ