最近のトラックバック

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

つながることこそ 住民POWER

3月6日に開催した生涯学習モデル事業最終報告会の
様子についてお知らせします。


さまざまなことがありましたが、
ねばりづよく、参加住民によって進めてきた
「地域づくり型生涯学習」モデル事業の最終報告会を
3月6日に文化会館小ホールでおこないました。

当日は、我々泉京・垂井が中心に活動を行った
「垂井のお宝広め隊」、
そして「みんな集まれ垂井っ子(MAT)」が
それぞれ一年間の活動を振り返り、報告を行いました。

Dscf5781
↑なんと75名もの方にご参加いただきました!


「地域づくり型生涯学習」モデル事業とは、
地域住民が取り組むべき地域課題を選定し、
課題解決に利用可能な情報や活動主体を結びつけ、
地域課題を解決する計画を立て、
これに従って課題解決を実践していく
先導的なモデルとなる事業です。

垂井町で、このような住民主体の地域づくり活動が、
つぎつぎと展開できたのはなぜでしょう。
また、参加者がつぎつぎと増えていったのはなぜでしょう。
それは、特別なことではなく、
住民のもっている願いと力が出会い、
つながることができたからです。
その結果、それぞれの人たちの願いや力が
相乗効果をひきだし、いくつかの活動成果になりました。


9月には、宮代古道を歩こう、
11月には、外国籍の方たちと一緒に歩き、お茶体験をしよう、
2月には、外国籍の方たちと一緒にお料理パーティと
話し合いをしよう、などの活動が作り出されました。


それぞれのイベント詳細は、以下の記事をご覧ください。

◆生涯学習モデル事業で宮代古道を歩きました!◆

◆宮代今昔発見ウォーキングと茶道体験、実施しました!◆

◆お料理交流イベント、終了しました!◆


どの活動にも、参加者みんなが必ず、
思っていることを話し合う場を大切にしてきました。
そこで新たな情報や課題を見つけあい、
互いに取り入れたり、
つながったりできたのだと思います。

Dscf5776
↑今年度の大きな成果の一つ、お宝マップです!


どんな活動にも参加者がいますが、
その参加者同士がつながることや
次の課題をみつけることはあまりありません。
話し合いを重視する中で、課題解決に向けて、
住民主体の力が発揮されます。
その結果、参加者が次の活動の参画者になり、
企画・運営に関わり、あるときは講師になり、
地域づくり活動を作り出すことができました。
参加された方々がいきいきと
最終報告会で話されているのを聞いて、
とても心をうつものがありました。

Dscf5799
↑活動の参画者3名が活動への思いを語りました。


参加者から参画者として主体的に活動された
結果だからです。
全く、面識もなかった人と人が、
垂井のすばらしさやよさを広めたいという
願いをもって出会い、
話し合いを重ねながらつながり、
その人がもっている力を発揮する場を
それぞれがみつけあい、
垂井のお宝を広め隊というチームワークを
つくることができたということが
実際に検証できたモデル事業でした。
このことこそ、地域づくり活動における
一番の宝だといえると思います。

これまでの活動の様子の一端については、
このブログの過去の記事をみてください。
イベント以外にも、何度も何度も打ち合わせを行い、
一年間の活動を実施してきました。
カテゴリ「生涯学習部会」にまとめられています。


また、県のポータルサイトからもご覧になれます。
◆平成21年度「地域づくり型生涯学習」モデル事業ホームページ◆

今後も、垂井のお宝広め隊は、近くで活動していきます。
あなたの興味・関心・力を、活かして参画者になってください。


文章:藤墳、榎本

西濃環境NPOネットワーク研修会 in 大野

榎本です。

日にちが前後しますが、2月27、28日に開催された
西濃環境NPOネットワークの研修会に参加しました。
今年度最後の研修会は、大野町で開催されました。

27日は、すっかりお馴染みとなった揖斐川町谷汲の
「ラーニングアーバー横蔵」で懇親会と宿泊、
翌28日は役員会ののち大野町へと移動して、
地元のNPO法人の取り組みについてお聞きしました。

今回、活動紹介をされたのは「NPO法人里山会」です。
地元の森林整備を行いながら、里山での散策コースや
自然空間の保全活動をされている団体です。
活動拠点となっている森林散策コースを案内して頂きました。

Dscf5351
↑大野町の森林空間総合整備事業の対象地です。


この大規模な森林は、大野町の最北部に位置し、
標高398mの滝谷山や標高356mの大谷山を含み、
ふもとには運動公園やレインボースタジアムがあります。
岐阜地域までが見渡せる非常に景色のよい場所で、
垂井町からほど近い場所にこんな素敵な空間があったとは!
と楽しく散策をさせていただきました。

Dscf5358
↑大谷山に登る途中の休憩場所から見た濃尾平野。


この日は、前日からの雨で足元が悪かったため、
散策の時間がそれほど多く取れませんでしたが、
改めてイベントなどで訪れてみたい場所です。

また、森林整備で特に気になるのがごみのポイ捨てです。
全国でも地元の方が色々と工夫されて取り組まれていますが、
抜本的な解決には至っていないのが現状だと思います。
この散策コースでは、チェーンソーアートを活かして、
山の神様を至るところにおまつりしてあります。

Dscf5773
↑山の景色にぴったりのとても素敵なアイデアです。


倒木や間伐材の手入れも近年では大きな問題ですから、
一石二鳥の興味深い取り組みです。

Dscf5355
↑昔からおられる仏さまも、しっかり見ておられますよ。


まだまだ寒さの残る森林散策ではありましたが、
凛とした空気と広々と広がる景色を堪能できた
とても楽しい数時間でした。

Dscf5362


今回お世話になったラーニングアーバー横蔵については、
以下のホームページをご覧ください。

◆ラーニングアーバー横蔵◆


文章:榎本

ハイチ報告会がメディアで取り上げられました!

榎本です。

2月27日に開催した「ハイチ現地報告会」の様子が
中日新聞に掲載されました。
また、NHKの当日夕方、翌朝のニュースでも、
岐阜会場の様子が紹介されました。


100228a
↑垂井会場の様子が紹介されました。

垂井、岐阜会場での報告会終了後も、
各地で熊谷さんの講演が行われています。
皆さんも近くで講演会が開催されましたら、
ぜひ一度会場まで足をお運びいただき、
ハイチの様子を知って頂ければと思います。

お料理交流イベント、終了しました!

榎本です。

またまた報告が遅くなってしまいましたが、
先月末の2月28日(日)に開催しました
「お料理パーティー&話し合い」の様子について
お知らせします。

これまでにも、垂井町在住の外国籍住民に向けて
垂井のまち歩きや真禅院でのお茶会などを開催し、
交流の機会を作ってきた経緯があります。
今回は日本とブラジルの料理をお互いに教え合い、
交流を深めていこうという趣旨でイベントを開催しました。

Dscf5366
↑全員が集まるまで、折り紙作りをしました。


今回は、28名の方に参加していただきました。
うち、日本国籍14名、ブラジル国籍14名でした。
ブラジル国籍の方14名のうち6名は、
前回のお茶会にもご参加いただいた方たちです。

Dscf5373
↑素敵なひな人形が出来ました。では、お料理開始です!


今回のお料理イベントでは、日本の料理としてちらし寿司、
ブラジルの料理としてとうもろこしのケーキを作りました。

Dscf5377
↑それぞれ料理の作り方を確認しましょう♪


食べたことはあるけれど、作り方が分からない料理、
食べるのも見るのも初めての料理、
色々とお互いに教え合いながら作業を進めていきます。

Dscf5380
↑とうもろこしのケーキはお砂糖がたっぷり!


Dscf5395
↑ちらし寿司には、かまぼこのちょうちょを乗せます。


お子さんは学校で日本の料理を食べる機会がありますが、
お父さんお母さんはなかなか作り方が分からないもの。
今回は、時間の都合ですし飯を事前に準備しておいたので、
空いた時間に作り方をお教えしました。

Dscf5407
↑皆さん、熱心に説明に聞き入っていました。


最後に盛り付けをして、完成!
参加者からは笑顔があふれ、温かいひとときになりました。
参加者の方にお持ちいただいたブラジルのおかずも加わり、
おやつの時間とは思えないにぎやかな食卓になりました。

Dscf5412
↑フェアトレードのコーヒーにも加わってもらいました。


参加された方からは、
「こういうの初めて!来てよかったわっ」
「わたしたちも同じ」
と、あちこちのテーブルで盛り上がりました。

食事のあとは、全員で懇話会を行いました。
普段の生活で直面している問題や分からないこと、
こんなことがあったら良いな、などなど…。
これまでは当たり前のようでも気付かなかったことが、
お互いに交流することでどんどん見付かっていきました。
まだまだ道のりは長いことでしょうが、
共通理解の場ができ、次の活動に繋がったことで、
新しい動きをどんどん作っていけるのではと思います。

Dscf5420
↑垂井町役場の方にも入っていただき、懇話会を行いました。


今後の協力をお願いできる新たな参加者も増えたことで、
多文化共生の取り組みを推進させていきたいものです。


文章:榎本

ハイチ報告会、終了しました!

榎本です。

遅くなりましたが、先月2月27日に開催しました
「ハイチ大地震現地報告会」の様子をご紹介します。

報告会は、午前の部を垂井町、午後の部を岐阜市にて
それぞれ開催しました。
講師は、現地で支援活動を行うNGO団体「ハイチの会」の
熊谷雄一さんでした。
熊谷さんのプロフィールについては、イベント告知の記事を
ご覧いただければ幸いです。

◆“ハイチ大地震”緊急チャリティー講演会のお知らせ◆


午前の部は、垂井町文化会館にて開催しました。
参加者は32名で、主に町内の方にお越し頂きました。
熊谷さんからは、震災後の現状やその後の対応について、
また震災前のハイチの人々の暮らしなどについての
お話を中心にしていただきました。

Dscf5309
↑まずは、ハイチの場所を確認します。


Dscf5324
↑ハイチの生活については、知らないことばかりでした!


同時にハイチの会への活動支援募金を会場にて行い、
募金いただいた74,068円と25セント全てを
ハイチの会を通してハイチの復興支援金としてお渡ししました。

Dscf5318
↑参加された皆さんの関心も高く、質問が多く出ました。

午後の部は、岐阜市の県民ふれあい会館で開催しました。
参加者は午前の部と同じく32名でした。
こちらの会場では、メディアの方にも多く来ていただきました。

Dscf5338
↑こちらの会場でも熊谷さんが分かりやすく説明して下さいました。


最貧国と言われているハイチの生活について知るにつれ、
我々日本人に一体何が出来るのだろうかと考えさせられます。
足元や草の根的な活動をこれからも継続していくだけでなく、
社会の仕組みそのものを見直す必要があるように思います。

Dscf5341
↑皆さんとても熱心に熊谷さんの声に耳を傾けていました。


こちらの会場では、6,820円の募金があり、
垂井の会場と同じく全てハイチの会にお渡ししました。


一体、我々はこの大震災から何を学ぶのでしょうか。
熊谷さんの講演でもありましたが、
日本が世界と繋がっていること、
我々の生活が他国に様々な影響を与えていること、
そしてそれらの国でも生活している人がいることを
我々は今まで以上に意識しなければならないのでは
ないでしょうか。
今回の講演会は、そのための取り組みの第一歩であり、
多くの方にハイチやその他の危機的な状況にある国々の
現状を知っていただく機会になれば幸いです。

今後も、泉京・垂井の事務所などで継続して支援金を
募りたいと思いますので、ご協力をよろしくお願いします。


文章:榎本

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ