最近のトラックバック

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

生涯学習モデル事業を実施しました!

榎本です。

先日、12月19日(土)に地域づくり型生涯学習モデル事業の
これまでの振り返りを行いました。

「垂井のお宝広め隊」、「みんな集まれ垂井っ子(MAT)」
それぞれのグループからの活動報告があり、
その後は岐阜大学情報メディアセンター 益川浩一准教授の
指導、助言等が行われました。

Dscf1688
↑泉京・垂井のメンバーも関わる「垂井のお宝広め隊」です。


Dscf1694
↑「MAT」の発表の様子です。


益川先生は非常にお忙しいようで、
これまで開催したイベントにも全くご参加頂けなかったため、
具体的な指導・助言は頂けませんでしたが、
我々はこれからも町内外のネットワークを最大限に活用し、
垂井町のまちづくりを更に展開していきたいと考えております。


次回は、年明け1月13日に活動を実施します。


これで今年の事務局ブログは終了です。よいお年を!!


【追記】
岐阜県人づくり文化課のホームページにて、
イベントの様子が掲載されました。
合わせてご覧ください。

◆平成21年度「地域づくり型生涯学習」モデル事業ホームページ◆


文章:榎本

宮代ウォーキングが新聞記事になりました!

こんにちは、榎本です!


先日12月24日の朝日新聞(岐阜版)の朝刊に、
11月28日のイベントの様子が掲載されました。
我々泉京・垂井のメンバーからのコメントも
掲載されていますので、ぜひご覧ください。

新聞記事は、以下の通りです。

091224_5


今後も、生涯学習部会の事業は展開していきます。
多くの方にイベントの運営や企画にご参加いただき、
よりよい活動を行っていきたいと考えております。
来年も、垂井町へぜひお越しください!!


文章:榎本

12月まちまちマルシェ、開催しました!

こんにちは、榎本です!

今月も、まちまちマルシェを開催しました。
今回は17日の木曜日、曜日が変わって二度目の開催です。
今回は垂井町で農業をされている高木さんにも来て頂き、
旬の野菜販売とリユース市をいつも通り実施しました。

Dscf5185
↑今月は、ねぎや白菜、水菜などお野菜いっぱいでした♪


そして、今回も町内の喫茶店オーナーさんのご協力で、
はんぺんしゅうまいやスイートポテト、さつま芋大福など
スイーツやおかずなども出品して頂きました。

Dscf5187
↑里芋とえびのコロッケは、絶品です☆


リユース市も繁盛し、賑やかなマルシェになりました。
マルシェ終了後は、月一の会議を行いました。

来月は、年明け1月14日(木)の開催となります。
皆さま、ぜひお越しください。掘り出し物もたくさんありますよ!


文章:榎本

中部の未来創造大賞にて「特別賞」を頂きました!

こんにちは、榎本です。


12月14日に行われた中部の未来創造大賞の表彰式にて、
「西濃環境NPOネットワーク」、
「西濃地域エコライフ推進プロジェクト実行委員会」が
特別賞の「中部経済連合会賞」を受賞しました!!

Dscf5173
↑表彰式には、神田と榎本が参加しました。


この活動には我々NPO法人泉京・垂井も参加し、
理事の神田浩史が副会長と実行委員長を務めています。

西濃エコライフ推進プロジェクトは、西濃地域23のNPOが協力し、
ごみ減量化や地球温暖化の防止を目的としたさまざまな活動を
西濃2市9町の市民、事業者、行政が協働し取り組む活動です。
各地での植樹活動、レジ袋の辞退やマイ箸の持参をはじめ、
現在試行中の惣菜バイキング用持ち帰りパックの普及などが
評価されての受賞となったようです。

エコライフでの活動の一部は、当ブログでも紹介しております。

◆ゼロ・ウェイストに関する講演会◆

◆西濃環境NPOネットワーク研修会◆

◆垂井町における植樹祭◆

◆西濃環境NPOネットワーク研修会 in 春日◆

◆第2回ゼロ・ウェイスト講演会◆

◆徳島県上勝町に行ってきました!~その一◆

◆徳島県上勝町に行ってきました!~その二◆


中部の未来創造大賞へのエントリーを行っている最中も、
活動は岐阜市や羽島市、瑞穂市など周辺市町に広がり始め、
既に「西濃」という枠でくくり切れない規模になっています。

今回、表彰を受けた団体は中部5県の幅広い活動を行う団体で、
このように住民、事業者、行政がそれぞれの役割を明確にし、
地域の課題に取り組む姿はお互いに励まされるものがあります。
今後も、こうした環境行動を拡大していくためにも、
今回の受賞は我々にとってとても大きな励みになりました。

Dscf5176
↑活動の概略を出席された皆様にもお話しさせて頂きました。


Dscf5182
↑推進協議会の皆様、ありがとうございました!


西濃地域エコライフ推進プロジェクトについては、
以下のホームページをご覧ください。
◆西濃地域エコライフ推進プロジェクト◆

中部の未来創造大賞の概要については、以下をご覧ください。
◆中部の未来創造大賞◆


文章:榎本

イベントの紹介をして頂きました!

榎本です。

先日、イベント内容を報告させていただいた
「宮代今昔発見ウォーキングと茶道体験」ですが、
NPO法人 AMネットのブログでご紹介頂きましたので、
こちらでもお知らせさせていただきます。

◆噺屋・神田浩史を追って~垂井編その1◆

◆噺屋・神田浩史を追って~垂井編その2◆


また、You Tubeにて、イベントの動画も閲覧できます。
こちらも、同じくAMネットにご紹介頂いております。
合わせてご覧ください。

◆岐阜県・垂井(宮代)今昔発見ウォーキングと茶道体験◆

◆岐阜県・垂井(宮代)今昔発見ウォーキングと茶道体験その2◆

◆岐阜県・垂井(宮代)今昔発見ウォーキングと茶道体験その3◆


イベントの様子を撮影、掲載して下さったAMネット堀内さま、
ありがとうございました!


文章:榎本

宮代今昔発見ウォーキングと茶道体験、実施しました!

先月、11月28日(土)に実施したイベントについて、
報告させていただきます。


紅葉は盛りをすぎましたが、まだまだ見ごろ。
私たちの「地域づくり型生涯学習」モデル事業から発展した
初めての「多文化共生推進事業」を温かく歓迎してくれるかのような
小春日和のもと、集合場所の南宮大社駐車場。
参加者が集まりはじめたのは集合時刻30分前。
ひとり、ふたり、・・・。
みるみるうちに、出発の9:00には50人を超えました。
中には、県外から南宮大社に見学に来られた方も飛び入り参加。
大阪、京都からの参加者もいました。
お友達同士、家族で・・・。幼児から80歳すぎの方まで。
外国籍の方は15名。

Dscf1598
↑まずは、南宮大社の解説から。


案内人は歴史や、道標好きの宮代在住のお二人。
まずは、南宮大社の説明を藤塚さん。
本殿から左へ抜けて、
聖武天皇ゆかりの場所、北条政子が寄進した鉄塔のレプリカ。
三重塔跡をみました。

垂井在住のひとでも鉄塔を知らない人が多かったです。

Dscf1612
↑画面右奥に見えるのが、鉄塔のレプリカです。


南宮大社をでて、「朝倉まで五丁」の道標。
残念ながら、真っ二つに折れてしまっています。
道標説明は佐藤さん。
一丁は約110m。
南宮大社の道の角に「朝倉まで六丁」の道標があるので、
110m朝倉に登ってきたところ。
そこを右に折れて、清月院にむかいます。
清月院には「仏足石」。

Dscf1619
↑資料もたくさん用意していただきました!


右に折れて進んでいくと 左手上に土に半分うもれた道標。
(見つかるかな・・・?)
向かいには「山神」。

現在 不破高校のグランドになった場所は兜塚、道をはさんで鎧塚。
石室の石は、隣松寺の参道に並べてあります。

隣松寺では、ご住職より簡単な説明と
古墳の出土品(金箔のあとがある馬具、直刀の一部など)を
見せていただきました。
宮代(垂井)の古い歴史を感じるひと時でした。

Dscf1623
↑ご住職から詳しいお話を伺いました。


茶道体験の真禅院は、朝から観光バスが来ていました。
ご住職はお忙しい時間の中、鉄塔、三重塔を見せてくださいました。
また、歴史的なお話もしていただきました。
ご住職からの説明の後、お部屋で茶道体験。

Dscf1630
↑普段は見ることのできない鉄塔を見せて頂きました。


お抹茶を点てたい人は奥様に教えていただきながら、体験しました。
子どもたちは、自分で点てたお茶を、参加者へ
大事そうに、そろりそろりと運んでいました。

Dscf1643
↑うまくお抹茶を点てられたかな?


真禅院でゆっくり紅葉を楽しみ、写真をとり、
思い思いのひと時を過ごしました。
私たちのあとも次々、観光バスの団体が訪れていました。

一休みして、お茶とお菓子で元気になって
南宮大社に向けて出発。
帰りのルートは「宮代古道」です。
私たちは 今度は案内人として 
参加者の方々に説明しながらゆっくり歩きました。

Dscf5056
↑朝倉運動公園でポルトガル語の看板を発見。珍しい!


予定通り12:00には南宮大社駐車場に到着。

「今度いつウォーキングしますか?」
「垂井住民だけど、知らないことがいっぱいあった」
「こんな説明を聞きながら歩くと、いいですね。」
「今度はどこのルートですか?」
外国籍の人は、
「お正月に南宮大社に行く人が多いのは知っていたけれど、
行ったことがなかった。」
「今度は、お友達や親せきを案内できます。」
「お茶を点てるのは初めてで、難しかった。」
「また、お茶を点ててみたい。」
「日本のいろいろな体験をしたい。」
など、嬉しいご意見がいっぱいでした。

手作り地図に対するご意見もいただきました。
宮代ルート地図を完成させたいですね。

手作り地図をもって出かけた「宮代今昔発見ウォーキング」。
子供たちの笑い声。
参加者の楽しそうな話声。
まぶしい光。
青い空。
山茶花の花。
紅や黄色の落ち葉。
輝いた時間を皆さんと作ることができました。

「日本人に楽しい体験は、外国籍の人も同じでは?
同じ人間だもの・・・。」
という思いで企画した「宮代今昔発見ウォーキング」
宮代(垂井)の昔を知り、今の宮代(垂井)をみて、感じたひと時。
外国の人に臆することなく話しかける子どもたち。
はじめてあったその瞬間に国籍をこえて手をつないで歩く子どもたち。
子どもたちは「多文化共生」なんて言わなくても感じていました。
「いっしょにいる わたしたちは なかよし!」

安全に、予定通り終えることができたのは
案内人、隣松寺・真禅院のご住職、お茶のご指導いただいた方々、
参加者のみなさんのおかげです。
ありがとうございました。

Dscf5070
↑本当に多くの方にご参加頂き、ありがとうございました!


宮代古道については、以下の記事をご覧ください。
◆生涯学習モデル事業で宮代古道を歩きました!◆


文章:杉本

ブログからのお客さま

こんにちは、榎本です!


一昨日の12月2日、我々泉京・垂井のブログを見て
わざわざ名古屋からお客さまがお見えになりました。
なんとお休みを取ってスクーターでのご来訪!
ブログの記事を見たことで活動に興味を持って頂けたそうです。
ブログを久し振りに再会して半年が過ぎますが、
ようやく広報媒体としての効果が見えてきたなぁ、と
嬉しく思っております。

事務所で我々の活動についてお話をさせて頂いたのち、
竹中半兵衛の陣屋跡、竹中半兵衛のお墓をお参りして
名古屋に帰られるとのことでした。
こういった出会いがあるのも、ネットならではですね。


そして、我々NPO法人の会員さんの多くが参加している
『(仮称)垂井町自治基本条例策定委員会』も
明日の午前の会議でいよいよ大詰めとなります。
9時半から12時まで開催され、傍聴も可能ですので、
ぜひ多くの方に垂井町文化会館へ足を運んで頂き、
これからの地域づくりのあり方について知って頂きたいです。


垂井町での地域づくりがこれからますます発展し、
より良いまちへと生まれ変わっていくよう、
我々もこれまで以上に力を入れていきたいものです。

「どんぐりエコポットを作ろう!」盛況でした♪

こんにちは、榎本です!

11月24日は、県民ふれあい会館のぎふNPOプラザにて、
『産地直送NPOスポット』のイベントを実施しました。
NPOスポットとは、県内各地にあるNPO団体の紹介用に
用意されたスペースで活動のPR等ができるもので、
月に1回イベントも独自に開催することができます。

Dscf4825
↑11月中は、このような状態で展示を行いました!


我々NPO法人泉京・垂井では、ふれあい垂井ピアで実施した
『どんぐりエコポットづくり』を改めて実施することにしました。
今回は、竹のポットは使わず、ご家庭で不要になった牛乳パックを
鉢として利用し、取っ手まで付けてしまおうというものです。

Dscf4922
↑お客さんが来るまでに、設営開始です!!


当日の24日は、県民ふれあい会館の2階にて『ふれあい秋獲祭』が
開催されていたため、お客さんがたくさん来られました。
イベントの宣伝をして、エコポットづくりに参加して頂きました。


Dscf4923
↑まずは、はさみで好きな形に切っていきます。


Dscf4939
↑形が出来たら、土を入れて、その上からどんぐりを乗せます。


Dscf4934
↑どんぐりに土を被せたら、取っ手を付けて出来上がり!


10時から12時過ぎまでのほんの短い時間でしたが、
70名もの多くの方にご参加頂けました。
このどんぐりは、春先までは根を伸ばし続け、
春になると若葉が出て来るものなのですが、
皆さんがご家庭で愛情たっぷりに育てて頂けることを
スタッフ一同願っております。

Dscf4932
↑本当にたくさんの方にご参加頂き、ありがとうございます!


隣では、ぎふNPOプラザで定期的に開催しておられる
ペットボトルキャップのシールはがしが行われていました。
お手伝い出来ればと思いながら時々様子を伺っていたのですが、
スタッフの手が足りず、残念な思いでいっぱいです。
作業終了後、我々が関わる『エコライフ推進プロジェクト』について
ご紹介をさせて頂き、活動へのご協力を呼びかけました。

どんぐりエコポットは、これで完結するものではなく、
新たな環境行動に向けた第一歩であると我々は考えています。
エコライフ推進プロジェクトについても同じ事が言えますが、
循環型社会やエネルギー消費の少ない社会を実現するための
まず初めの小さな小さな第一歩なのです。
しかし、この第一歩を踏まずしてゴールに辿り着くことは出来ず、
だからこそこれらの活動は重要であると言えるのではないでしょうか。


エコライフ推進プロジェクトも、新たな展開を迎えています。
今回関わって頂いた皆さんの活動に関しては、
以下のサイトをご覧下さい。

◆ぎふNPOセンター◆

◆NPOナビぎふ◆

◆西濃地域エコライフ推進プロジェクト◆


文章:榎本

宮代ウォーキングと茶道体験イベントに向けて

11月28日(土)に実施するイベントの実施に向けて、
生涯学習モデル事業にて議論を重ねています。
既にイベントは終了しましたが、
イベントまでの経過について簡単にご紹介します。


まず、10月31日(土)にコースの下見を行いました。
この日は、ふれあい垂井ピアのブース出展もあり、
泉京・垂井のメンバーを二手に分けて分担しました。
モデル事業の参画者に道案内をお願いし、
当日のタイムスケジュールなどを決めていきました。

P1050108
↑講師のお二人について、コースを歩きます。


P1050096
↑目印になる場所は、しっかり確認です!


そして、下見の結果をもとに11月5日(水)に打ち合わせ。
どのような地図を作るのかを話し合いました。
当日配布する地図のたたき台をあらかじめ作成し、
意見を出し合いながら修正を行っていきました。

Dscf2926
↑地図は、榎本が作成しました。


次は、11月18日(水)の打ち合わせです。
前回修正案を出し合った内容をもとに地図を作り、
完成版を参画者に見ていただきました。
この地図は、イベント当日の参画者からも意見を募り、
より良い形で修正を図っていきたいと考えています。

Dscf3020
↑とても素敵な地図が出来上がりました!


岐阜県人づくり文化課のホームページにも、
イベント当日の様子が掲載されております。

◆平成21年度「地域づくり型生涯学習」モデル事業ホームページ◆


文章:榎本

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ