最近のトラックバック

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

まちまちマルシェ開催しました!

11月のまちまちマルシェを開催しました!

今月は11月12日(木)の開催でした。
我々会員が集まり話し合える場、
そして地域の方にも関わってもらえる場として
これまで開催してきたまちまちマルシェですが、
会員さんの参加を一層促していくために
今月から曜日を変えてみることにしました。

Dscf4868
↑端境期で野菜はあまり並びませんでした。


地元の方には日曜日で定着し始めていたため、
今回は多くの方にはご参加頂けませんでしたが、
来月、再来月と回数を重ねていく中で
少しずつ浸透させていきたいと思っています。

まちまちマルシェ終了後には、
毎月恒例の運営委員会を開催しました。
来年度の活動も視野に入れて議論が行われ、
とても盛り上がった会議でした。


そして、事務所のお隣にあったパチンコフジ。
昔ながらの趣がある良いパチンコ屋さんでしたが、
このたび廃業となり店舗の解体が行われました。
古くは劇場としても使われていた建物で、
地元の方からは昔の思い出を懐かしむ声が
いくつも聞かれました。

古き良きものが無くなっていくのは悲しいことですが、
次の時代に向けて新たな取り組みを作り上げることが
これからの我々の使命なのでしょう。

Dscf4867
↑解体中のパチンコフジ。


次回のまちまちマルシェは、12月17日(木)の9時からです!
皆さん、ぜひご参加ください。


文章:榎本

ふれあい垂井ピアに出展しました!

こんにちは、榎本です!

10月31日・11月1日の二日間は、垂井町主催の
ふれあい垂井ピアにブース出展しておりました。
今年も、エコブースの枠にて出展させて頂きました。

これまで、安全安心部門として活動しておりました
青色回転灯の取り組みが別NPO法人として独立し、
生涯学習モデル事業、インターネット安全教室などが
新たな取り組みとして実施され始めたこともあり、
活動紹介パネルを新たに作成しました。

Dscf4780
↑水環境に加え、モデル事業、安全教室が増えました。


そして、今年のふれあい垂井ピアでの出展の目玉は、
「どんぐりエコポット」の作成です。

Dscf4782
↑今日の主役、どんぐりエコポットの登場です!


エコポットは、竹製のポットに土を入れてどんぐりを植え、
自宅で育てられるようにするものです。
少しの時間で作れて、ポットも最後は自然に還るので、
環境問題解決の第一歩としても活用出来るものです。

Dscf4791
↑今回植えるどんぐりは、アベマキという木のどんぐりです。


エコポット作りと平行して、色々などんぐりの展示、
どんぐりゴマ作りとコマ回しも行いました。

Dscf4792
↑意外と知らなかった色んなどんぐり。皆さん興味津々です!


一日目、二日目合わせて約130個のエコポットが
全てなくなるほど、ブースは賑わいました。
シイの実など食べられるどんぐりがあることにびっくり!
また、懐かしみながら食べられる方もおられ、
身近な食材、素材としてのどんぐりを再発見する
良い機会にもなったと思います。

お持ち帰り頂いたどんぐりエコポットからは、
来年の春頃になると芽が出てくることになりますが、
それまで水遣りをしながら楽しみに育てて頂けることを
我々としても願っております。


Dscf4801
↑どんぐりに関する質問も、色々とお聞きしました。

Dscf4799
↑「どんぐり育てられるの?」と意外そうな方も多かったです。

Dscf4816
↑子供さんにたくさんご参加いただけました♪


ふれあい垂井ピア2009の様子は、垂井町ホームページでも
ご覧いただけます。

◆秋の祭典!!! ふれあい垂井ピア2009◆


文章:榎本

インターネット基礎講座を開催しました!

先月10月19日に、泉京・垂井の事務所にて
インターネット基礎講座を開催しました。
参加者5名の小規模な講座ではありましたが、
和気藹々と楽しくイベントを実施することが出来ました。
講師は、我々NPO法人の会員が担当しました。


講座では、まず最初にインターネット上で配布されている
無料ソフトの使い方から説明していきます。
“無料”という言葉に惑わされず、安全に使えるソフト、
信頼性の高いソフトを見極める方法などを説明します。

Dscf4677
↑入手したソフトを使って作成したアニメーションを上映します。


今回は、事務所内に複数のPCが利用できるネット環境が
整備されていないため、ダウンロードされたソフトを使って
アニメーションを作成してみることになりました。
参加された皆さんがそれぞれ分からないところを聞きあい、
自分なりのアニメーションを作成していきます。

Dscf4678
↑気軽に質問し合えるので、作業もスムーズです。


今回は、ソフトの操作方法の説明が中心になりましたが、
次回の開催までに各自でアニメーションを作成し、
発表会を行うことで今回の講座を終了しました。
このような機会があれば、ぜひまた実施してもらいたいという
ありがたいご意見を伺い、我々も嬉しく感じております。

パソコンやインターネット、携帯電話の安全な利用に関する講座は、
数名のご友人やお仲間での開講もいたしますので、
開講のご相談は泉京・垂井の事務所までご連絡ください。
皆さまからのご連絡をお待ちしております。

泉京・垂井 事務所
0584-23-3010
nsento-tarui@nifty.com(@を半角に直してください)


文章:榎本

菩提山ウォーキング、盛況でした!

こんにちは!
遅くなりましたが、10月18日に開催した菩提山ウォーキングの
様子についてお知らせしたいと思います。

Dscf2753
↑まずは今日の案内役2人の紹介です。

受付、当日資料の配布を行いながら、朝のマルシェで並んでいた
お野菜やお惣菜などを売り歩いていきました。

Dscf4647
↑トマトやドーナツ、しゅうまいなどがどんどん売れました♪

↓マルシェの様子は、こちら!
◆10月のまちまちマルシェ!


そして、今日のウォーキングコースを簡単に説明したのち、
さっそく菩提山へ向かって進んでいきます。

Dscf2762
↑さあ、あの山の頂上へ向かいましょう!!


途中には、地域の水田の水がめになっている菩提ため池があります。

Dscf2766
↑先人の苦労がしのばれます。


そこからしばらく歩くと、菩提山への登山口が見えます。

Dscf2768
↑白山神社の境内を通り抜けていきます。


菩提山までのウォーキングコースはややきつい上り坂ですが、
とても綺麗に整備されており木漏れ日も感じられます。
この日はとてもよく晴れていたため、気持ちよく登山ができました。

Dscf2775
↑軽~いウォーキングのつもりで来られた方は驚かれていました!


途中、二回ほど休憩をはさみ、お昼頃には中継地点まで来ました。
大きな鉄塔があり、分かりやすい目印になります。
帰り道は、ここから向かって右、ふもとに下りていくことになります。

Dscf2788
↑ここまで来ればあともう少しです!


そこから登ること20分、ついに頂上に到着しました。
参加された皆さん、とても感慨深いものがあるようでした。
案内していた我々も、頂上からの眺めに感動させられました。

Dscf2800
↑濃尾平野が一望できます。


菩提山は400m程度のそれほど高くない山なのですが、
濃尾平野が一望できる非常に立地条件の良い場所です。
かつてはここに菩提山城が築かれていたということも、
この景色を見ればうなずくことができます。

お昼ご飯も済ませ、これからふもとの集落へ下りていきます。

Dscf2796
↑絶好の景色を目の前にして食べるご飯は、格別ですね!


先程の中継地点を来た道とは反対に折れ、山を下りていきます。
菩提山は町内では比較的管理の行き届いたウォーキングコースですが、
この山の状態を見ると、森林管理の課題はまだまだ山積しています。
垂井町の貴重な水源地の一つである菩提山だからこそ、
この貴重な自然環境を守っていく方法も考えなければいけません。

Dscf2808
↑菩提山から流れる岩手川の最上流がこの辺りになります。


一行は山を下りて、防災ダムである明神湖へと向かいました。
ここを下っていくと集落の中に入っていきます。

Dscf2822
↑防災ダムとして建設された明神湖。


そして、そのまま川に沿って集落の中を歩いていきます。

Dscf2843
↑岩崎神社は地元の由緒ある神社です。

Dscf2851
↑地域の豊かな水を活かした半兵衛水車。

Dscf2854
↑禅幢寺には、竹中半兵衛公のお墓があります。

Dscf2859
↑垂井町と春日村を行き来した人が多かった証拠でしょうか。

Dscf2861
↑竹中半兵衛陣屋跡。隣には岩手小学校があります。


そして、とうとうウォーキングも最後の締めくくり。
竹中半兵衛が作ったと言われる学校、菁莪堂(せいがどう)を見学し、
無事にイベントを終了することができました。
町内の方から愛知県など遠方の方にもお越しいただき、
皆さんにまた次のイベントも開催して欲しいとの要望を頂きました。
我々も、地元にいてもなかなか気付かない地域のお宝を見直し、
地域づくりにつなげていくことが出来ればと考えております。
当日参加して下さった皆さん、残念ながら参加出来なかった皆さん、
本当にありがとうございます。
また、垂井へ来ていただけることを楽しみにお待ちしております!

Dscf2865


今回集落内を歩いた垂井町谷地区に関する詳しい内容は、
タルイピアセンターなどで所蔵している「谷の歩み」等を
参照していただければと思います。

◆タルイピアセンター 歴史文献センター◆

文章:榎本

ウォーキングと茶道体験イベントのお知らせ

締め切りが近付いておりますが、イベントのご案内です!


---------------------------

見る・知る・つながる
垂井(宮代)のお宝  発見!!!!

知っているようで、よく知らない・・・
ここ そこ あそこ どんなとこ?
外国籍の方といっしょに 手作り地図をもってでかけましょう!
宮代の今と昔をみつけるウォーキングと真禅院で
お抹茶とお菓子をいただきます。

P1050136

宮代今昔発見ウォーキングと茶道体験

日時 :2009年11月28日(土)
場所 :南宮大社駐車場集合
参加費:300円(お茶菓子代金)
締め切り:11月25日(水)


スケジュール:

9:00   受付
9:15   南宮大社(鉄塔、三重塔などがあった場所をみて)
       →清月院(仏足石)→古墳跡(石室の石)
       →隣松寺(出土品)→真禅院
10:30  お茶とお菓子をいただいて、談笑時間
11:30  真禅院→宮代古道→南宮大社 
12:00  解散

真禅院は紅葉真っ盛りです。


申し込み・問い合わせ先:NPO法人 泉京・垂井
電話&FAX:0584-23-3010
E-mail:sento-tarui@nifty.com

10月のまちまちマルシェ!

遅くなりましたが、まちまちマルシェの報告です!

10月のマルシェは、18日(日)に開催しました。
今月は、岩手地区で収穫された新米も加わり、
秋の味覚を中心にお野菜が並びました。

Dscf4651
↑さつまいもや里芋、スイートポテトもありました♪


この日は、お昼前から菩提山へ登るウォーキングが
実施されることになっていたため、
ウォーキングに参加される方たちも少し早めにお越し頂き、
マルシェの雰囲気やお買い物を楽しんでもらえました。

Dscf4650
↑だんだん皆さんに浸透してきたでしょうか?


11月からは、曜日を改め木曜日の開催となります。
明日に迫ってしまいましたが、
12日の9時から開催しますのでぜひお越しください!!


文章:榎本

生涯学習モデル事業、次の展開!

榎本です。

生涯学習モデル事業も、下半期の活動に入っていますが、
先日9月26日の宮代古道ウォーキングの成果をもとにして
新たな展開へと活動が発展しております。

まず、10月10日は宮代古道ウォーキングの参加者にも加わって頂き、
イベントを振り返りながらおさらいをしていきました。

Dscf4493
↑イベントの振り返りを行いました。


そして、宮代古道ウォーキングの新たな展開として、
町内在住の外国籍の方も交えたイベントの企画を
立案することになったのです。
町内には、ブラジル人をはじめ多くの外国籍の方がいるのに、
その方たちとの交流はほとんど行われていない!
そして、日本の文化をそういった方にも知ってもらいたい!
という参画者の思いからイベントが発展していったのです。

そうなれば、まず必要なのは垂井町の現状把握です。
垂井町で最も居住者が多いブラジル国籍の人たちは、
垂井町内の観光案内やサービスを知ることが出来るのでしょうか。
大垣市の場合と比較して、パソコンでその様子を調べてみます。

Dscf4499
↑垂井町では、ポルトガル語の案内はありませんでした。


このような状況であれば、なおさら多文化共生事業の必要性があり、
我々がこの活動を行うことにも意義があることが分かりました。

最後に、振り返った内容を地図上で整理して、活動を終えました。

Dscf4503
↑みんなで歩くとたくさんの発見がありますね!


そして、10月22日に引き続き活動を行いました。
この日は、新たに参画者が増えて、マップの追記を行いました。

Dscf4695
↑どんどん新しい付箋が増えていきます。


そして、外国籍の方を対象としたイベントを行うための留意点を
参画者の皆さんで話し合い、整理していきました。

どの程度、日本の歴史や文化についての説明を行うのか?
ウォーキングのマップにどの程度説明を書き込むのか?
日本の歴史や文化の他にどんなことに興味を持ってもらえそうか?
そのためにどのようなルートを設定するのか?

などについて議論を進めました。

Dscf4695_2
↑さて、一体どんな地図が仕上がるのでしょうか?楽しみです。


多文化共生のイベントについては、改めて別の記事でご紹介します。
お楽しみに!!


岐阜県人づくり文化課のホームページにも、
イベント当日の様子が掲載されております。

◆平成21年度「地域づくり型生涯学習」モデル事業ホームページ◆


文章:榎本

徳島県上勝町に行ってきました!~その二

遅くなりましたが、上勝町研修報告の後半です。
ゼロ・ウェイストの取り組みについて伺ったのち、
同じく町内の第3セクターとして運営が行われている
「月ヶ谷温泉」へと向かいました。

Dscf4534
↑個性的な取り組みを行う温泉旅館です。


月ヶ谷温泉は、弘法大師が開いたゆかりのある温泉地で、
泉質が良いことで有名な温泉です。
懇親会を開催し、研修の開催を祝うとともに、
ここでも上勝町での取り組みについて詳しくお話を伺いました。

Dscf4540
↑ここでも、ゴミゼロに向けた取り組みを見付けました!

翌日は、朝から月ヶ谷温泉の支配人さんにご案内いただき、
木質バイオマスを活用したボイラーの説明を伺いました。

Dscf4542
↑地元の間伐材を活用したボイラー装置です。


月ヶ谷温泉では、冷泉の加温や旅館内の暖房の目的で
オーストリア製のボイラーを導入しており、
その燃料として地元の間伐材がチップ化され使われています。
これらは、森林組合などから提供されるものもあれば、
地元の住民が集めた枯枝等も回収され使われています。
集めたバイオマスの重量に応じてポイントが加算され、
ポイントがたまると地元の商店で割引券として使えます。
また、地元の小中学校には薪ストーブが設置され、
地域の森林資源を活用する取り組みが拡大しつつあるようです。

Dscf4548
↑チップ化された間伐材は、少しずつボイラーで燃焼されます。


ボイラーの説明が終わり、次は葉っぱビジネスのお話です。
「株式会社 いろどり」社長の横石さん自らが講演して下さいました。
これは、かなり珍しいことのようです。

Dscf4551
↑いろどり社長の横石知二さん。


実は、これまでいろどりの話は噂には聞いていたものの、
詳しい話を聞くのは初めてのことでした。
大変な苦労をされてここまで辿り着いた事業ですが、
農山村地域には農山村地域の持つ良さや特性があり、
それらを最大限に活用することで見える将来像があるということを
分かりやすくお話ししていただけました。

Dscf4552
↑上勝町も昔は本当に大変な時期があったそうです。


いろどりに関する本は、「そうだ、葉っぱを売ろう!」がお勧めです。
横石さんの講演がより詳細になった内容です。


上勝町の取り組みは、2,000人の町だから出来たのではなく、
本当に地域のことを思う人たちが必死で知恵を絞り体を動かし、
地域のために働いてきた結果の積み重ねだと思うのです。
他の市町村でも、地元で古くから暮らしてきた人たちと
外から来た地元を愛するよそ者がうまく協力することで、
地域を暮らしやすく楽しい場所として作り上げていくことは
出来るのではないでしょうか。

全国でも一躍有名になった徳島県上勝町ですが、
次の取り組みへ向けて常に前進する姿がうかがえ、
よそ者を受け入れる土壌や地域の良さの発見が
新しい取り組みへの起爆剤になっているように思えるのです。

Dscf4553
↑地元特産物が並ぶお土産屋「いっきゅう茶屋」。


徳島ラーメンを楽しみ、鳴門の渦潮にも別れを告げ、
今回の研修を終えたのでした。

Dscf4576
↑とても綺麗な海が続いていました。

徳島県上勝町の研修に関する情報は、以下をご覧ください。

◆月ヶ谷温泉ホームページ◆

◆株式会社いろどり◆
(いろどりの本も、こちらで購入できます)

◆いっきゅう茶屋◆


文章:榎本

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ