最近のトラックバック

« ブルーベリーハウス訪問記 | トップページ | 地域づくり型モデル事業 イベントのお知らせ »

西濃環境NPOネットワーク研修会 in 春日

榎本です。

先週になりますが、8月22・23日(土・日)の二日間、
西濃環境NPOネットワークの研修会を実施しました。
開催地は、揖斐川町春日(旧春日村)でした。

22日は、長者の里キャンプ場にて、懇親会でした。
非常に標高の高い場所に作られた施設なので、
夏とは思えないような涼しさを体験できました。
キャンプ場には、森の文化博物館や茅葺き民家、
染物体験を行える施設なども併設されています。

Dscf4023
↑茅葺き民家は、地元の家を移築したものです。


夜には、春日の名物である薬草風呂も楽しみました。


長者の里については、以下をご覧ください。
◆長者の里キャンプ場◆


23日は、地元で活動を行う「山菜の里いび」の方の案内で、
春日でのいくつかの活動を紹介していただきました。

Dscf4052
↑研修会場には、森の文化博物館を利用させて頂きました。


森の文化博物館については、以下をご覧ください。
◆森の文化博物館◆


まずは、春日の名物である薬草の生産活動です。
この畑では、ヨモギを栽培しています。

Dscf4061
↑畑一面が、びっしりとヨモギで覆われています。


別のヨモギ畑にも案内していただきました。

Dscf4065
↑こちらでも、すくすくとヨモギが育っています。


これらのヨモギは、薬草として利用するほか、
加工品としての利用などが検討されているようです。
また、耕作放棄地をこのように活用することで、
荒れた田畑を減らすことも狙っているそうです。


このあと、山菜の里いびの方に案内をお願いして、
ぎふの棚田21選に選定された「貝原棚田」を見学しました。

Dscf4068
↑とても印象的な目印があり、とても分かりやすいです。


所々に放棄されている田んぼなどもありますが、
高いところからの眺めは格別です。
点々と畑があるのも特徴的で面白いです。

Dscf4073
↑岐阜大学の学生が作業を行っている田んぼもあるそうです。


Dscf4070
↑いくつかの畑には、特産の「沢あざみ」が植えられています。


短い時間ではありましたが、山村特有の生活や文化の一端に触れ、
西濃地域の新たな魅力に気付かされた研修会でした。


文章:榎本

« ブルーベリーハウス訪問記 | トップページ | 地域づくり型モデル事業 イベントのお知らせ »

エコライフ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西濃環境NPOネットワーク研修会 in 春日:

« ブルーベリーハウス訪問記 | トップページ | 地域づくり型モデル事業 イベントのお知らせ »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ