最近のトラックバック

« 垂井町1000年の展望 | トップページ | 所さんシンポジウム記事&冊子 »

ゼロ・ウェイストに関する講演会

榎本です。

6月29日(月)、岐阜県西濃振興局の主催で、
ゼロ・ウェイストに関する講演会が開催されました。
ゼロ・ウェイストの取り組みを積極的に行われている
徳島県上勝町から講師をお招きしました。


講師は、NPO法人「ゼロ・ウェイストアカデミー」の
事務局長である藤井さんでした。
「ゼロ・ウェイスト」とは、無駄をゼロにするという考え方で、
ごみをゼロにすることは非常に困難だが、
なるべくごみとして出さない、つまり無駄をなくすことは出来る、
という考え方を実践しているものです。

Dscf3561
↑講師の藤井園苗さん。


上勝町と言えば、つまものビジネスが全国的に有名ですが、
ごみの減量化についても大きな成果を挙げています。
ごみの分別は34種類、ステーション回収も全くない中、
地域住民の主体的なごみ分別、ごみ搬入によって
リサイクル率は80%にまで達しているとのことでした。

垂井町、また西濃圏域でのごみ処理問題を考える上で、
これらの先進的な取り組みから学ぶ所は非常に大きいです。
上勝町に続き、全国では福岡県大木町や神奈川県葉山町、
東京都町田市などがゼロ・ウェイスト宣言を行う予定です。
人口が2,000人の中山間地域だから出来たのではなく、
都市部などよりごみ問題が深刻な地域でも行えるような
モデル作りがこれからの社会には必要とされています。

講演後には、西濃各市町の行政職員やNPO関係者などが
講師を囲んで意見交換会が行われました。
ここでも、現場レベルでの具体的な質疑応答が行われ、
今後西濃圏域でのごみ問題をどう解決していくのかが
時間的には短いながら議論されました。

世界中にあるごみ焼却炉の2/3が日本にある現状を知れば、
ごみ問題をこのままにしておくことがいかに危険であるか、
皆さんにも感じていただけることと思います。
垂井町においても、当NPO法人は各セクターと協力しながら
ごみの減量化に関する取り組みを進めて参ります。

« 垂井町1000年の展望 | トップページ | 所さんシンポジウム記事&冊子 »

エコライフ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゼロ・ウェイストに関する講演会:

« 垂井町1000年の展望 | トップページ | 所さんシンポジウム記事&冊子 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ